uploaded

井戸の中に入ると友人達に蓋を閉められた!俺『』→隠し扉を発見した俺が、中を覗くと…

3の時だからもう10年以上前の話。
片田舎に住んでたこともあって、ゲームとか
よりも外で遊ぶことの方が多かった。

特に小1から仲の良かった俺、A、B、Cの
四人でよく遊んだ。
何年も遊んでたお陰で、林の構造は
熟知してたつもりだった。

ある日、いつものごとく林に入って
遊んでいると、急にAが居なくなった。

五分もしない内にCの家から500mくらいの
所でAの横顔を見つけた。

俺「何しよーと?はよ行くばい。」
A「んー、あんさ、こんな所に
井戸やらあった?」
Aが指差した所に確かに今まではなかった
はずの井戸があった。
蓋が被せてあって、屋根?みたいなものから
桶がぶら下がって蓋の上に置いてあった。

A「な?なかったやろ?」
Aの言葉に少し恐怖を覚えたけど、
さすがは子供、恐怖はすぐに興味に変わって
蓋を開けてみることにした。
井戸はたぶん直径1mくらい、
底が辛うじて見えるから
そんなに深くはなかった。

C「なぁ、懐中電灯もあるし、
誰か降りてみらんや?」
Cの提案に賛成して、一番小柄だった
俺が降りることになった。
桶の縄にぶら下がって降りていくと、
意外と井戸が深いことに気付いた。
井戸の底には落ち葉がいっぱい
貯まっていて、何故かどれも
乾燥してなくて真新しかった。

B「なんかあるー?」
手渡された懐中電灯の光で
辺りを照らすけど、大したものは
見つからなかった。

俺「んー、なんもないよ。」
そう答えようと上を見上げた瞬間、
只でさえ暗かった井戸の中が
真っ暗になった。
数秒何が起こったか理解できなかった
けど、すぐに蓋を閉められたと気付いた。

俺「ふざけんなよ!開けんや!」

下から一生懸命叫んでも一向に開く
気配がなかった。
加えて運悪く、唯一の光源の
懐中電灯の光が明滅し始めた。
泣きそうになりながら叫んでも、
蓋は開かなかった。そして遂に、
懐中電灯の光が消えて真っ暗になった。

どうすることもできない状況で
狭い空間に真っ暗にされて
閉じ込められた恐怖は創造に難しい。
頭が変になりそうになりながらも
叫び続けた。
すると、今まで消えていた懐中電灯が
ふと光を再び灯した

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
井戸の中に入ると友人達に蓋を閉められた!俺『』→隠し扉を発見した俺が、中を覗くと…

3の時だからもう10年以上前の話。
片田舎に住んでたこともあって、ゲームとか
よりも外で遊ぶことの方が多かった。

特に小1から仲の良かった俺、A、B、Cの
四人でよく遊んだ。
何年も遊んでたお陰で、林の構造は
熟知してたつもりだった。

ある日、いつものごとく林に入って
遊んでいると、急にAが居なくなった。

五分もしない内にCの家から500mくらいの
所でAの横顔を見つけた。

俺「何しよーと?はよ行くばい。」
A「んー、あんさ、こんな所に
井戸やらあった?」
Aが指差した所に確かに今まではなかった
はずの井戸があった。
蓋が被せてあって、屋根?みたいなものから
桶がぶら下がって蓋の上に置いてあった。

A「な?なかったやろ?」
Aの言葉に少し恐怖を覚えたけど、
さすがは子供、恐怖はすぐに興味に変わって
蓋を開けてみることにした。
井戸はたぶん直径1mくらい、
底が辛うじて見えるから
そんなに深くはなかった。

C「なぁ、懐中電灯もあるし、
誰か降りてみらんや?」
Cの提案に賛成して、一番小柄だった
俺が降りることになった。
桶の縄にぶら下がって降りていくと、
意外と井戸が深いことに気付いた。
井戸の底には落ち葉がいっぱい
貯まっていて、何故かどれも
乾燥してなくて真新しかった。

B「なんかあるー?」
手渡された懐中電灯の光で
辺りを照らすけど、大したものは
見つからなかった。

俺「んー、なんもないよ。」
そう答えようと上を見上げた瞬間、
只でさえ暗かった井戸の中が
真っ暗になった。
数秒何が起こったか理解できなかった
けど、すぐに蓋を閉められたと気付いた。

俺「ふざけんなよ!開けんや!」

下から一生懸命叫んでも一向に開く
気配がなかった。
加えて運悪く、唯一の光源の
懐中電灯の光が明滅し始めた。
泣きそうになりながら叫んでも、
蓋は開かなかった。そして遂に、
懐中電灯の光が消えて真っ暗になった。

どうすることもできない状況で
狭い空間に真っ暗にされて
閉じ込められた恐怖は創造に難しい。
頭が変になりそうになりながらも
叫び続けた。
すると、今まで消えていた懐中電灯が
ふと光を再び灯した

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る