uploaded

【涙腺崩壊】夫が義実家から小柄な男の子を連れて帰ってきた。夫「この子は虐待を受けている。少しの間だけでもうちで匿いたい」 肉を泣いて食べる姿に私は涙した・・・

約10年前の事
夫(当時36歳)、
私(当時36歳)、
娘(当時8歳)
義実家との関係:良好。
夫のお兄さんが家を継ぎ、
舅さん、姑さん、大姑さんを含む
7人で暮らしている。

ある日、夫が義兄さんから
緊急の呼び出しを受け、
車で1時間ほどの距離にある
実家に行く事になりました。
朝10時頃の呼び出しで、
夫自身も何の呼び出しか
わからないまま出かけて
行ったのですが、昼過ぎに1人の
男の子を連れて帰ってきました。

男の子、仮にA君としますが、
A君は夫の親類(舅さんの妹の孫。
夫から見れば従甥)で15歳。
私も夫親類の法事などで
数回会った事がありました。

A君の分も一緒に昼食を作りながら、
夫に聞いた話を大雑把に纏めると―

①A君は母親(夫の従姉。
旦那と死別しており、母子家庭)
から虐待を受けている。

②今まで我慢していたが
耐えきれなくなり、
母親が出かけた隙をついて
家から脱出。手持ちの僅かなお金を
使って夫実家に向かい、
助けを求める。

③夫実家に母親が突撃してくる
可能性がある為、お兄さんが
夫に連絡。夫にA君を預けた。

となります。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【涙腺崩壊】夫が義実家から小柄な男の子を連れて帰ってきた。夫「この子は虐待を受けている。少しの間だけでもうちで匿いたい」 肉を泣いて食べる姿に私は涙した・・・

約10年前の事
夫(当時36歳)、
私(当時36歳)、
娘(当時8歳)
義実家との関係:良好。
夫のお兄さんが家を継ぎ、
舅さん、姑さん、大姑さんを含む
7人で暮らしている。

ある日、夫が義兄さんから
緊急の呼び出しを受け、
車で1時間ほどの距離にある
実家に行く事になりました。
朝10時頃の呼び出しで、
夫自身も何の呼び出しか
わからないまま出かけて
行ったのですが、昼過ぎに1人の
男の子を連れて帰ってきました。

男の子、仮にA君としますが、
A君は夫の親類(舅さんの妹の孫。
夫から見れば従甥)で15歳。
私も夫親類の法事などで
数回会った事がありました。

A君の分も一緒に昼食を作りながら、
夫に聞いた話を大雑把に纏めると―

①A君は母親(夫の従姉。
旦那と死別しており、母子家庭)
から虐待を受けている。

②今まで我慢していたが
耐えきれなくなり、
母親が出かけた隙をついて
家から脱出。手持ちの僅かなお金を
使って夫実家に向かい、
助けを求める。

③夫実家に母親が突撃してくる
可能性がある為、お兄さんが
夫に連絡。夫にA君を預けた。

となります。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る