uploaded

【スカッ】イジメられていた私は格闘技を 習い始めた→イジメっ子達が同じ道場に 入ってきて師範に相談すると 「ここではお前が彼らの兄貴分、 可愛がってやれ」と言われて…

小学生のころ私は苛められていました
理由は気が弱く、当時の年齢としては
大きな体格、太っていて足が遅い、
それらが理由だと思います

当時私のいる小学校では足が速く明るいのが
ヒーローの条件でしたから

苛めの内容として、小突かれのろまと
罵られたり靴や物を隠されたり
お約束通りのものでした

当時はまだイジメや体罰がさほど問題視
されておらず、それを親に相談したら、
気の強いおっかさん風味の母、
無学で熱い職人の父は揃って
苛められるお前が悪い!と言い
私を街の空手と柔道の道場に通わせました

幸いに、当時体格の良かった私は
試合などでもそれなりの結果を出し始め
格闘技が楽しく、好きになっていきました

イジメられることはもうどうでも良くなり
師範方も、決して私闘に臨んではいけないよ
君たちは格闘技者なのだから押して
忍ぶようにと堅く戒められ、私もその戒めの
意味はわからないながらにそれをかっこいい
ものだと思い守っておりました

中学に上がり学区は隣の小学校が加わる形に
なり元々のイジメっ子に加え隣の小学校の
者たちも加わり私に嫌がらせする人数は
増えていきました

あいつは何をやっても怒らない
と、当時彼らには仏像と呼ばれていましたね

もうそのころはそういった雑事は
気になりませんでしたし友達も出来、
勉強も面白いのでどうでもいいと表面上は
思っていました

さて、時は平成に入り、世間はとある
プロレスを越えようとしたプロレス団体の
出現に世は格闘技ブームになり、
私はもっと強くなりたいと欲し、
親を説き伏せ当時最新鋭だった
小さい空手団体に加入しました

俗に言う寝技関節技もアリのフルコンタクト
まだアンダーグラウンドな怪しい道場でした

そこに入るには生命の保証はない
云々の誓約書に時代錯誤な血判を押すという
ところであり道場生は兄弟、親子である
という信念がありました

当時正に中2だった私は文字通り中2病全開
でそこに傾倒していきました

受験が迫るプレッシャーでしょうか?
イジメは苛烈になっていきました

そして折しも格闘技ブームの中、
イジメっ子たちも毒されたのでしょう
どこで噂を聞きつけたのかその道場に
入って来たのです

驚きました、
そして私は師範に相談しました

彼らは私を苛めている人達です、と

すると師範は笑って
そんなのは道場の外の話だ
ここではお前が彼らの兄貴分、
可愛がってやれ、と

道場で言う可愛がれの意味はと言えば…
そういうことですw

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【スカッ】イジメられていた私は格闘技を 習い始めた→イジメっ子達が同じ道場に 入ってきて師範に相談すると 「ここではお前が彼らの兄貴分、 可愛がってやれ」と言われて…

小学生のころ私は苛められていました
理由は気が弱く、当時の年齢としては
大きな体格、太っていて足が遅い、
それらが理由だと思います

当時私のいる小学校では足が速く明るいのが
ヒーローの条件でしたから

苛めの内容として、小突かれのろまと
罵られたり靴や物を隠されたり
お約束通りのものでした

当時はまだイジメや体罰がさほど問題視
されておらず、それを親に相談したら、
気の強いおっかさん風味の母、
無学で熱い職人の父は揃って
苛められるお前が悪い!と言い
私を街の空手と柔道の道場に通わせました

幸いに、当時体格の良かった私は
試合などでもそれなりの結果を出し始め
格闘技が楽しく、好きになっていきました

イジメられることはもうどうでも良くなり
師範方も、決して私闘に臨んではいけないよ
君たちは格闘技者なのだから押して
忍ぶようにと堅く戒められ、私もその戒めの
意味はわからないながらにそれをかっこいい
ものだと思い守っておりました

中学に上がり学区は隣の小学校が加わる形に
なり元々のイジメっ子に加え隣の小学校の
者たちも加わり私に嫌がらせする人数は
増えていきました

あいつは何をやっても怒らない
と、当時彼らには仏像と呼ばれていましたね

もうそのころはそういった雑事は
気になりませんでしたし友達も出来、
勉強も面白いのでどうでもいいと表面上は
思っていました

さて、時は平成に入り、世間はとある
プロレスを越えようとしたプロレス団体の
出現に世は格闘技ブームになり、
私はもっと強くなりたいと欲し、
親を説き伏せ当時最新鋭だった
小さい空手団体に加入しました

俗に言う寝技関節技もアリのフルコンタクト
まだアンダーグラウンドな怪しい道場でした

そこに入るには生命の保証はない
云々の誓約書に時代錯誤な血判を押すという
ところであり道場生は兄弟、親子である
という信念がありました

当時正に中2だった私は文字通り中2病全開
でそこに傾倒していきました

受験が迫るプレッシャーでしょうか?
イジメは苛烈になっていきました

そして折しも格闘技ブームの中、
イジメっ子たちも毒されたのでしょう
どこで噂を聞きつけたのかその道場に
入って来たのです

驚きました、
そして私は師範に相談しました

彼らは私を苛めている人達です、と

すると師範は笑って
そんなのは道場の外の話だ
ここではお前が彼らの兄貴分、
可愛がってやれ、と

道場で言う可愛がれの意味はと言えば…
そういうことですw

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る