uploaded

【娘】

10061

今日も仕事で疲れきって遅くなって
家に帰ってきた。


すると,彼の5歳になる娘が
ドアのところで待っていたのである。


彼は驚いて言った。


父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
娘「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
父「なんだ?」
娘「パパは1時間にいくらお金をかせぐの?」

父「お前には関係ないことだ」

父親はイライラして言った。

父「なんだって,そんなこと聞くんだ?」
娘「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」

女の子は嘆願した。

「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。
ただし残業代はタダだ」
「わぁ。」

女の子は言った。

「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」

「なんだって!」


疲れていた父親は激昂した。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【娘】

10061

今日も仕事で疲れきって遅くなって
家に帰ってきた。


すると,彼の5歳になる娘が
ドアのところで待っていたのである。


彼は驚いて言った。


父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
娘「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
父「なんだ?」
娘「パパは1時間にいくらお金をかせぐの?」

父「お前には関係ないことだ」

父親はイライラして言った。

父「なんだって,そんなこと聞くんだ?」
娘「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」

女の子は嘆願した。

「あまり給料は良くないさ・・・20ドルくらいだな。
ただし残業代はタダだ」
「わぁ。」

女の子は言った。

「ねえ。パパ。私に10ドル貸してくれない?」

「なんだって!」


疲れていた父親は激昂した。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る