uploaded

勝ち誇った顔の間男「俺さんの今の奥さん見せてくださいよ」俺『止めといたほうがいいと思いますけど(笑)』 → 嫁『ちょっと、何してん・・・』間男「!?」

つい先日、嫁方の実家の帰りにホームセンターに行ったら、 
ばったり間男達と合ったよ。 

初め、間男は勝ち誇った感じで色々言って来たけど、 
後になって、顔面蒼白にしながら悔しそうだったな。 
正直、元嫁は、あまり幸せそうじゃなかったね。 
もう過ぎ去りし事だし、今は今って感じ。

今となっては、お互い様でしょうにw

だって、こっちも最愛の人を奪ったんだからねぇ。
 何せ、間娘と間嫁を奪ったんだからねwww


3年前で、元嫁の浮気が発覚したのが事の発端。
 当時、結婚2年目。元嫁と付き合って5年目の時でした。

 元嫁は派遣で事務の仕事をしていたのですが、
 派遣先の結構大きな会社の、本社勤務の部長と不倫関係になっていました。
 元嫁と間男の年齢差が17歳・・・当時、判った時は自失呆然としましたね。

 元嫁と間男の関係の切っ掛けは、元嫁が仕事で大きなミスしてしまい、
 間男がそのフォローをし、そのお礼にお茶した事が始まりらしいです。

 元嫁の言い分として、「自分は優しく大切にしてくれる所が好きだったが、
 間男は俺と違って、男らしく勢いのある部分に引かれてしまった。」と。

 俺もこの言葉には呆れ果ててしまい、流石に元嫁に対する愛情が散華しましたが。

俺 :27歳 中堅企業に勤める、しがないサラリーマン。
 元嫁:27歳 派遣で間男の会社に勤めるOL。
 夫婦間に子供は無し。

 間男:44歳 本社勤務の部長、色々と「やり手」の人だったそうです。
 間嫁:37歳 温和な性格で、見た目より若く見えた(30代前半に)。
 間娘:17歳 元々はパパ大好きっ子だったんですが、この件で・・・

元嫁と間男の関係は、自分と結婚する1年前から始まったようで、
 結婚するに当たって、色々と現実を見据える事となり、
 「『恋愛』という夢から、『結婚』という現実」に変わった事で、
 元嫁の中に色々と、不安やら不満が蓄積してきたのが、
 1つの原因だったのかなと、今振り返れば、そうだと思います。

それに自分が、それなりに重い仕事を任せられる様になった事もあり、
 元嫁への時間や気遣いを以前程してやれなくなった事も、
また1つの原因だったと思います。

そんな擦れ違いの生活の中で、生み出された「歪み」が私達を
悲劇の舞台へと上がる原因となったのかもしれません。

結婚後も自分は仕事に追われ、なかなか元嫁に寄り添えず、
また彼女が以前程、自分に接しようとしなくなったのは、
 全て自分の責任だと思っていました。

そんな生活が続いて3年、夫婦生活もありましたが淡白で、
 元嫁から拒否される事が段々と増えてきました。

また仕事や、その付き合いで帰りが遅くなる事も多くなり、
 「まさか、浮気か!?」という、疑念が自分の膨れていく様に
 なりました。

 流石に愛している人間を疑う事にも、罪悪感を感じましたし、
そういう自分に対して嫌悪感を持つようになりました。

それでも疑念は晴れず、また気分は「闇」という底無し沼に
飲み込まれる感覚でした。

そんな中、ある休日の事。

2_png

続きは次のページをご覧ください

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
勝ち誇った顔の間男「俺さんの今の奥さん見せてくださいよ」俺『止めといたほうがいいと思いますけど(笑)』 → 嫁『ちょっと、何してん・・・』間男「!?」

つい先日、嫁方の実家の帰りにホームセンターに行ったら、 
ばったり間男達と合ったよ。 

初め、間男は勝ち誇った感じで色々言って来たけど、 
後になって、顔面蒼白にしながら悔しそうだったな。 
正直、元嫁は、あまり幸せそうじゃなかったね。 
もう過ぎ去りし事だし、今は今って感じ。

今となっては、お互い様でしょうにw

だって、こっちも最愛の人を奪ったんだからねぇ。
 何せ、間娘と間嫁を奪ったんだからねwww


3年前で、元嫁の浮気が発覚したのが事の発端。
 当時、結婚2年目。元嫁と付き合って5年目の時でした。

 元嫁は派遣で事務の仕事をしていたのですが、
 派遣先の結構大きな会社の、本社勤務の部長と不倫関係になっていました。
 元嫁と間男の年齢差が17歳・・・当時、判った時は自失呆然としましたね。

 元嫁と間男の関係の切っ掛けは、元嫁が仕事で大きなミスしてしまい、
 間男がそのフォローをし、そのお礼にお茶した事が始まりらしいです。

 元嫁の言い分として、「自分は優しく大切にしてくれる所が好きだったが、
 間男は俺と違って、男らしく勢いのある部分に引かれてしまった。」と。

 俺もこの言葉には呆れ果ててしまい、流石に元嫁に対する愛情が散華しましたが。

俺 :27歳 中堅企業に勤める、しがないサラリーマン。
 元嫁:27歳 派遣で間男の会社に勤めるOL。
 夫婦間に子供は無し。

 間男:44歳 本社勤務の部長、色々と「やり手」の人だったそうです。
 間嫁:37歳 温和な性格で、見た目より若く見えた(30代前半に)。
 間娘:17歳 元々はパパ大好きっ子だったんですが、この件で・・・

元嫁と間男の関係は、自分と結婚する1年前から始まったようで、
 結婚するに当たって、色々と現実を見据える事となり、
 「『恋愛』という夢から、『結婚』という現実」に変わった事で、
 元嫁の中に色々と、不安やら不満が蓄積してきたのが、
 1つの原因だったのかなと、今振り返れば、そうだと思います。

それに自分が、それなりに重い仕事を任せられる様になった事もあり、
 元嫁への時間や気遣いを以前程してやれなくなった事も、
また1つの原因だったと思います。

そんな擦れ違いの生活の中で、生み出された「歪み」が私達を
悲劇の舞台へと上がる原因となったのかもしれません。

結婚後も自分は仕事に追われ、なかなか元嫁に寄り添えず、
また彼女が以前程、自分に接しようとしなくなったのは、
 全て自分の責任だと思っていました。

そんな生活が続いて3年、夫婦生活もありましたが淡白で、
 元嫁から拒否される事が段々と増えてきました。

また仕事や、その付き合いで帰りが遅くなる事も多くなり、
 「まさか、浮気か!?」という、疑念が自分の膨れていく様に
 なりました。

 流石に愛している人間を疑う事にも、罪悪感を感じましたし、
そういう自分に対して嫌悪感を持つようになりました。

それでも疑念は晴れず、また気分は「闇」という底無し沼に
飲み込まれる感覚でした。

そんな中、ある休日の事。

2_png

続きは次のページをご覧ください

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る