uploaded

私『どうしたの?』女の子『私、タヒんでもいいの』真冬の早朝、薄着で外に放り出されていた女の子。保護して警察に届けると、壮絶な事実が明らかに…

一ヶ月ほど前、夜行バスで
旅行から帰ってきた。
バスが思ったよりも早くついてしまい、
まだ薄暗い道をカート引きずりながら、
とぼとぼと歩いていた。
途中、大きな公園があるんだけど、
よく見ると幼児?らしき女児が
一人でぽつんと座っていた。

私の住んでいる場所は強盗や殺人も結構多く
それなりの頻度で事件になったりしている。
不安になって声をかけてみると、
この寒空に明らかにわかる薄着。
唇も紫色になっていてガタガタ震えていた。

「どうしたの?」と声をかけると首を振る。
辛抱強く何度か声をかけると
「私、タヒんでもいいの…」
とうな垂れてしまった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
私『どうしたの?』女の子『私、タヒんでもいいの』真冬の早朝、薄着で外に放り出されていた女の子。保護して警察に届けると、壮絶な事実が明らかに…

一ヶ月ほど前、夜行バスで
旅行から帰ってきた。
バスが思ったよりも早くついてしまい、
まだ薄暗い道をカート引きずりながら、
とぼとぼと歩いていた。
途中、大きな公園があるんだけど、
よく見ると幼児?らしき女児が
一人でぽつんと座っていた。

私の住んでいる場所は強盗や殺人も結構多く
それなりの頻度で事件になったりしている。
不安になって声をかけてみると、
この寒空に明らかにわかる薄着。
唇も紫色になっていてガタガタ震えていた。

「どうしたの?」と声をかけると首を振る。
辛抱強く何度か声をかけると
「私、タヒんでもいいの…」
とうな垂れてしまった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る