uploaded

隣が母子家庭だったんだが、母親「仕事があるんだけど娘(16)が熱だしているから見て欲しい」→俺『いいですよ』→結果…。

俺の親父が熱だして今日当番医に行ってきたけど
待ってる間に嫁と付き合うきっかけが嫁を看病した事だと思い出した

出会った時は俺25の嫁16
俺が安いアパートを見つけてに引っ越してきた時にお隣さんにいた母子家庭の一人娘だった
ロフト付1Kのアパートで家賃も安いけど
いくら二人暮らしとはいえ広いとは言えないような部屋
引っ越しの挨拶をして3ヵ月は挨拶位で何も無かった
嫁の母とは少し会話する位で嫁の名前もうろ覚えな程度
ちょうど今頃の時期だったと思うんだけど
休みよ日に昼寝してたら呼び鈴が鳴るので出てみると嫁母がいて
仕事があるんだけど嫁が熱だしているから見て欲しい
近くに頼れる人もいないからお願いしたいと必死なので
俺は嫁家族の部屋に行って様子をみる事にした
嫁は当番医で貰ってきた薬を飲んで寝ているので
とりあえず食べられそうな物を作っていたら
嫁が目を覚まして声をかけてきた

嫁は母親だと思っていたようだがすぐに俺だと気付いて
パジャマ姿の嫁は恥ずかしさからか布団に潜り込んだ
顔だけ出しながらなぜ俺がいるのか聞かれたので
嫁の母親から頼まれたと言うと
母親は人を信用し過ぎるとボヤいた
料理のいい匂いで目が覚めたようで
少し何か食べたいという嫁に俺はおかゆを出した
実家から送られてきたフグがあったので
それを出汁にして作ったおかゆを嫁は美味しいと言って食べた
俺も食べるはずだったのだが嫁が全て食べてしまった
熱を計ってみると38℃を少し切る位まで下がり
嫁の母親が帰って来るまで嫁とお話をした
父親は2歳で死別してるから父親の記憶が無いようで
母親が女手一つで育ててくれた事
今母親とうまく行ってない事など色々話てくれた
俺は聞くことしか出来なかったけど
何かあったら隣にいるから俺を頼りなよと言ってあげた
嫁は安心したのか腹が満たされたのか
また欠伸をしてウトウトし始めたので
俺は嫁の頭を撫でながら嫁を寝かしつけた
片付けをしていたら嫁の母親が帰ってきたので
俺は熱が下がってきてる事と食事をしてまた薬を飲んだことを伝えて戻った
一週間位して嫁の母親と玄関で会った時に
嫁が俺の事ばかりを話すんだと教えてくれた
料理が旨いとか頼ってもいいよとか
頭を撫でてくれて凄く安心したとか
同じ事を何回も話すと聞いてかわいいなと思った
嫁の母親からは迷惑じゃなければ娘と友達でいてやって欲しいといわれ
俺は快くいいですよと伝えた

続きは次のページをご覧ください

2_png

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
隣が母子家庭だったんだが、母親「仕事があるんだけど娘(16)が熱だしているから見て欲しい」→俺『いいですよ』→結果…。

俺の親父が熱だして今日当番医に行ってきたけど
待ってる間に嫁と付き合うきっかけが嫁を看病した事だと思い出した

出会った時は俺25の嫁16
俺が安いアパートを見つけてに引っ越してきた時にお隣さんにいた母子家庭の一人娘だった
ロフト付1Kのアパートで家賃も安いけど
いくら二人暮らしとはいえ広いとは言えないような部屋
引っ越しの挨拶をして3ヵ月は挨拶位で何も無かった
嫁の母とは少し会話する位で嫁の名前もうろ覚えな程度
ちょうど今頃の時期だったと思うんだけど
休みよ日に昼寝してたら呼び鈴が鳴るので出てみると嫁母がいて
仕事があるんだけど嫁が熱だしているから見て欲しい
近くに頼れる人もいないからお願いしたいと必死なので
俺は嫁家族の部屋に行って様子をみる事にした
嫁は当番医で貰ってきた薬を飲んで寝ているので
とりあえず食べられそうな物を作っていたら
嫁が目を覚まして声をかけてきた

嫁は母親だと思っていたようだがすぐに俺だと気付いて
パジャマ姿の嫁は恥ずかしさからか布団に潜り込んだ
顔だけ出しながらなぜ俺がいるのか聞かれたので
嫁の母親から頼まれたと言うと
母親は人を信用し過ぎるとボヤいた
料理のいい匂いで目が覚めたようで
少し何か食べたいという嫁に俺はおかゆを出した
実家から送られてきたフグがあったので
それを出汁にして作ったおかゆを嫁は美味しいと言って食べた
俺も食べるはずだったのだが嫁が全て食べてしまった
熱を計ってみると38℃を少し切る位まで下がり
嫁の母親が帰って来るまで嫁とお話をした
父親は2歳で死別してるから父親の記憶が無いようで
母親が女手一つで育ててくれた事
今母親とうまく行ってない事など色々話てくれた
俺は聞くことしか出来なかったけど
何かあったら隣にいるから俺を頼りなよと言ってあげた
嫁は安心したのか腹が満たされたのか
また欠伸をしてウトウトし始めたので
俺は嫁の頭を撫でながら嫁を寝かしつけた
片付けをしていたら嫁の母親が帰ってきたので
俺は熱が下がってきてる事と食事をしてまた薬を飲んだことを伝えて戻った
一週間位して嫁の母親と玄関で会った時に
嫁が俺の事ばかりを話すんだと教えてくれた
料理が旨いとか頼ってもいいよとか
頭を撫でてくれて凄く安心したとか
同じ事を何回も話すと聞いてかわいいなと思った
嫁の母親からは迷惑じゃなければ娘と友達でいてやって欲しいといわれ
俺は快くいいですよと伝えた

続きは次のページをご覧ください

2_png

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る