uploaded

俺、先輩が好きです…

演劇サークルに入っている俺は、文化祭の打ち上げで、

20人のメンバー全員と馴染みの居酒屋に来ていた。
初めて俺が脚本を担当し、大成功を収めた事で、

次回も脚本を任せてもらう事になった事で、少し上機嫌になっていたのかもしれない。

普段は1、2杯で止めておくのに、何杯飲んだか分からないほどで、気付いたらベッドに寝かされていた。
傍らには、俺に脚本の全てを教えてくれた紺野先輩が、すやすやと寝息をたてている。
3年生で、俺の一つ上の人だ。
スラリとした長身の美人だが、どこか幼い印象も覚える不思議な人であり、俺の好きな人でもある。
不完全な意識を叩き起こし、携帯で時間を確認。
朝の4時。

「あちゃ・・・飲みすぎたかな」

幸い二日酔いにはなっていなかったが、意識は安定せず、視界がブラックアウトしそうになる。
それをなんとか押し留め。
先輩の肩を叩いた。
「先輩、先輩」
「ん・・・あれ、ユウくん。なんでベッドに・・・?」
先輩は寝ぼけ眼を擦り、ベッドを支えに起き上がる。
「分からないです。たぶん、先輩か誰かが連れてきてくれたんだと思いますけど」
「んっ・・・あ、そっか。ユウくんが酔っ払っちゃってダメダメだったから、

私の家に運んだんだよ。珍しいね、ユウくんがあんなに飲むなんて」

指摘を受け、猛省。
弱いのに考えないで飲むと、こういう風になるのだ。
「すいません。つい嬉しくて・・・これも、先輩のおかげです」
「私の?」
キョトンとする先輩。
その先輩に、自分の想いを伝える…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
俺、先輩が好きです…

演劇サークルに入っている俺は、文化祭の打ち上げで、

20人のメンバー全員と馴染みの居酒屋に来ていた。
初めて俺が脚本を担当し、大成功を収めた事で、

次回も脚本を任せてもらう事になった事で、少し上機嫌になっていたのかもしれない。

普段は1、2杯で止めておくのに、何杯飲んだか分からないほどで、気付いたらベッドに寝かされていた。
傍らには、俺に脚本の全てを教えてくれた紺野先輩が、すやすやと寝息をたてている。
3年生で、俺の一つ上の人だ。
スラリとした長身の美人だが、どこか幼い印象も覚える不思議な人であり、俺の好きな人でもある。
不完全な意識を叩き起こし、携帯で時間を確認。
朝の4時。

「あちゃ・・・飲みすぎたかな」

幸い二日酔いにはなっていなかったが、意識は安定せず、視界がブラックアウトしそうになる。
それをなんとか押し留め。
先輩の肩を叩いた。
「先輩、先輩」
「ん・・・あれ、ユウくん。なんでベッドに・・・?」
先輩は寝ぼけ眼を擦り、ベッドを支えに起き上がる。
「分からないです。たぶん、先輩か誰かが連れてきてくれたんだと思いますけど」
「んっ・・・あ、そっか。ユウくんが酔っ払っちゃってダメダメだったから、

私の家に運んだんだよ。珍しいね、ユウくんがあんなに飲むなんて」

指摘を受け、猛省。
弱いのに考えないで飲むと、こういう風になるのだ。
「すいません。つい嬉しくて・・・これも、先輩のおかげです」
「私の?」
キョトンとする先輩。
その先輩に、自分の想いを伝える…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る