uploaded

先輩「…してあげるから脱いで…」俺『ご、ごめんなさい…』→すると、先輩は今までに聞いた事の無い声で、恐ろしいことを…

2年くらい前の修羅場です。ちょっとクセのある話ですけど・・・。 

当時の情報 
・俺(部下男):二十代前半 
・上司男:三十代前半 
・A子(上司男>A子>部下男):二十代後半 

導入が長いですが聞いてください。 

入社当時から、すごく馬の合わない先輩(上司男)がいた。
誰ともあまりしゃべらないが、俺とはとくにしゃべってくれない。
たぶん、無駄に明るい俺のことを煙たがっていたんだと思う。
話すことは業務連絡のみ、とくにお互い干渉することなく仕事をしていた。

入社して三年目、外回りで、その先輩と二人組になってしまった。
しかも期間が3ヶ月ぐらい。それを聞いたときは会社に行くのも嫌だった。
二人でいても、無駄話などいっさいしない。移動中も本当に苦痛だった。

が。ここから急展開がある。

真夏にガンガン外回りをしたことがなかった自分は、熱中症になってしまった。
何言われるかわからないと思ったが、歩くのさえしんどくなってしまって、
上司男に休みたい旨を伝えたら、突然あたふたしだして、心底びっくりした。

たまたまその場所が上司男のマンションに近かったため、連れていかれて、
「気づいてやれなくて悪かった。後は俺がやるから、休んでいなさい。」
と言われてベッドに寝かされて、いまでも不思議だが泣いてしまった。

それから急接近した俺たちは、半年後ぐらいに付き合うことになった。
一回り違ったし、なにより相手は男だし、けどなんだか惚れてしまった。

上司男と付き合って一年ぐらい経った頃だった。

いままで「いたなぁ」程度に思っていたA子先輩が、やたらと自分に絡んでくるようになった。
お世辞にも美人ではないが、明るくて笑顔がかわいかったから、男性社員にも人気だった。
そんな人にチヤホヤされたら、そりゃ嬉しくないはずがない。少し意識するようになった。
それに加えて、「あまりA子さんと仲良くするんじゃない。」って、
上司男がめったにないヤキモチを焼くもんだから、調子に乗っちゃって。

ある日のことだった。
「部下男くんに折り入ってお話があるんだけど、お邪魔していいかな・・・?」
これはもしかして・・・!と思って、理性で断らなきゃとは思ったが、
女性に好意を持たれるというのが初めてで、ちょっと期待してしまった。
男一人暮らしの部屋に、女性を一人招きいれる。これが意味することは一つだ。

部屋について落ち着くなり、
「お話ってなんでしょうか?」
とwktkしながら聞いたら、即告白された。
はっきり言って、困ったフリしながらもすごく興奮した。
しかも、いきなり誘われて、えっちしたいと。

「シテあげるから、脱いで・・・?」A子が迫ってきた。

2_png

続きは次のページをご覧ください

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
先輩「…してあげるから脱いで…」俺『ご、ごめんなさい…』→すると、先輩は今までに聞いた事の無い声で、恐ろしいことを…

2年くらい前の修羅場です。ちょっとクセのある話ですけど・・・。 

当時の情報 
・俺(部下男):二十代前半 
・上司男:三十代前半 
・A子(上司男>A子>部下男):二十代後半 

導入が長いですが聞いてください。 

入社当時から、すごく馬の合わない先輩(上司男)がいた。
誰ともあまりしゃべらないが、俺とはとくにしゃべってくれない。
たぶん、無駄に明るい俺のことを煙たがっていたんだと思う。
話すことは業務連絡のみ、とくにお互い干渉することなく仕事をしていた。

入社して三年目、外回りで、その先輩と二人組になってしまった。
しかも期間が3ヶ月ぐらい。それを聞いたときは会社に行くのも嫌だった。
二人でいても、無駄話などいっさいしない。移動中も本当に苦痛だった。

が。ここから急展開がある。

真夏にガンガン外回りをしたことがなかった自分は、熱中症になってしまった。
何言われるかわからないと思ったが、歩くのさえしんどくなってしまって、
上司男に休みたい旨を伝えたら、突然あたふたしだして、心底びっくりした。

たまたまその場所が上司男のマンションに近かったため、連れていかれて、
「気づいてやれなくて悪かった。後は俺がやるから、休んでいなさい。」
と言われてベッドに寝かされて、いまでも不思議だが泣いてしまった。

それから急接近した俺たちは、半年後ぐらいに付き合うことになった。
一回り違ったし、なにより相手は男だし、けどなんだか惚れてしまった。

上司男と付き合って一年ぐらい経った頃だった。

いままで「いたなぁ」程度に思っていたA子先輩が、やたらと自分に絡んでくるようになった。
お世辞にも美人ではないが、明るくて笑顔がかわいかったから、男性社員にも人気だった。
そんな人にチヤホヤされたら、そりゃ嬉しくないはずがない。少し意識するようになった。
それに加えて、「あまりA子さんと仲良くするんじゃない。」って、
上司男がめったにないヤキモチを焼くもんだから、調子に乗っちゃって。

ある日のことだった。
「部下男くんに折り入ってお話があるんだけど、お邪魔していいかな・・・?」
これはもしかして・・・!と思って、理性で断らなきゃとは思ったが、
女性に好意を持たれるというのが初めてで、ちょっと期待してしまった。
男一人暮らしの部屋に、女性を一人招きいれる。これが意味することは一つだ。

部屋について落ち着くなり、
「お話ってなんでしょうか?」
とwktkしながら聞いたら、即告白された。
はっきり言って、困ったフリしながらもすごく興奮した。
しかも、いきなり誘われて、えっちしたいと。

「シテあげるから、脱いで・・・?」A子が迫ってきた。

2_png

続きは次のページをご覧ください

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る