uploaded

独身33歳の俺が下心を持ってホームレスの女性を拾った → 衝撃の結末がwwww

俺は独身。彼女もいない33歳。
ある日の帰り道、ホームレスのテントが並ぶ
公園に出くわした。
あまり近くに寄らない様に少し離れて
歩いていた。

するとテントの一つに女性の姿を発見した。
若くはないが、40代位。
小汚い恰好をしているがベースは悪くない。
そして俺はとんでもない事を考え付いた。

「よし。オ◯ニーの道具にしよう。」
俺はその女性に早速声を掛けた。

「あの、すいません。
アルバイトしませんか?」
女性は驚いた顔で「えっ?」

「住むところと食事3食は保証します。
もちろんお風呂もありますよ。」

女性「仕事ってどういう仕事なんですか?」

俺「僕と一緒に暮らしてもらうだけですよ。
僕が仕事中は昼寝でもしてくれてたら
良いし。」

女性は少し悩んでいたが、俺が

「無理しなくても良いですよ。
他の方にお聞きしますから。」
と言うと、「わ、私やります。」と。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
独身33歳の俺が下心を持ってホームレスの女性を拾った → 衝撃の結末がwwww

俺は独身。彼女もいない33歳。
ある日の帰り道、ホームレスのテントが並ぶ
公園に出くわした。
あまり近くに寄らない様に少し離れて
歩いていた。

するとテントの一つに女性の姿を発見した。
若くはないが、40代位。
小汚い恰好をしているがベースは悪くない。
そして俺はとんでもない事を考え付いた。

「よし。オ◯ニーの道具にしよう。」
俺はその女性に早速声を掛けた。

「あの、すいません。
アルバイトしませんか?」
女性は驚いた顔で「えっ?」

「住むところと食事3食は保証します。
もちろんお風呂もありますよ。」

女性「仕事ってどういう仕事なんですか?」

俺「僕と一緒に暮らしてもらうだけですよ。
僕が仕事中は昼寝でもしてくれてたら
良いし。」

女性は少し悩んでいたが、俺が

「無理しなくても良いですよ。
他の方にお聞きしますから。」
と言うと、「わ、私やります。」と。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る