uploaded

初めての彼女は、愛人との間に生まれた子持ちのシングルマザーだった。俺「卒業したら結婚しよう」彼女「はい」→子供が思い病気にかかってしまい…

アイキャッチ688
 
記憶にないくらいの幼少期に育児放棄(消極的な児童虐待?)を受けて俺は施設で育った 
定時制高校に通っていた時、初めて彼女ができる 
 
 
彼女は5歳上の20歳で2歳の子持ちシンマザ 
俺が老け顔だったためか、彼女が若く見えるからか年齢差があると思われたことは無い 

毒親の元で育った彼女は中学卒業と同時に働き始め、
親からの独立を目指すも、毒親の搾取のためにロクに稼げなかった 
安直に「女の職業」に行かなかったのは、毒親と同じ道を歩みたくないという一心だったそうだ 
和服を着る飲食店で年齢をごまかして働いているときに、
年配男性に見初められ愛人として生活するようになる 
多分にファザコンが影響していたらしい 

飲食店での稼ぎのほとんどを親に渡し、
愛人によるお手当をすべて貯金に回し、
家を出るタイミングを見計らっていたところで妊娠 
家族が欲しかった彼女は、一人でも出産すべく、
愛人に迷惑がかからないように行方をくらます 
他に頼れるものもないため、
毒親の元に戻り独立用の貯金をすべて親に渡して協力を仰ぎ、
なんとか出産する 
そこへどうやって突き止めたのか愛人の奥さんがやってきて、
穏やかな話し合いの後、そこそこのお金を貰い、本当に愛人との縁を切ることに 
それでも彼女はやっとできた家族に大喜びだったそうだ 

生活に余裕ができたので、昼間は飲食店で働きつつ、
ちゃんと働けるように学歴を手に入れるため、定時制高校に入学する 
その頃毒親が彼女の貯金の大半を持って男と一緒に行方不明になり、
旅先でシボウ(時期もシインも詳細不明) 
当然のようにカネは帰ってこなかったが、
これで軛から逃れられたことになる
 
そして俺と出会う 
最初は苗字が同じ(よくある名前)ことで、
俺は「先輩」と呼んでからかっていたが、次第に親しくなり 
境遇を語り合ううちにお互いに惹かれあい、
彼女は権利関係でややこしくなった当時住んでいた元母親のアパートを引き払って、
新しく借りた部屋で俺と一緒に住むようになった 
狭い貧乏長屋で2Kの名ばかりアパートだったが、
周りの住人にも恵まれ、子供にも
「パパ」と呼ばれて3人で本当の家族のように幸せに過ごしていた 
俺にとっては本当に初めての家族だった 
はっきり言って傷のなめあいだったと思うけど、それでもよかった 

バイトで昇給したある日、彼女に、家族になろう、卒業したら結婚しよう、と俺からプロポーズした 
彼女号泣 
そしてなぜか子供も空気を察知してか泣き出し、3人で抱き合って大泣きした 
3人で婚姻届を貰いに行き、記入した 
俺が結婚できる年齢になって卒業後に3人で提出に来よう!と笑っていた 

俺の卒業を控えて学業、仕事、就職活動と忙しく動き回っているときに、
子供が入院することになった 
アイキャッチ688
 
検査の結果、手術が必要なほどの重い疾患であることがわかった 
手術そのものは成功するだろうが、
その後も子供の体力がつく年齢になるまで長い治療が必要であるとのことだった 
彼女は「丈夫に生んであげられなくてごめんなさい」と泣いた 
子供の体に大きな傷が残ることにもショックを受けていたらしい 
彼女は子供に毎日つきっきりで過ごすことになった 

ただ、こうなると必要になってくるのはやはりカネだった 
そこで俺は決まりかかっていた就職先を断り、地方の住込みの仕事を探し始めた 
3交代の工場勤務で、深夜勤で3年ほど行きっぱなしになっていれば
かなりのカネが貯まる計算になる 
元々カネのかかる趣味もないので、
少しさびしい思いをするだけで彼女と子供の生活も楽とは言えなくともなんとかなるはずだった 
ただ、とうぜんだが離ればなれになる
 
あるとき病室に見舞いに行った帰り、ある男性に声をかけられた

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
初めての彼女は、愛人との間に生まれた子持ちのシングルマザーだった。俺「卒業したら結婚しよう」彼女「はい」→子供が思い病気にかかってしまい…
アイキャッチ688
 
記憶にないくらいの幼少期に育児放棄(消極的な児童虐待?)を受けて俺は施設で育った 
定時制高校に通っていた時、初めて彼女ができる 
 
 
彼女は5歳上の20歳で2歳の子持ちシンマザ 
俺が老け顔だったためか、彼女が若く見えるからか年齢差があると思われたことは無い 

毒親の元で育った彼女は中学卒業と同時に働き始め、
親からの独立を目指すも、毒親の搾取のためにロクに稼げなかった 
安直に「女の職業」に行かなかったのは、毒親と同じ道を歩みたくないという一心だったそうだ 
和服を着る飲食店で年齢をごまかして働いているときに、
年配男性に見初められ愛人として生活するようになる 
多分にファザコンが影響していたらしい 

飲食店での稼ぎのほとんどを親に渡し、
愛人によるお手当をすべて貯金に回し、
家を出るタイミングを見計らっていたところで妊娠 
家族が欲しかった彼女は、一人でも出産すべく、
愛人に迷惑がかからないように行方をくらます 
他に頼れるものもないため、
毒親の元に戻り独立用の貯金をすべて親に渡して協力を仰ぎ、
なんとか出産する 
そこへどうやって突き止めたのか愛人の奥さんがやってきて、
穏やかな話し合いの後、そこそこのお金を貰い、本当に愛人との縁を切ることに 
それでも彼女はやっとできた家族に大喜びだったそうだ 

生活に余裕ができたので、昼間は飲食店で働きつつ、
ちゃんと働けるように学歴を手に入れるため、定時制高校に入学する 
その頃毒親が彼女の貯金の大半を持って男と一緒に行方不明になり、
旅先でシボウ(時期もシインも詳細不明) 
当然のようにカネは帰ってこなかったが、
これで軛から逃れられたことになる
 
そして俺と出会う 
最初は苗字が同じ(よくある名前)ことで、
俺は「先輩」と呼んでからかっていたが、次第に親しくなり 
境遇を語り合ううちにお互いに惹かれあい、
彼女は権利関係でややこしくなった当時住んでいた元母親のアパートを引き払って、
新しく借りた部屋で俺と一緒に住むようになった 
狭い貧乏長屋で2Kの名ばかりアパートだったが、
周りの住人にも恵まれ、子供にも
「パパ」と呼ばれて3人で本当の家族のように幸せに過ごしていた 
俺にとっては本当に初めての家族だった 
はっきり言って傷のなめあいだったと思うけど、それでもよかった 

バイトで昇給したある日、彼女に、家族になろう、卒業したら結婚しよう、と俺からプロポーズした 
彼女号泣 
そしてなぜか子供も空気を察知してか泣き出し、3人で抱き合って大泣きした 
3人で婚姻届を貰いに行き、記入した 
俺が結婚できる年齢になって卒業後に3人で提出に来よう!と笑っていた 

俺の卒業を控えて学業、仕事、就職活動と忙しく動き回っているときに、
子供が入院することになった 
アイキャッチ688
 
検査の結果、手術が必要なほどの重い疾患であることがわかった 
手術そのものは成功するだろうが、
その後も子供の体力がつく年齢になるまで長い治療が必要であるとのことだった 
彼女は「丈夫に生んであげられなくてごめんなさい」と泣いた 
子供の体に大きな傷が残ることにもショックを受けていたらしい 
彼女は子供に毎日つきっきりで過ごすことになった 

ただ、こうなると必要になってくるのはやはりカネだった 
そこで俺は決まりかかっていた就職先を断り、地方の住込みの仕事を探し始めた 
3交代の工場勤務で、深夜勤で3年ほど行きっぱなしになっていれば
かなりのカネが貯まる計算になる 
元々カネのかかる趣味もないので、
少しさびしい思いをするだけで彼女と子供の生活も楽とは言えなくともなんとかなるはずだった 
ただ、とうぜんだが離ればなれになる
 
あるとき病室に見舞いに行った帰り、ある男性に声をかけられた

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る