uploaded

電車で、目の覚めるような美少女を見かけた。彼氏『ブスなお前とは別れる』私「OK」→ある日。見知らぬ美女から声をかけられ、衝撃の事実が…

これって修羅場っていうのかな?

一人の男を二人の女が取り合ってない話です。

ちょっと長くなるかもだけど。

 

私子:中肉中背ひたすら美人ではない
彼男:高身長、一般人としてはイケメン

可愛子:その辺のアイドルより可愛くて綺麗
友子:可愛子の友人で美人系

化粧子:私子の友人で顔面詐欺師

 

ある日、電車の中で目の覚めるような
美少女を見かけた。

女の私でも一目ぼれしそうなほど可愛かった。

当然他の男性の目も彼女に釘付け。

私の彼氏だった彼男も彼女から目が離せない。

もうあそこまで可愛かったら、
嫉妬とか妬みなんて出したくても絞りだせない。

目の保養とか眼福とか、
いいもの見せてくれてありがとうってくらい。

 

帰り道、綺麗だったね~といいながら
彼男と一緒に帰った。


だがその日から彼男が一変。
私子の容姿を責める責める。

なんでロングヘアじゃないんだ。
なんで髪がこんなに太いんだ。

もっと細くてサラサラじゃないなんて
おかしいじゃないか。
なんで色がこんなに黒いんだ。

なんでお前はタレ目ぎみなんだ。
なんで奥二重なんだ、
二重に見えないじゃないか。

 

自分が美人ではないと知ってはいたが、
ここまでどうしようもないことで
責められるいわれはない。

テレビで女優さんやモデルさんを見るたびに、
私子を見て較べて責める。

 

腹を立てた私子は
「なんでそんなこと言うの?

そんなに言われたら私だって傷つくよ!」

すると彼男は
「あ~あ、開き直りかよみっともねぇ。

自分のブス度棚に上げて。
俺って不幸だよな。

外見悪いはそれ反省しないは、
中も外も最低女とくっつけられて。」

 

言い返すどころか、私子ぽか~ん。

元々彼男はDQNではなく、
むしろ優しい穏やかな男性だったから。

いつの間に知らない他人と入れ替わったの?
としか思えないここ数日の豹変ぶりだった。

 

今日こそは彼男が元に戻ってくれる
という思いと、
あれが本性?もう無理だという気持ちで
グラグラしていた。

 

そんな時に彼男が「別れる」と言ってきた。

 

好きな子がいると。

 

びっくりしたが、電車で見かけた
あの可愛子だと聞いて納得した。

あの子が相手なら仕方ない。

私子が敵うどころか同じ土俵に
上がる気も起きない。

 

別れを告げられた瞬間に彼男への未練は
嘘のように消えたが、
同時に「彼男に可愛子は無理じゃね?」と思った。

 

以前の優しい彼男ならともかく、
ここ数日の暴言を吐きながら
醜く顔を歪ませる彼男じゃ
どうていあの子はむりだろうと。

思ったと同時にうっかり
口にも出してしまってたようだった。

 

瞳孔が開いた目ってのを
初めて見たような気がした。

 

気が付いたら、私子は彼男に
襟首を掴まれて
ファーストフード店内の壁に
叩きつけられていた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
電車で、目の覚めるような美少女を見かけた。彼氏『ブスなお前とは別れる』私「OK」→ある日。見知らぬ美女から声をかけられ、衝撃の事実が…

これって修羅場っていうのかな?

一人の男を二人の女が取り合ってない話です。

ちょっと長くなるかもだけど。

 

私子:中肉中背ひたすら美人ではない
彼男:高身長、一般人としてはイケメン

可愛子:その辺のアイドルより可愛くて綺麗
友子:可愛子の友人で美人系

化粧子:私子の友人で顔面詐欺師

 

ある日、電車の中で目の覚めるような
美少女を見かけた。

女の私でも一目ぼれしそうなほど可愛かった。

当然他の男性の目も彼女に釘付け。

私の彼氏だった彼男も彼女から目が離せない。

もうあそこまで可愛かったら、
嫉妬とか妬みなんて出したくても絞りだせない。

目の保養とか眼福とか、
いいもの見せてくれてありがとうってくらい。

 

帰り道、綺麗だったね~といいながら
彼男と一緒に帰った。


だがその日から彼男が一変。
私子の容姿を責める責める。

なんでロングヘアじゃないんだ。
なんで髪がこんなに太いんだ。

もっと細くてサラサラじゃないなんて
おかしいじゃないか。
なんで色がこんなに黒いんだ。

なんでお前はタレ目ぎみなんだ。
なんで奥二重なんだ、
二重に見えないじゃないか。

 

自分が美人ではないと知ってはいたが、
ここまでどうしようもないことで
責められるいわれはない。

テレビで女優さんやモデルさんを見るたびに、
私子を見て較べて責める。

 

腹を立てた私子は
「なんでそんなこと言うの?

そんなに言われたら私だって傷つくよ!」

すると彼男は
「あ~あ、開き直りかよみっともねぇ。

自分のブス度棚に上げて。
俺って不幸だよな。

外見悪いはそれ反省しないは、
中も外も最低女とくっつけられて。」

 

言い返すどころか、私子ぽか~ん。

元々彼男はDQNではなく、
むしろ優しい穏やかな男性だったから。

いつの間に知らない他人と入れ替わったの?
としか思えないここ数日の豹変ぶりだった。

 

今日こそは彼男が元に戻ってくれる
という思いと、
あれが本性?もう無理だという気持ちで
グラグラしていた。

 

そんな時に彼男が「別れる」と言ってきた。

 

好きな子がいると。

 

びっくりしたが、電車で見かけた
あの可愛子だと聞いて納得した。

あの子が相手なら仕方ない。

私子が敵うどころか同じ土俵に
上がる気も起きない。

 

別れを告げられた瞬間に彼男への未練は
嘘のように消えたが、
同時に「彼男に可愛子は無理じゃね?」と思った。

 

以前の優しい彼男ならともかく、
ここ数日の暴言を吐きながら
醜く顔を歪ませる彼男じゃ
どうていあの子はむりだろうと。

思ったと同時にうっかり
口にも出してしまってたようだった。

 

瞳孔が開いた目ってのを
初めて見たような気がした。

 

気が付いたら、私子は彼男に
襟首を掴まれて
ファーストフード店内の壁に
叩きつけられていた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る