uploaded

【閲覧注意】「私は男の公衆便所です。うんと虐めて」ホテヘル嬢をナイフで脅し、屈辱的な性的暴行を加えた元NTT社員。自ら用意した8mmビデオに残された証拠が…

「私は男の公衆便所」売春婦の尊厳を問うた【池袋の怪事件】とは? 

~銀座ママ枕営業裁判との比較~

【今回の事件 池袋・買春男性死亡事件】

枕営業は不倫ではない……。

昨年の4月に東京地裁で出された判決が、つい最近、話題になった。

長年に渡って夫と肉体関係を持ち続けていた銀座のクラブのママを、

妻が訴えていた裁判で、始関正光裁判官は、その訴えを退けた。

判決は次のように下った。

「顧客と性交渉を反復・継続したとしても、それが『枕営業』であると認められる場合には

売春婦の場合と同様に、顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず、何ら婚姻共同生活の平和を害するものではない」

賛否両論あるだろうが、注目すべきは「売春」を商売と認めたことだ。

売春防止法では、第1条で、「売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、

社会の善良の風俗をみだすもの」としている。法律の世界では売春は、

決して正当な商行為とは認められてこなかったのに、だ。

過去には「売春という道を選んだのだから、危険な目に遭うのも仕方ない」とされたことに鑑みるに、

ずいぶんと世の中の考え方が変わったといえるだろう。ではその頃の事件をみていこう。

■善良に見える男性の隠された野蛮な素顔

昭和62年4月15日、池袋で事件は起きた。

椎名香澄(仮名、21)は、ホテルにひとりで派遣されていく風俗嬢をしていた。

まだデリヘルという言葉はなく、同じ業態をこの時代はホテトルと呼んだ。

店から指示を受けて行ったのは、地下に映画館のある池袋のビジネスホテル。

島村隆也(仮名、28)が、ロビーで待っていた。真面目なサラリーマン風に見える。実際に島村は、NTTの社員だった。

「若くてきれいな人が来てくれて、嬉しい」

ダブルベッドのある部屋に入ると、島村はそんなことを口にして、香澄を喜ばせる。

通常のコースは2時間で3万円だが、ダブルの4時間で6万円、そして交通費としての1万円を加えて、

計7万円を島村は香澄に手渡した。香澄の住むマンションの1カ月の家賃とほぼ同じ額だ。

香澄は店に電話をかけ、契約が成立したことを報告した。

■豹変した男性の性的暴行を受ける

受話器を置いて振り返ると、みぞおちに何かが飛んで来た。

男の拳だった。力の抜けた香澄を、島村はベッドに押し倒す。

「おとなしくないと、殺すぞ」

手に持ったナイフを、島村は香澄に突きつけた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【閲覧注意】「私は男の公衆便所です。うんと虐めて」ホテヘル嬢をナイフで脅し、屈辱的な性的暴行を加えた元NTT社員。自ら用意した8mmビデオに残された証拠が…

「私は男の公衆便所」売春婦の尊厳を問うた【池袋の怪事件】とは? 

~銀座ママ枕営業裁判との比較~

【今回の事件 池袋・買春男性死亡事件】

枕営業は不倫ではない……。

昨年の4月に東京地裁で出された判決が、つい最近、話題になった。

長年に渡って夫と肉体関係を持ち続けていた銀座のクラブのママを、

妻が訴えていた裁判で、始関正光裁判官は、その訴えを退けた。

判決は次のように下った。

「顧客と性交渉を反復・継続したとしても、それが『枕営業』であると認められる場合には

売春婦の場合と同様に、顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず、何ら婚姻共同生活の平和を害するものではない」

賛否両論あるだろうが、注目すべきは「売春」を商売と認めたことだ。

売春防止法では、第1条で、「売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、

社会の善良の風俗をみだすもの」としている。法律の世界では売春は、

決して正当な商行為とは認められてこなかったのに、だ。

過去には「売春という道を選んだのだから、危険な目に遭うのも仕方ない」とされたことに鑑みるに、

ずいぶんと世の中の考え方が変わったといえるだろう。ではその頃の事件をみていこう。

■善良に見える男性の隠された野蛮な素顔

昭和62年4月15日、池袋で事件は起きた。

椎名香澄(仮名、21)は、ホテルにひとりで派遣されていく風俗嬢をしていた。

まだデリヘルという言葉はなく、同じ業態をこの時代はホテトルと呼んだ。

店から指示を受けて行ったのは、地下に映画館のある池袋のビジネスホテル。

島村隆也(仮名、28)が、ロビーで待っていた。真面目なサラリーマン風に見える。実際に島村は、NTTの社員だった。

「若くてきれいな人が来てくれて、嬉しい」

ダブルベッドのある部屋に入ると、島村はそんなことを口にして、香澄を喜ばせる。

通常のコースは2時間で3万円だが、ダブルの4時間で6万円、そして交通費としての1万円を加えて、

計7万円を島村は香澄に手渡した。香澄の住むマンションの1カ月の家賃とほぼ同じ額だ。

香澄は店に電話をかけ、契約が成立したことを報告した。

■豹変した男性の性的暴行を受ける

受話器を置いて振り返ると、みぞおちに何かが飛んで来た。

男の拳だった。力の抜けた香澄を、島村はベッドに押し倒す。

「おとなしくないと、殺すぞ」

手に持ったナイフを、島村は香澄に突きつけた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る