uploaded

【ラブラブ】付き合う前に今の旦那に4回もフラれた私。「恋人になってくれるなら何もいらない!」って号泣しながら携帯を川に投げ捨てたら…

アイキャッチ604


旦那と結婚した時の年齢、私は23歳、旦那は34歳と10歳近く年の差があった。
出会いは同じアルバイト。
旦那は元々シフトが一緒でアルバイトは掛け持ちだった。
掛け持ちの理由は将来何があるかわからないからお金をがんばって稼いでるとのことだった。
格好悪くて太ってて、でもお話してて面白い人だったし一緒のシフトも全然嫌じゃなかった。

そしてバイトの最中に同僚(旦那)に温泉の話題が出されたことがあった
なんでも建物自体は廃墟で機能してないけど温泉はまだやっててお金を払えば入れると
「そんな変な温泉あるわけないですよーw」と冗談で突っ込み返したら
同僚(旦那)「じゃあ今度連れてってあげるよw」
私「言いましたね~?wじゃあ連れてって貰おうじゃないですか!」
という会話の流れで行くことに

私は自分で言うのもあれだけど学生時代やバイト時代には周りから可愛いとか綺麗と褒められて有頂天になってた部分があって同僚(旦那)に対しても遊びに誘ってくれたラッキー程度にしか思ってなかった。

同僚(旦那)「俺みたいなのと二人だけだとちょっと嫌だろうからほかの人も誘っておくよ!」
とやけに気を利かせようとする旦那。
私「別に二人だけでもいいですよw一緒にお風呂に入るわけでもないしw」
同僚(旦那)「あ、それもそうか。ならせっかくだし俺が全部おごるよw」
と会話が盛り上がり後日二人が休みの日にその廃墟温泉へ行くことに

現地について驚いた
本当に建物は潰れて廃墟になったような場所
とても温泉なんて場所じゃなかった。
むしろこんな廃墟に誘って私を襲うんじゃないかとそんな風にまで思った
同僚(旦那)「こう見えてもしっかりした温泉が中にあるんだよ」
と、廃墟の入り口で店員を呼ぶ同僚(旦那)
すると本当に店員が出てきてびっくり。
そのまま温泉へと案内された

料金は私が財布を出そうとする前にそそくさと二人分払ってくれた
それでどんな温泉か恐る恐る服を脱いで浴槽へ向かうとびっくり。
綺麗な景色の露天風呂と硫黄の匂いが強い大浴場があった。
お風呂が大好きだったので私は大喜びだった。

それでもってお風呂からあがって休憩室で同僚(旦那)に改めて御礼を言った。
いい場所を紹介してくれてありがとうと。

同僚(旦那)「な?びっくりだろwこんな温泉があるなんてw俺も最初は目を疑ったもんw」
とさりげなく返してくれる同僚(旦那)にたいして
私「同僚(旦那)さんってひょっとして私とデートしたくてここの温泉に誘ってくれたの?w」
と言うも
同僚(旦那)「いやいやw私さんみたいな綺麗な人と俺が釣り合うなんて思ってないから安心してwただここの温泉の素晴らしさを知って欲しかっただけw」
強がりかと思ったけどその後その温泉の施設の地元のお祭りでりんご飴やらアイスやらたくさん奢ってくれたり
30歳になる前に金持ちの男でも見つけて結婚して幸せになるといいよ!とか高級リゾート施設とかレジャー施設だけじゃなくてこう言う楽しい場所ってたくさんあるからそういう場所をめぐるのが大好きなんだよ!っていう熱意みたいなのに感化されて気づけば私が同僚(旦那)にベタ惚れだった

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【ラブラブ】付き合う前に今の旦那に4回もフラれた私。「恋人になってくれるなら何もいらない!」って号泣しながら携帯を川に投げ捨てたら…

アイキャッチ604


旦那と結婚した時の年齢、私は23歳、旦那は34歳と10歳近く年の差があった。
出会いは同じアルバイト。
旦那は元々シフトが一緒でアルバイトは掛け持ちだった。
掛け持ちの理由は将来何があるかわからないからお金をがんばって稼いでるとのことだった。
格好悪くて太ってて、でもお話してて面白い人だったし一緒のシフトも全然嫌じゃなかった。

そしてバイトの最中に同僚(旦那)に温泉の話題が出されたことがあった
なんでも建物自体は廃墟で機能してないけど温泉はまだやっててお金を払えば入れると
「そんな変な温泉あるわけないですよーw」と冗談で突っ込み返したら
同僚(旦那)「じゃあ今度連れてってあげるよw」
私「言いましたね~?wじゃあ連れてって貰おうじゃないですか!」
という会話の流れで行くことに

私は自分で言うのもあれだけど学生時代やバイト時代には周りから可愛いとか綺麗と褒められて有頂天になってた部分があって同僚(旦那)に対しても遊びに誘ってくれたラッキー程度にしか思ってなかった。

同僚(旦那)「俺みたいなのと二人だけだとちょっと嫌だろうからほかの人も誘っておくよ!」
とやけに気を利かせようとする旦那。
私「別に二人だけでもいいですよw一緒にお風呂に入るわけでもないしw」
同僚(旦那)「あ、それもそうか。ならせっかくだし俺が全部おごるよw」
と会話が盛り上がり後日二人が休みの日にその廃墟温泉へ行くことに

現地について驚いた
本当に建物は潰れて廃墟になったような場所
とても温泉なんて場所じゃなかった。
むしろこんな廃墟に誘って私を襲うんじゃないかとそんな風にまで思った
同僚(旦那)「こう見えてもしっかりした温泉が中にあるんだよ」
と、廃墟の入り口で店員を呼ぶ同僚(旦那)
すると本当に店員が出てきてびっくり。
そのまま温泉へと案内された

料金は私が財布を出そうとする前にそそくさと二人分払ってくれた
それでどんな温泉か恐る恐る服を脱いで浴槽へ向かうとびっくり。
綺麗な景色の露天風呂と硫黄の匂いが強い大浴場があった。
お風呂が大好きだったので私は大喜びだった。

それでもってお風呂からあがって休憩室で同僚(旦那)に改めて御礼を言った。
いい場所を紹介してくれてありがとうと。

同僚(旦那)「な?びっくりだろwこんな温泉があるなんてw俺も最初は目を疑ったもんw」
とさりげなく返してくれる同僚(旦那)にたいして
私「同僚(旦那)さんってひょっとして私とデートしたくてここの温泉に誘ってくれたの?w」
と言うも
同僚(旦那)「いやいやw私さんみたいな綺麗な人と俺が釣り合うなんて思ってないから安心してwただここの温泉の素晴らしさを知って欲しかっただけw」
強がりかと思ったけどその後その温泉の施設の地元のお祭りでりんご飴やらアイスやらたくさん奢ってくれたり
30歳になる前に金持ちの男でも見つけて結婚して幸せになるといいよ!とか高級リゾート施設とかレジャー施設だけじゃなくてこう言う楽しい場所ってたくさんあるからそういう場所をめぐるのが大好きなんだよ!っていう熱意みたいなのに感化されて気づけば私が同僚(旦那)にベタ惚れだった

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る