uploaded

【感動する話】昔話『天国と地獄』

10082

地獄にある食堂のテーブルの上には、

たくさんの美味しそうなお料理が乗っています。

 

食事の時間になると、

地獄にいる人間達が食堂に続々と入ってきます。

 

彼らはいつも愚痴ばかりで不平不満をこぼしてます。

 

その性格が滲み出てるのか顔まで嫌な顔。

体は餓鬼ように骨と皮だけのやせ細った手足に、

ぽっこりと膨らんだお腹をしています。

 

みんなテーブルを囲んで席に着きました。

 

テーブルの上には長い長いお箸が置いてあります。

手で食事をする事を禁じられているので、

その長いお箸を使って食事をしなくてはなりません。

 

彼らは必死にそのお箸でご馳走を食べようとするのですが、

お箸が長すぎて自分の口に食べ物が入りません。

 

結局、何も食べる事ができず、

空腹のまま愚痴をこぼしながら食堂を出ていきました。

 

一方、天国の食堂はというと、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【感動する話】昔話『天国と地獄』

10082

地獄にある食堂のテーブルの上には、

たくさんの美味しそうなお料理が乗っています。

 

食事の時間になると、

地獄にいる人間達が食堂に続々と入ってきます。

 

彼らはいつも愚痴ばかりで不平不満をこぼしてます。

 

その性格が滲み出てるのか顔まで嫌な顔。

体は餓鬼ように骨と皮だけのやせ細った手足に、

ぽっこりと膨らんだお腹をしています。

 

みんなテーブルを囲んで席に着きました。

 

テーブルの上には長い長いお箸が置いてあります。

手で食事をする事を禁じられているので、

その長いお箸を使って食事をしなくてはなりません。

 

彼らは必死にそのお箸でご馳走を食べようとするのですが、

お箸が長すぎて自分の口に食べ物が入りません。

 

結局、何も食べる事ができず、

空腹のまま愚痴をこぼしながら食堂を出ていきました。

 

一方、天国の食堂はというと、

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る