uploaded

夜の橋で、自害寸前の女を発見!俺「大丈夫ですか?」女『ガクガク』俺「(うわ、顔アザだらけだ)」→警察に連絡しようとすると・・・・・

ちと重い話だが・・・

俺は当時実家住みで、実家はものすごい僻地ってか山奥
リアルに、隣の家が100m離れてるレベル
勿論街灯なんかも殆ど無く、夜は真っ暗

ある冬の日、夜中にタバコ吸いつつ歩きながら近くの川がある橋へ
するとぼんやり人影が

幽霊!?と驚きつつ、よく見たら生きてる人
何かを抱きかかえて、橋から今にも身を乗り出し
落ちていきそうだった

こんな夜中、しかも冬にと驚いて、
「何してる!?」
と大きい声を出してしまった

すると、その人影はよほどビックリしたのかビクッと
小さく飛び上がって橋の手すりのそばで座り込んでしまった

走って近づくと、
大きなストールを頭からすっぽりかぶった女の人だった
手には、毛布にくるんだ赤ん坊が眠ってた

女の人は、顔はよく見えなかったがガタガタ震えてた
後から分かるが、それは寒さのせいじゃなかった

俺は、ピンと来た
多分だが、自殺だろうと

とりあえず、見てしまったし
思わずだが声までかけてしまったので
「あの・・・大丈夫ですか」
と声をかけて手を伸ばした

すると女の人は、ヒッと小さく息を吸って身を引いておびえ始めたんだ

怯えてはいるけど、見てしまった以上ほっとけなかった俺は
とにかく大丈夫かと声をかけなかば強引に実家に連れて帰った

明るい場所に出て俺はびびった
彼女、顔が痣だらけだったんだ
ストールをすっぽりかぶってたのは、
顔を隠すためだったんだろう

彼女は、ずっと
「すみません、もう大丈夫です
すみません、すみません」
と力無く言い続けて涙をこぼし始めた

2_png

続きは次のページをご覧ください

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
夜の橋で、自害寸前の女を発見!俺「大丈夫ですか?」女『ガクガク』俺「(うわ、顔アザだらけだ)」→警察に連絡しようとすると・・・・・

ちと重い話だが・・・

俺は当時実家住みで、実家はものすごい僻地ってか山奥
リアルに、隣の家が100m離れてるレベル
勿論街灯なんかも殆ど無く、夜は真っ暗

ある冬の日、夜中にタバコ吸いつつ歩きながら近くの川がある橋へ
するとぼんやり人影が

幽霊!?と驚きつつ、よく見たら生きてる人
何かを抱きかかえて、橋から今にも身を乗り出し
落ちていきそうだった

こんな夜中、しかも冬にと驚いて、
「何してる!?」
と大きい声を出してしまった

すると、その人影はよほどビックリしたのかビクッと
小さく飛び上がって橋の手すりのそばで座り込んでしまった

走って近づくと、
大きなストールを頭からすっぽりかぶった女の人だった
手には、毛布にくるんだ赤ん坊が眠ってた

女の人は、顔はよく見えなかったがガタガタ震えてた
後から分かるが、それは寒さのせいじゃなかった

俺は、ピンと来た
多分だが、自殺だろうと

とりあえず、見てしまったし
思わずだが声までかけてしまったので
「あの・・・大丈夫ですか」
と声をかけて手を伸ばした

すると女の人は、ヒッと小さく息を吸って身を引いておびえ始めたんだ

怯えてはいるけど、見てしまった以上ほっとけなかった俺は
とにかく大丈夫かと声をかけなかば強引に実家に連れて帰った

明るい場所に出て俺はびびった
彼女、顔が痣だらけだったんだ
ストールをすっぽりかぶってたのは、
顔を隠すためだったんだろう

彼女は、ずっと
「すみません、もう大丈夫です
すみません、すみません」
と力無く言い続けて涙をこぼし始めた

2_png

続きは次のページをご覧ください

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る