uploaded

【涙腺崩壊】おかあさん、ぼくが生まれてごめんなさい 

「母への感謝を綴った詩に涙」というタイトルで石川県に住む主婦の投書が新聞に掲載され感動の輪が広がっています。

 

『美術館なんて趣味に合わないし、書道なんてつまらない・・・という女子高生の一団の言葉が、 美術館でボランティア監視員をしていた私の耳に入り、思わず口にしてました。

「あそこにお母さんのことを書いた書があるの。お願いだからあの作品だけは読んでいって」と・・・。

女子高生たちは不承不承、私の指した書を鑑賞しました。

すると一人がすすり泣き、そこにいた生徒全員が耐え切れずに、泣き出したのです。

その書は生まれたときから母に抱かれ背負われてきた脳性マヒの人が、

世間の目を払いのけて育ててくださった、 強いお母さんへの感謝の気持ちを綴った詩でした。

「今の健康と幸福を忘れていました」と高校生たちは話し、引率の先生方の目もうるんでいました』

 

この詩の作者は、生まれた時から全身が不自由で書くことも話すことも出来ない。

養護学校の先生が彼を抱きしめ投げかける言葉が、彼のいいたい言葉の場合はウインクでイエス、 ノーの時は舌を出す。


出だしの「ごめんなさいね おかあさん」だけで1ヶ月かかったという。

気の遠くなるような作業を経て、この詩は生まれました。

 

そしてその2ヶ月後、彼は亡くなりました。

 

 

感動の詩は続きから・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【涙腺崩壊】おかあさん、ぼくが生まれてごめんなさい 

「母への感謝を綴った詩に涙」というタイトルで石川県に住む主婦の投書が新聞に掲載され感動の輪が広がっています。

 

『美術館なんて趣味に合わないし、書道なんてつまらない・・・という女子高生の一団の言葉が、 美術館でボランティア監視員をしていた私の耳に入り、思わず口にしてました。

「あそこにお母さんのことを書いた書があるの。お願いだからあの作品だけは読んでいって」と・・・。

女子高生たちは不承不承、私の指した書を鑑賞しました。

すると一人がすすり泣き、そこにいた生徒全員が耐え切れずに、泣き出したのです。

その書は生まれたときから母に抱かれ背負われてきた脳性マヒの人が、

世間の目を払いのけて育ててくださった、 強いお母さんへの感謝の気持ちを綴った詩でした。

「今の健康と幸福を忘れていました」と高校生たちは話し、引率の先生方の目もうるんでいました』

 

この詩の作者は、生まれた時から全身が不自由で書くことも話すことも出来ない。

養護学校の先生が彼を抱きしめ投げかける言葉が、彼のいいたい言葉の場合はウインクでイエス、 ノーの時は舌を出す。


出だしの「ごめんなさいね おかあさん」だけで1ヶ月かかったという。

気の遠くなるような作業を経て、この詩は生まれました。

 

そしてその2ヶ月後、彼は亡くなりました。

 

 

感動の詩は続きから・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る