uploaded

【絶望】「おろしてくれ」子供を欲しいと言っていた夫が妊娠後に態度を急変。その理由を聞いた妻は涙が止まらない・・・

僕と彼女は高校の同級生。高校の頃から付き合い、10年越しに結婚しました。

結婚したきっかけは、彼女の妊娠。

なかなか長く付き合うと結婚のタイミングがわからなくなり、

そろそろ結婚という時に彼女が子どもを授かったのです。

その知らせを聞いた時は心底喜びました。

しかし、産婦人科に日頃行く事がなかった彼女は、

不運にも妊娠したことがきっかけでガンが発覚したのです。

彼女から病気の話しを聞いた時、彼女自身の体を最優先に考えて

欲しかったので子供はおろして、治療に専念するように頼みました。

医者にも、一刻も早く治療をした方がよいと告げられたのです。

それだけ彼女のカラダはガンに蝕まられていたんです。

それでも彼女は「今お腹に宿っている大好きな人との赤ちゃんを殺したくない」

と、母親になることを譲ろうとしませんでした。

きっとこの子を諦めたら、もう彼女は妊娠するカラダではなくなってしまいます。

その事もあり彼女はこんな言葉を口にしました。

私、神様からのプレゼントだと思うの。

この子をあきらめて、治療をするなんてできない

あなたと結婚するきっかけを与えてくれたのは、ここにいる赤ちゃん。

私を母親にしてくれたのはここにいる赤ちゃん。

私に病気を教えてくれたのもここにいる赤ちゃんなの。

私はもうこんなに幸せをもらえてるのに、なんで私はこの子を

殺さなきゃいけないの?そんなことできない。

彼女の強い思いもあったため、僕たちは彼女の親に話しに行くことにしました。

結婚させてください。

僕たちに力を貸して下さい。

もちろん彼女の親も最初は反対しました。

しかし

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【絶望】「おろしてくれ」子供を欲しいと言っていた夫が妊娠後に態度を急変。その理由を聞いた妻は涙が止まらない・・・

僕と彼女は高校の同級生。高校の頃から付き合い、10年越しに結婚しました。

結婚したきっかけは、彼女の妊娠。

なかなか長く付き合うと結婚のタイミングがわからなくなり、

そろそろ結婚という時に彼女が子どもを授かったのです。

その知らせを聞いた時は心底喜びました。

しかし、産婦人科に日頃行く事がなかった彼女は、

不運にも妊娠したことがきっかけでガンが発覚したのです。

彼女から病気の話しを聞いた時、彼女自身の体を最優先に考えて

欲しかったので子供はおろして、治療に専念するように頼みました。

医者にも、一刻も早く治療をした方がよいと告げられたのです。

それだけ彼女のカラダはガンに蝕まられていたんです。

それでも彼女は「今お腹に宿っている大好きな人との赤ちゃんを殺したくない」

と、母親になることを譲ろうとしませんでした。

きっとこの子を諦めたら、もう彼女は妊娠するカラダではなくなってしまいます。

その事もあり彼女はこんな言葉を口にしました。

私、神様からのプレゼントだと思うの。

この子をあきらめて、治療をするなんてできない

あなたと結婚するきっかけを与えてくれたのは、ここにいる赤ちゃん。

私を母親にしてくれたのはここにいる赤ちゃん。

私に病気を教えてくれたのもここにいる赤ちゃんなの。

私はもうこんなに幸せをもらえてるのに、なんで私はこの子を

殺さなきゃいけないの?そんなことできない。

彼女の強い思いもあったため、僕たちは彼女の親に話しに行くことにしました。

結婚させてください。

僕たちに力を貸して下さい。

もちろん彼女の親も最初は反対しました。

しかし

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る