uploaded

2歳の娘『ママ、お友達に虐められてる』俺「え?」『ママが絶対に言うなって』「そっか、」 → 娘『あのお兄ちゃん、嫌い』「お兄ちゃん?」 → レコーダーを設置した結果・・・

俺は給料良かったんで嫁は専業だった。

ある日比較的近距離の義母から、

「子供の一番可愛い時なんだから、

もう少し仕事セーブさせてあげられないの?

子供が可哀想だよ」と、内々に俺に相談があった。

全く意味不明だったが、動揺を隠して

それとなく聞いてみると、嫁の馬鹿、

ほぼ毎日子供を義母に預けていたことが発覚。

バイト始めたから、という理由だった。

ただ、この時点では外出の理由が浮気だとは

思ってなくて、友達と遊んでるだけだと思ってた。

彼女、まだまだ若かったし

周りの友達は独身ばっかりだったからね。

親には言いづらいから仕事を理由にしてるんだなと。

だから彼女には正面から

「子供も可哀想だしお母さんだって

大変なんだから、外出はもっとセーブしろ」と注意したんだ。

そしたら嫁、

「ごめんね、そうだよね、ちょっとセーブするね」

とテヘッ、みたいに舌を出して反省した素振りをしてた。

それから義母に預けることはピタッと無くなった。

俺、心の何処かで母親とはいえ、

まだまだ若いのに子育てに四六時中従事

させていることに少しだけ罪悪感感じてたんだ。

本当はもっと遊びたい年齢なのに、家に閉じ込めるみたいな。

だから早く仕事が終わった時は

俺が率先して家事をしてたし、

休みの日は自由に外出させてたんだ。

だけど、子供と二人きりのある時、娘にボソッと言われたんだ。

「ママ、お友達に虐められてる」って。

涙を目に一杯浮かべながらさ。

愕然としたね。

普段の彼女からはそんな素振り全く見えなかったから、

これは何かの事件か?と思ったくらい。

娘に聞いても「ママが絶対に言うなっていったから」と

首を横にブンブン振って何も話してくれなかった。

泣きじゃくる娘見てこれ以上は

聞いちゃいけないと思ったんだけど、

一言「あのお兄ちゃん、嫌い」とだけ言った。

お兄ちゃん?男?虐め?

普段の嫁の雰囲気からそんな状況は

全く感じ取れなかったんで、益々混乱した。

そんな不器用で気のつかない俺に、

相談した友人が一言言った。

「それ、浮気じゃねえの?」って。

こいつ何言ってんだ状態だったけど、

そいつの提案は今思うと適格だった。

子供のお昼寝タイムに男を連れ込んでいる、

だからボイスレコーダー仕掛けとけって。

疑心暗鬼というよりも、嫁がそんな事するは

ずないと信じて疑わなかったけど、

とりあえず煩いので仕事で使っている

レコーダーを仕掛けることにした。

寝室のベッドにレコーダー仕掛けてる時、

嫁に申し訳ない気持ちで少し悲しくなったくらい。

本当にバカな俺。

翌日、会社で中身確認したら、

一発目で真っ黒。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
2歳の娘『ママ、お友達に虐められてる』俺「え?」『ママが絶対に言うなって』「そっか、」 → 娘『あのお兄ちゃん、嫌い』「お兄ちゃん?」 → レコーダーを設置した結果・・・

俺は給料良かったんで嫁は専業だった。

ある日比較的近距離の義母から、

「子供の一番可愛い時なんだから、

もう少し仕事セーブさせてあげられないの?

子供が可哀想だよ」と、内々に俺に相談があった。

全く意味不明だったが、動揺を隠して

それとなく聞いてみると、嫁の馬鹿、

ほぼ毎日子供を義母に預けていたことが発覚。

バイト始めたから、という理由だった。

ただ、この時点では外出の理由が浮気だとは

思ってなくて、友達と遊んでるだけだと思ってた。

彼女、まだまだ若かったし

周りの友達は独身ばっかりだったからね。

親には言いづらいから仕事を理由にしてるんだなと。

だから彼女には正面から

「子供も可哀想だしお母さんだって

大変なんだから、外出はもっとセーブしろ」と注意したんだ。

そしたら嫁、

「ごめんね、そうだよね、ちょっとセーブするね」

とテヘッ、みたいに舌を出して反省した素振りをしてた。

それから義母に預けることはピタッと無くなった。

俺、心の何処かで母親とはいえ、

まだまだ若いのに子育てに四六時中従事

させていることに少しだけ罪悪感感じてたんだ。

本当はもっと遊びたい年齢なのに、家に閉じ込めるみたいな。

だから早く仕事が終わった時は

俺が率先して家事をしてたし、

休みの日は自由に外出させてたんだ。

だけど、子供と二人きりのある時、娘にボソッと言われたんだ。

「ママ、お友達に虐められてる」って。

涙を目に一杯浮かべながらさ。

愕然としたね。

普段の彼女からはそんな素振り全く見えなかったから、

これは何かの事件か?と思ったくらい。

娘に聞いても「ママが絶対に言うなっていったから」と

首を横にブンブン振って何も話してくれなかった。

泣きじゃくる娘見てこれ以上は

聞いちゃいけないと思ったんだけど、

一言「あのお兄ちゃん、嫌い」とだけ言った。

お兄ちゃん?男?虐め?

普段の嫁の雰囲気からそんな状況は

全く感じ取れなかったんで、益々混乱した。

そんな不器用で気のつかない俺に、

相談した友人が一言言った。

「それ、浮気じゃねえの?」って。

こいつ何言ってんだ状態だったけど、

そいつの提案は今思うと適格だった。

子供のお昼寝タイムに男を連れ込んでいる、

だからボイスレコーダー仕掛けとけって。

疑心暗鬼というよりも、嫁がそんな事するは

ずないと信じて疑わなかったけど、

とりあえず煩いので仕事で使っている

レコーダーを仕掛けることにした。

寝室のベッドにレコーダー仕掛けてる時、

嫁に申し訳ない気持ちで少し悲しくなったくらい。

本当にバカな俺。

翌日、会社で中身確認したら、

一発目で真っ黒。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る