uploaded

優先席でスマホを触る男性。車掌が注意をするも無視…「ムッ」とした怒りの声で注意をした車掌は意外な事実を知る事となった。

153

私は愛知県に住むOLです。

 

いつも通勤で名鉄線を利用しているのですが、同じ車両に乗車していた男性の発言が周りの空気を変える、ある出来事が起きたのです。

 

それは仕事帰りの夜10時頃の出来事でした。

 

仕事が長引いてしまい、いつもより遅い時間の帰りだったのですが、私の乗っていた車両には5、6人しか乗っていませんでした。

 

いつもの通勤時間だと、座れない人もちらほらいるくらいでしたので、ラッキーと思いながら席に座り電車に揺られていました。

 

ボケーっと座りながら到着駅を待っていると、一人の車掌さんが各車両を歩いて回っていたのです。

 

この時間になるとそんなことしてるのかと思いながら、特に気に留めずにいたのですが、そこである出来事が起きたのです。

 

私は車両の真ん中くらいに座っていたのですが、その位置から「ケータイ電話使用禁止でーす。」というのでした。

 

私はケータイを触っておらず、誰のことを言っているのかなぁと思っていると車掌さんの目線の先に気の弱そうな男性の姿がありました。

 

その男性は少し前傾姿勢で、両手でスマホのようなものを触っています。

しかし、男性も車掌さんの言葉を気に留める様子はなく、同じ姿勢のまま動きません。

よく見ると男性はイヤホンのようなもの?を耳につけており、周りの音があまり聞こえていない様子。

 

それをみた車掌さんは、少し声を大にして、「ケータイ電話、使用禁止です!」と再度言ったのです。

 

それでも男性は気付かずに、目線は変わらず自分の手のほうに。

 

さすがに車掌さんもムッときたのか、ゆっくり男性のほうに歩いていくのです。

そして、男性の正面に立ち大きな声で一喝。

 

「優先席ではケータイ禁止ですよ!ルールを守れないのなら降車願います!」

 

周囲の人もその場面をずっとみており、大丈夫か?とソワソワしていました。

するとようやく男性に動きがあり、車掌を見上げ、頭にはてなが浮かんでいるような表情をしていました。

 

そんな男性を見た車掌さんは完全に怒った様子で再度男性に声を張り上げたのです。

 

「聞いていますか?イヤホンを外して下さい!」

 

一触触発な状況にハラハラしていたのですが、どうも状況を理解できていない男性の姿に何か違和感が・・・

 

しばらくガミガミというこの状態が続き、やっと状況を理解した男性はその場で立ち上がり口を開いたのです。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
優先席でスマホを触る男性。車掌が注意をするも無視…「ムッ」とした怒りの声で注意をした車掌は意外な事実を知る事となった。

153

私は愛知県に住むOLです。

 

いつも通勤で名鉄線を利用しているのですが、同じ車両に乗車していた男性の発言が周りの空気を変える、ある出来事が起きたのです。

 

それは仕事帰りの夜10時頃の出来事でした。

 

仕事が長引いてしまい、いつもより遅い時間の帰りだったのですが、私の乗っていた車両には5、6人しか乗っていませんでした。

 

いつもの通勤時間だと、座れない人もちらほらいるくらいでしたので、ラッキーと思いながら席に座り電車に揺られていました。

 

ボケーっと座りながら到着駅を待っていると、一人の車掌さんが各車両を歩いて回っていたのです。

 

この時間になるとそんなことしてるのかと思いながら、特に気に留めずにいたのですが、そこである出来事が起きたのです。

 

私は車両の真ん中くらいに座っていたのですが、その位置から「ケータイ電話使用禁止でーす。」というのでした。

 

私はケータイを触っておらず、誰のことを言っているのかなぁと思っていると車掌さんの目線の先に気の弱そうな男性の姿がありました。

 

その男性は少し前傾姿勢で、両手でスマホのようなものを触っています。

しかし、男性も車掌さんの言葉を気に留める様子はなく、同じ姿勢のまま動きません。

よく見ると男性はイヤホンのようなもの?を耳につけており、周りの音があまり聞こえていない様子。

 

それをみた車掌さんは、少し声を大にして、「ケータイ電話、使用禁止です!」と再度言ったのです。

 

それでも男性は気付かずに、目線は変わらず自分の手のほうに。

 

さすがに車掌さんもムッときたのか、ゆっくり男性のほうに歩いていくのです。

そして、男性の正面に立ち大きな声で一喝。

 

「優先席ではケータイ禁止ですよ!ルールを守れないのなら降車願います!」

 

周囲の人もその場面をずっとみており、大丈夫か?とソワソワしていました。

するとようやく男性に動きがあり、車掌を見上げ、頭にはてなが浮かんでいるような表情をしていました。

 

そんな男性を見た車掌さんは完全に怒った様子で再度男性に声を張り上げたのです。

 

「聞いていますか?イヤホンを外して下さい!」

 

一触触発な状況にハラハラしていたのですが、どうも状況を理解できていない男性の姿に何か違和感が・・・

 

しばらくガミガミというこの状態が続き、やっと状況を理解した男性はその場で立ち上がり口を開いたのです。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る