uploaded

何年も飼育放棄され捨てられた犬は、犬種が分からないほど毛むくじゃらになっていた。数時間後、トリミングを終えたときの犬のリアクションに涙が出そうになった。

2014年6月10日、ボランティアで犬のトリミング活動をしているグループが、

千葉県動物愛護センターで一頭の犬に出会いました。

 捨てられていたのを保護されたオスの大型犬とのことでしたが、

トリマーたちはこの犬の状態を見て言葉を失ってしまいます。

雄犬は全身の毛が顔や体の輪郭が分からないほどに伸びきっていたのです。

一体どれくらいの間手入れされていなかったのか、全体的に茶色く薄汚れ、

胴体から後ろ足にかけては毛が絡まってごわごわとしたドレッド状態になっていました。

犬種が「シルバーのスタンダード・プードル」だなんて、とても信じられません。

こんな状態になるまでに何があったのかは誰にも分かりませんでしたが、

元の飼い主によって飼育放棄されていたことは明らかでした。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

3

 

iqos111

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
何年も飼育放棄され捨てられた犬は、犬種が分からないほど毛むくじゃらになっていた。数時間後、トリミングを終えたときの犬のリアクションに涙が出そうになった。

2014年6月10日、ボランティアで犬のトリミング活動をしているグループが、

千葉県動物愛護センターで一頭の犬に出会いました。

 捨てられていたのを保護されたオスの大型犬とのことでしたが、

トリマーたちはこの犬の状態を見て言葉を失ってしまいます。

雄犬は全身の毛が顔や体の輪郭が分からないほどに伸びきっていたのです。

一体どれくらいの間手入れされていなかったのか、全体的に茶色く薄汚れ、

胴体から後ろ足にかけては毛が絡まってごわごわとしたドレッド状態になっていました。

犬種が「シルバーのスタンダード・プードル」だなんて、とても信じられません。

こんな状態になるまでに何があったのかは誰にも分かりませんでしたが、

元の飼い主によって飼育放棄されていたことは明らかでした。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

3

 

iqos111

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る