uploaded

シッポを振りながら殺処分へと向かう子犬。保健所の元職員が綴った叫びに、胸が張り裂けそうになった。

シッポを振りながら殺処分へと向かう子犬。
保健所の元職員が綴った叫びに、胸が張り裂けそうになった。

保健所に犬が連れてこられると、飼い主からの連絡を待つ期間が数日間あります。

その犬が飼い主とはぐれてしまったペットであれば、飼い主が必死になって探しているかもしれないからです。 

保健所で犬が保護されているこの期間、犬たちの世話をしているのは保健所の職員たちです。

餌をやり、便を片付け、外に出してやったり、頭を撫でてやったり、慣れない場所で

犬たちが安心できるようできる限りのことをしてやるそうです。

その待ち期間が終わりを告げると、飼い主からの連絡がなかった犬の中には譲歩されるチャンスが与えられる犬もいます。

新しい家族が見つかれば幸いですが、見つからなかった場合、日本ではその犬の命の終わりを意味します。

毎週、数日間とはいえ、可愛がっていた犬たちを殺処分へと送り出さなければならない

職員の心境がどんなものか、考えたことはありますか?

先日、Facebook にシェアされたこちらの文章が話題になっています。

保健所で動物の殺処分を担当していた職員の視点から書かれたものです。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

3

 

iqos111

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
シッポを振りながら殺処分へと向かう子犬。保健所の元職員が綴った叫びに、胸が張り裂けそうになった。

シッポを振りながら殺処分へと向かう子犬。
保健所の元職員が綴った叫びに、胸が張り裂けそうになった。

保健所に犬が連れてこられると、飼い主からの連絡を待つ期間が数日間あります。

その犬が飼い主とはぐれてしまったペットであれば、飼い主が必死になって探しているかもしれないからです。 

保健所で犬が保護されているこの期間、犬たちの世話をしているのは保健所の職員たちです。

餌をやり、便を片付け、外に出してやったり、頭を撫でてやったり、慣れない場所で

犬たちが安心できるようできる限りのことをしてやるそうです。

その待ち期間が終わりを告げると、飼い主からの連絡がなかった犬の中には譲歩されるチャンスが与えられる犬もいます。

新しい家族が見つかれば幸いですが、見つからなかった場合、日本ではその犬の命の終わりを意味します。

毎週、数日間とはいえ、可愛がっていた犬たちを殺処分へと送り出さなければならない

職員の心境がどんなものか、考えたことはありますか?

先日、Facebook にシェアされたこちらの文章が話題になっています。

保健所で動物の殺処分を担当していた職員の視点から書かれたものです。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

3

 

iqos111

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る