uploaded

とんねるず石橋VS紳助 「東西最終戦争」直接対決が勃発していた!

衝撃の会見から、早くも2年が過ぎようとしている。

島田紳助不在のお笑い界ではこの間、

引退劇を笑いに変えて茶化すことが何度もあった。

芸人ならば、それは当然の衝動だろう。

ところが当の本人は、あの男がギャグにすることだけには過剰反応していた。

そして、東西お笑い界を二分する抗争にまで発展。

なんと、直接の罵倒応酬まで演じていたというのだ。

見知らぬ電話番号から着信

その時、石橋貴明(50)は「とんねるずのみなさんのおかげでした」の楽屋にいた。

おぎやはぎやバナナマンなど、取り巻きとも言われる東京の若手芸人たちと、

バカ話に花を咲かせている最中だったという。

突然、石橋の携帯電話に見知らぬ電話番号から着信が入った。

「誰だよ?」

石橋は心当たりがない様子でケータイを耳に当てたが、

声を聞くやいなや、みるみる表情を硬くしていく。

なんと相手は、暴力団と不適切な交際をしていた

過去の責任を取る形で芸能界を引退した、島田紳助(56)だったというのである。

紳助は開口一番、こうまくしたてたそうだ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
とんねるず石橋VS紳助 「東西最終戦争」直接対決が勃発していた!

衝撃の会見から、早くも2年が過ぎようとしている。

島田紳助不在のお笑い界ではこの間、

引退劇を笑いに変えて茶化すことが何度もあった。

芸人ならば、それは当然の衝動だろう。

ところが当の本人は、あの男がギャグにすることだけには過剰反応していた。

そして、東西お笑い界を二分する抗争にまで発展。

なんと、直接の罵倒応酬まで演じていたというのだ。

見知らぬ電話番号から着信

その時、石橋貴明(50)は「とんねるずのみなさんのおかげでした」の楽屋にいた。

おぎやはぎやバナナマンなど、取り巻きとも言われる東京の若手芸人たちと、

バカ話に花を咲かせている最中だったという。

突然、石橋の携帯電話に見知らぬ電話番号から着信が入った。

「誰だよ?」

石橋は心当たりがない様子でケータイを耳に当てたが、

声を聞くやいなや、みるみる表情を硬くしていく。

なんと相手は、暴力団と不適切な交際をしていた

過去の責任を取る形で芸能界を引退した、島田紳助(56)だったというのである。

紳助は開口一番、こうまくしたてたそうだ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る