uploaded

【中居の黒歴史】遊び相手の女性を妊娠させ「大丈夫だよ、まだただの細胞だし手術だって簡単で大したことはない」と中絶を勧める→女性拒否→飯島女史が決着させる→中居の不実に納得できない女性は中居との会話音声を公開!泥沼展開に・・・

 

中居は飲み屋で知り合った都内在住の、当時27歳のOLに積極的にアプローチ。

密かに交際をスタートさせた。会うたびにホテルで肉体関係を持って、関係は約4年間続いたという。

 

すると2000年にOLが中居の子を妊娠。

中居に妊娠の事実を告げると

「大丈夫だよ、まだただの細胞だし、手術だって簡単で大したことはない。

俺の友達も何人も堕ろしているけど、その日のうちに仕事だってできちゃうくらいだし」

と慣れた調子で中絶を勧めたという。

この頃、中居はテレビ朝日の下平さやかアナウンサーとの熱愛がウワサされていた。

そのことで、女性は「自分はセックスの道具にされている」と思ったが、

好きな中居の子どもを産みたい一心で、中居と話し合いを進めようとした。

しかし、中居は「堕ろしてほしい」と逃げる一方。

そんな中居の尻拭いとして登場したのが、SMAPのチーフマネジャーの飯島三智女史だった。

飯島女史は

「人として、女性としてお話しましょう。あの子(中居)が言うには・・・」

 2_png

驚愕の真相は次のページをご覧ください!!!!

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【中居の黒歴史】遊び相手の女性を妊娠させ「大丈夫だよ、まだただの細胞だし手術だって簡単で大したことはない」と中絶を勧める→女性拒否→飯島女史が決着させる→中居の不実に納得できない女性は中居との会話音声を公開!泥沼展開に・・・
 

中居は飲み屋で知り合った都内在住の、当時27歳のOLに積極的にアプローチ。

密かに交際をスタートさせた。会うたびにホテルで肉体関係を持って、関係は約4年間続いたという。

 

すると2000年にOLが中居の子を妊娠。

中居に妊娠の事実を告げると

「大丈夫だよ、まだただの細胞だし、手術だって簡単で大したことはない。

俺の友達も何人も堕ろしているけど、その日のうちに仕事だってできちゃうくらいだし」

と慣れた調子で中絶を勧めたという。

この頃、中居はテレビ朝日の下平さやかアナウンサーとの熱愛がウワサされていた。

そのことで、女性は「自分はセックスの道具にされている」と思ったが、

好きな中居の子どもを産みたい一心で、中居と話し合いを進めようとした。

しかし、中居は「堕ろしてほしい」と逃げる一方。

そんな中居の尻拭いとして登場したのが、SMAPのチーフマネジャーの飯島三智女史だった。

飯島女史は

「人として、女性としてお話しましょう。あの子(中居)が言うには・・・」

 2_png

驚愕の真相は次のページをご覧ください!!!!

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る