uploaded

ヒトラーの妻、エヴァ・ブラウンにまつわる10の悲劇

1945年4月30日、総統地下壕でソ連軍の襲撃を待ち受ける中、アドルフ・ヒトラーは自らとその傍にいた新妻エヴァ・ブラウンの命を断った。

エヴァ・ブラウンが語られる際、ヒトラーと死を共にした情婦以上の扱いを受けることは少ない。世界史になんら意味合いを持たなかったという意味で、「歴史家を大いに失望させた」とすら記されることもある。

こうした政治への影響力の少なさにかかわらず、彼女の物語は興味を掻き立てる。ナチスの独裁者を心から愛した女性であり、その愛ゆえに苦しんだ。エヴァ・ブラウンとアドルフ・ヒトラーの物語は、シェイクスピアの悲劇に勝るとも劣らない悲恋である。愛した男性は、たまたま独裁者というだけだったのだ。

2_png

 

 

続きは次のページをご覧ください

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
ヒトラーの妻、エヴァ・ブラウンにまつわる10の悲劇

1945年4月30日、総統地下壕でソ連軍の襲撃を待ち受ける中、アドルフ・ヒトラーは自らとその傍にいた新妻エヴァ・ブラウンの命を断った。

エヴァ・ブラウンが語られる際、ヒトラーと死を共にした情婦以上の扱いを受けることは少ない。世界史になんら意味合いを持たなかったという意味で、「歴史家を大いに失望させた」とすら記されることもある。

こうした政治への影響力の少なさにかかわらず、彼女の物語は興味を掻き立てる。ナチスの独裁者を心から愛した女性であり、その愛ゆえに苦しんだ。エヴァ・ブラウンとアドルフ・ヒトラーの物語は、シェイクスピアの悲劇に勝るとも劣らない悲恋である。愛した男性は、たまたま独裁者というだけだったのだ。

2_png

 

 

続きは次のページをご覧ください

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る