uploaded

私「2人きりで会うの?変な事にならない様にね」美人「私、そんな安い女じゃないから」私(余計なお世話だったか…)→結果wwww

アイキャッチ496

 

A子…超美人。海外の大学に通っていて、夏休みの3ヶ月弱、帰国。 
私…普通のブスな大学生。A子姉の後輩 
A子姉…社会人。既婚。 

B男…A子彼氏。3年くらい付き合ってる。A子とは海外で知り合い、就職で帰国し、今は遠距離。
C男…A子の新しい彼氏。メディア関係の社会人。
D男…私のクラスメイト。社会人学生。
他多数…A子の浮気相手。


A子とはA子姉を通じて知り合い、大学での専攻が近かったこともあり、とても仲良くなった。
A子が夏休み帰国してる時は、A子の実家によく遊びに行っていた。
一家(両親、祖父母含む)で可愛がってくれた。


A子にはB男という3年付き合っていて今は遠距離の彼氏がいたが、「このまま付き合っていてもお互い幸せになれない」らしく、別れたと聞かされていた。
でもA子実家に行くとB男もちょくちょくいたので、「別れてもいいお友達なんだなぁ」なんて思っていた。

ある時、A子に新しい彼氏C男が出来る。メディア関係の人で、A子にゾッコン。テレビに出るような人と色々会わせてくれるらしいし、外で会う時は高級ホテルでご宿泊付きだし、A子にこれでもかと尽くしていた。
私も一度、挨拶だけしたが、あまり女性慣れしてなさそうな、優しそうな人だった。

A子は勉強熱心で、私の大学に聴講に来て、教授とも仲良くなったり、クラスメイトとも打ち解けていた。
私はA子は海外の有名大学だし、美人だし、コンプレックスを抱くレベルを超えて、自慢の友達がクラスメイトとかと仲良くなるのが嬉しかった。
A子に刺激を受けて勉強したり、高みを目指そうとする自分も嫌いじゃなかった。

社会人学生のD男もそんなA子に惹かれた一人みたいだった。
D男の仕事と、A子の専攻分野が同じこともあり、個人的に話を聞く機会を持つようだったので
(二人で会うのもたまたま知った。私には何も言ってくれなかったのがちょっともにょったりもした)、
「変なことにならないようにね」とA子に釘を刺しておいた。

A子にその気があるのか分からないけど、A子は男性にちやほやしてもらうのが好きみたいで、気を持たせるような素振りがあった。
でも、A子に「そんな安い女じゃないから。そういうのやめて」と怒られてしまって、忠告したことを反省したりした。

A子が夏休みの間、私たちは割と会っていたが、とうとうA子が海外に帰ってしまう前日。
修羅場は刻々と近付いていた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
私「2人きりで会うの?変な事にならない様にね」美人「私、そんな安い女じゃないから」私(余計なお世話だったか…)→結果wwww

アイキャッチ496

 

A子…超美人。海外の大学に通っていて、夏休みの3ヶ月弱、帰国。 
私…普通のブスな大学生。A子姉の後輩 
A子姉…社会人。既婚。 

B男…A子彼氏。3年くらい付き合ってる。A子とは海外で知り合い、就職で帰国し、今は遠距離。
C男…A子の新しい彼氏。メディア関係の社会人。
D男…私のクラスメイト。社会人学生。
他多数…A子の浮気相手。


A子とはA子姉を通じて知り合い、大学での専攻が近かったこともあり、とても仲良くなった。
A子が夏休み帰国してる時は、A子の実家によく遊びに行っていた。
一家(両親、祖父母含む)で可愛がってくれた。


A子にはB男という3年付き合っていて今は遠距離の彼氏がいたが、「このまま付き合っていてもお互い幸せになれない」らしく、別れたと聞かされていた。
でもA子実家に行くとB男もちょくちょくいたので、「別れてもいいお友達なんだなぁ」なんて思っていた。

ある時、A子に新しい彼氏C男が出来る。メディア関係の人で、A子にゾッコン。テレビに出るような人と色々会わせてくれるらしいし、外で会う時は高級ホテルでご宿泊付きだし、A子にこれでもかと尽くしていた。
私も一度、挨拶だけしたが、あまり女性慣れしてなさそうな、優しそうな人だった。

A子は勉強熱心で、私の大学に聴講に来て、教授とも仲良くなったり、クラスメイトとも打ち解けていた。
私はA子は海外の有名大学だし、美人だし、コンプレックスを抱くレベルを超えて、自慢の友達がクラスメイトとかと仲良くなるのが嬉しかった。
A子に刺激を受けて勉強したり、高みを目指そうとする自分も嫌いじゃなかった。

社会人学生のD男もそんなA子に惹かれた一人みたいだった。
D男の仕事と、A子の専攻分野が同じこともあり、個人的に話を聞く機会を持つようだったので
(二人で会うのもたまたま知った。私には何も言ってくれなかったのがちょっともにょったりもした)、
「変なことにならないようにね」とA子に釘を刺しておいた。

A子にその気があるのか分からないけど、A子は男性にちやほやしてもらうのが好きみたいで、気を持たせるような素振りがあった。
でも、A子に「そんな安い女じゃないから。そういうのやめて」と怒られてしまって、忠告したことを反省したりした。

A子が夏休みの間、私たちは割と会っていたが、とうとうA子が海外に帰ってしまう前日。
修羅場は刻々と近付いていた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る