uploaded

部室で、私の尻「ブッ!」一同『!?』私(オワタ…)キモオタ「ブウウッ!」一同『!?』キモオタ「もらい屁が出た…」→すると・・・・・

部室に7、8人いるときに、

気が抜けていた私は
姿勢を変えた拍子にブッ!と
快音とともに放屁してしまいました。

一気に無言の視線が私に集中。

私はおならした姿勢で硬直して
必死に匂いを鼻で吸い込みながら

人生の終了を悟った。

その時、私のそれよりもはるかに大きく
高らかな響きが部室に鳴り響いた。
今度はみんなの視線がそっちに移った。
猛者の正体は普段おとなしくて目立たない
小太りオタク系のH君だった。

彼は眼鏡を触るいつもの癖とともに一言
「もらい屁が出てしまった…。」

とクールに言い放ったら・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
部室で、私の尻「ブッ!」一同『!?』私(オワタ…)キモオタ「ブウウッ!」一同『!?』キモオタ「もらい屁が出た…」→すると・・・・・

部室に7、8人いるときに、

気が抜けていた私は
姿勢を変えた拍子にブッ!と
快音とともに放屁してしまいました。

一気に無言の視線が私に集中。

私はおならした姿勢で硬直して
必死に匂いを鼻で吸い込みながら

人生の終了を悟った。

その時、私のそれよりもはるかに大きく
高らかな響きが部室に鳴り響いた。
今度はみんなの視線がそっちに移った。
猛者の正体は普段おとなしくて目立たない
小太りオタク系のH君だった。

彼は眼鏡を触るいつもの癖とともに一言
「もらい屁が出てしまった…。」

とクールに言い放ったら・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る