uploaded

20種の「ドラッグ体験」を、1日ずつ作品に描いていったイラストレーター

20種の「ドラッグ体験」を、1日ずつ作品に描いていったイラストレーター

サンフランシスコのグラフィックデザイナー・Brian Pollett氏は、

毎日種類の違うドラッグを摂取し、1日1つずつ作品を描いていきました。

それぞれの化学的な効果や、精神的な影響を1年間学んだ後に試したそうです。

目的は、人々に学ぶきっかけを持ってもらうためでもありました。

使用された薬品のリストにはアルコールなどが含まれていますが、

一体どんな体験だったのでしょうか。イラストから想像してみては?

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
20種の「ドラッグ体験」を、1日ずつ作品に描いていったイラストレーター

20種の「ドラッグ体験」を、1日ずつ作品に描いていったイラストレーター

サンフランシスコのグラフィックデザイナー・Brian Pollett氏は、

毎日種類の違うドラッグを摂取し、1日1つずつ作品を描いていきました。

それぞれの化学的な効果や、精神的な影響を1年間学んだ後に試したそうです。

目的は、人々に学ぶきっかけを持ってもらうためでもありました。

使用された薬品のリストにはアルコールなどが含まれていますが、

一体どんな体験だったのでしょうか。イラストから想像してみては?

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る