uploaded

【ボクシング】竹原慎二、医師を信用し過ぎて死にかけた…テレビ番組で告白

ステージ4の膀胱がんで余命宣告を受けながら

手術で克服したボクシングの元世界王者・竹原慎二(44)が20日、

「医者を信用し過ぎて死にかけた」と衝撃の告白をした。

20日放送のテレビ朝日系「あるある議事堂 週刊誌に負けるな! 

今田耕司が芸能人の整形・自宅の値段・大手術の真相 全部話させますSP」(後7時)に出演した竹原。

頻尿がひどかったため、病院に行くと、医師に「膀胱炎だね」と言われたという。

4~5か月後、尿道に痛みが走ったため、また診てもらうと、今度は「前立腺炎です」と診察されたという。

最初の診察から1年後、ついに尿道から真っ赤な血が出たため、慌てて病院に行くと医師から、

やっと別の病院を紹介され診てもらうと「ステージ4のがんです」と衝撃の診断を受けたという。

その後、手術に踏み切り、病を克服した竹原は「医者を信じすぎてはいけません」としみじみと話していた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【ボクシング】竹原慎二、医師を信用し過ぎて死にかけた…テレビ番組で告白

ステージ4の膀胱がんで余命宣告を受けながら

手術で克服したボクシングの元世界王者・竹原慎二(44)が20日、

「医者を信用し過ぎて死にかけた」と衝撃の告白をした。

20日放送のテレビ朝日系「あるある議事堂 週刊誌に負けるな! 

今田耕司が芸能人の整形・自宅の値段・大手術の真相 全部話させますSP」(後7時)に出演した竹原。

頻尿がひどかったため、病院に行くと、医師に「膀胱炎だね」と言われたという。

4~5か月後、尿道に痛みが走ったため、また診てもらうと、今度は「前立腺炎です」と診察されたという。

最初の診察から1年後、ついに尿道から真っ赤な血が出たため、慌てて病院に行くと医師から、

やっと別の病院を紹介され診てもらうと「ステージ4のがんです」と衝撃の診断を受けたという。

その後、手術に踏み切り、病を克服した竹原は「医者を信じすぎてはいけません」としみじみと話していた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る