uploaded

【スカッとする話】 見知らぬキチママが私に「これ買ってきて」 私「!?」 隣のJK「マジ意味わかんねえしwww」⇒結果w

都内の某有名お花見スポットにお花見に行ったときのこと。

その日は前日とは打って変わってやけに気温の低い日だった。
温かい飲み物を求めて、最寄のスタバに客が殺到した。
私も店外に伸びた長蛇の列に加わって並んでいた。

ひたすら並んでいた甲斐あって入店までもう少しだ!というときに、突然後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、シロガネーゼ風の巻き髪でお化粧をばっちりした女性が立っていた。推定35歳。

その女性が「これお願い。一緒に買ってきて!」と紙を差し出した。
その紙を見ると、ぐっちゃぐちゃな字で飲み物のオーダーが書かれていた。
しかも「低脂肪乳で」「ホイップ追加」など注文がうるさい。

事情が飲み込めず、「この人誰だろ?」みたいな感じで混乱していたら、「だから!これを買ってこいっていってるの!」と追い討ち。

私「え??」
女「だからぁ!子供が小さいから!子供って体が繊細なの!風邪引いたらあなた責任取れるの?」
私「?」

女性が指差すほうを見てみると、同じようなテイストの女性が数人とちびっ子たち。
どうやら『ママ友』たちとお花見に来た模様。

女「あなたどうせ並んでるんだから一緒でしょって言ってるの!」
私「・・・?」
女「メモ早く受け取りなさいよ。あなた日本語通じるの?日本人じゃないの?」

呆気に取られて声が出なかった私だが、ここでようやく一言発することができた。
ただし大いに混乱していたため「どちらさまですか?」という間抜けた一言。
我ながら(ノ∀`) アチャーと思っていたところ、すぐ後ろから若い女の子が爆笑する声が聞こえた(手叩き付き)。

振り向くと、私の後ろに並んでいた派手目なギャル2人が、腹を抱えて大爆笑していた(ちなみに二人ともモデルさんのような美人だった。うらやましい・・・)。

「ちょ、他人に命令とか、こいつありえねぇー」
「日本語通じるとか、それおめえだし!どんだけだよこいつ」
「てかマジ意味わかんねぇし!どちらさまって感じー」

だいたいこんな感じでとにかく大ウケしてた。


これを聞いていた女性は表情をみるみる般若のように変え、私からギャルたちに対象を変更し、顔を引きつらせながらギャルを睨みつけた。そして吐き捨てるように一言

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【スカッとする話】 見知らぬキチママが私に「これ買ってきて」 私「!?」 隣のJK「マジ意味わかんねえしwww」⇒結果w

都内の某有名お花見スポットにお花見に行ったときのこと。

その日は前日とは打って変わってやけに気温の低い日だった。
温かい飲み物を求めて、最寄のスタバに客が殺到した。
私も店外に伸びた長蛇の列に加わって並んでいた。

ひたすら並んでいた甲斐あって入店までもう少しだ!というときに、突然後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、シロガネーゼ風の巻き髪でお化粧をばっちりした女性が立っていた。推定35歳。

その女性が「これお願い。一緒に買ってきて!」と紙を差し出した。
その紙を見ると、ぐっちゃぐちゃな字で飲み物のオーダーが書かれていた。
しかも「低脂肪乳で」「ホイップ追加」など注文がうるさい。

事情が飲み込めず、「この人誰だろ?」みたいな感じで混乱していたら、「だから!これを買ってこいっていってるの!」と追い討ち。

私「え??」
女「だからぁ!子供が小さいから!子供って体が繊細なの!風邪引いたらあなた責任取れるの?」
私「?」

女性が指差すほうを見てみると、同じようなテイストの女性が数人とちびっ子たち。
どうやら『ママ友』たちとお花見に来た模様。

女「あなたどうせ並んでるんだから一緒でしょって言ってるの!」
私「・・・?」
女「メモ早く受け取りなさいよ。あなた日本語通じるの?日本人じゃないの?」

呆気に取られて声が出なかった私だが、ここでようやく一言発することができた。
ただし大いに混乱していたため「どちらさまですか?」という間抜けた一言。
我ながら(ノ∀`) アチャーと思っていたところ、すぐ後ろから若い女の子が爆笑する声が聞こえた(手叩き付き)。

振り向くと、私の後ろに並んでいた派手目なギャル2人が、腹を抱えて大爆笑していた(ちなみに二人ともモデルさんのような美人だった。うらやましい・・・)。

「ちょ、他人に命令とか、こいつありえねぇー」
「日本語通じるとか、それおめえだし!どんだけだよこいつ」
「てかマジ意味わかんねぇし!どちらさまって感じー」

だいたいこんな感じでとにかく大ウケしてた。


これを聞いていた女性は表情をみるみる般若のように変え、私からギャルたちに対象を変更し、顔を引きつらせながらギャルを睨みつけた。そして吐き捨てるように一言

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る