uploaded

彼氏から着信。彼「うー…」私「?」女『電話変わってよ。…久しぶり、誰かわかる?○○だよ』私「!?」→その正体は…

私 (奈美)  当時20歳 ♀ 
彼氏 (康介) 当時23歳 ♂ 


当時私は販売員として働いていましたが、お給料があまり良くなかった為 
早朝または夜中、休日の頼まれた時はコンビニでアルバイトをしていました。 
販売の仕事は年末年始はお休みだったのですが、コンビニは年中無休で 
学生バイトの人が休みをとったので入って欲しいと頼まれました。 
彼氏に年末どうする?と聞きましたが「夜から用事がある」みたいな返事だったので 
ちょっと寂しいなと思いつつも私は年末年始はコンビニで働くことにしました。 

31日の17:00から働き、深夜便のお弁当の検品と陳列が終わるまで入りました。 
特別なことがあるわけでもなくアルバイトの時間は終わりました。 
お正月の深夜2:00ごろ帰宅しました。 
1日は午前7:00からコンビニのバイトが入っていました。 
6時には起床しないといけないので寝ることにしました。 
ベッドに入って10分ぐらいすると携帯の音が鳴りました。 
着信を確認すると彼氏からです。 
少し眠かったけどうれしくて喜んで電話にでました。 
私『もしもし?』 
彼「うー・・・」 
酔っ払ってるのかな?と思った次の瞬間、後ろで甘ったるい女の声が。 
「ねぇねぇ康ちゃん。電話かわってよ」 
「え、あー・・・うん」 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
彼氏から着信。彼「うー…」私「?」女『電話変わってよ。…久しぶり、誰かわかる?○○だよ』私「!?」→その正体は…

私 (奈美)  当時20歳 ♀ 
彼氏 (康介) 当時23歳 ♂ 


当時私は販売員として働いていましたが、お給料があまり良くなかった為 
早朝または夜中、休日の頼まれた時はコンビニでアルバイトをしていました。 
販売の仕事は年末年始はお休みだったのですが、コンビニは年中無休で 
学生バイトの人が休みをとったので入って欲しいと頼まれました。 
彼氏に年末どうする?と聞きましたが「夜から用事がある」みたいな返事だったので 
ちょっと寂しいなと思いつつも私は年末年始はコンビニで働くことにしました。 

31日の17:00から働き、深夜便のお弁当の検品と陳列が終わるまで入りました。 
特別なことがあるわけでもなくアルバイトの時間は終わりました。 
お正月の深夜2:00ごろ帰宅しました。 
1日は午前7:00からコンビニのバイトが入っていました。 
6時には起床しないといけないので寝ることにしました。 
ベッドに入って10分ぐらいすると携帯の音が鳴りました。 
着信を確認すると彼氏からです。 
少し眠かったけどうれしくて喜んで電話にでました。 
私『もしもし?』 
彼「うー・・・」 
酔っ払ってるのかな?と思った次の瞬間、後ろで甘ったるい女の声が。 
「ねぇねぇ康ちゃん。電話かわってよ」 
「え、あー・・・うん」 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る