uploaded

母のシを機に40歳ニートの兄を捨てて逃げて1X年がたち、好奇心に負けて実家を見に行ったら…

母が死んだ
これでふた親とも居なくなった
葬儀では兄がお飾りの喪主になった
葬儀屋にいいように搾取されている兄に助言をしても、
「女が横から口挟むな」で終了
兄は作法も何も知らず恥ずかしい思いをしたがそれも最後

 
相続については全部放棄するからと伝えると、
兄は嬉しさを噛み殺しながら
「いや、そんな訳にもいけん。あのXX(ガラクタ)とか
 ○○(土地。金にならん。税金かかるだけ)とか…」
「兄さんがお母さんを最期まで見たんだし、
 私は受け取るべきじゃないから」
と固辞したら、「む、それもそうか」とご満悦
兄はなーんもしてないんだから、「見た」だけだけどね

丸投げされた介護に必要なことはちゃんとしたし、
好きな食べ物もなるべく良い物を買ってきてあげた
本当は旅行とかに連れて行ってあげたかったけれど、
兄にめちゃくちゃにされるから断念した
でも、それなりに使えたから遺された貯金はわずかだけど、
知らないんだろうね
まあ借金はないから、そんなにひどい状況じゃなかったよ

もう母が長くないことは分かってたから、
私はあい間に着々と引っ越し準備
あとはとりあえず見つけた住み込みの仕事先まで、
バッグひとつで逃げるだけ
ぱっと見は分からないように、色んな物
(ノートとか筆記用具とか衣類とか)が残ってるように見えるけど、
全部要らない物だよ

ニートで一度も仕事に就かず、もう40になった兄
父親と一緒に私の婚約を2度までも壊した兄
兄を甘やかした父親が死んだら畑切り売りして遊んだ兄
そんな兄を甘やかしはしないまでも
止めずに言われるままに土地を売り、お金を渡した母
私も母と一緒で、兄に寄生されても家にお金を入れてたから同罪
私に責める資格なんかないよ

でも兄と一緒に落ちるつもりもない
兄は私にこれからも面倒を見てもらえると思ってるけど、
父親はともかく母は好きだったからここに居たんだよ
母が居なくなったら一緒に住むわけない
安定した仕事を見つけるのは厳しいかも知れないけど、
ここで吸われるよりマシだろうし

捜索されたら困るから、でもすぐにばれるのも困るから、
「ちょっと友人の家に行ってくる。遠いのでもしかしたら泊まるかもしれない」
と言って、ご飯の用意をして、こっそり机の中に
「遠くへ行くのでさがさないで下さい」と書いた手紙を入れた
捨てられたらと思い、電話機の下にも同じものを差し込んだ
実際は父親と兄にいろいろされて、
友人らしい友人なんてもういなかったけどね

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
母のシを機に40歳ニートの兄を捨てて逃げて1X年がたち、好奇心に負けて実家を見に行ったら…
母が死んだ
これでふた親とも居なくなった
葬儀では兄がお飾りの喪主になった
葬儀屋にいいように搾取されている兄に助言をしても、
「女が横から口挟むな」で終了
兄は作法も何も知らず恥ずかしい思いをしたがそれも最後

 
相続については全部放棄するからと伝えると、
兄は嬉しさを噛み殺しながら
「いや、そんな訳にもいけん。あのXX(ガラクタ)とか
 ○○(土地。金にならん。税金かかるだけ)とか…」
「兄さんがお母さんを最期まで見たんだし、
 私は受け取るべきじゃないから」
と固辞したら、「む、それもそうか」とご満悦
兄はなーんもしてないんだから、「見た」だけだけどね

丸投げされた介護に必要なことはちゃんとしたし、
好きな食べ物もなるべく良い物を買ってきてあげた
本当は旅行とかに連れて行ってあげたかったけれど、
兄にめちゃくちゃにされるから断念した
でも、それなりに使えたから遺された貯金はわずかだけど、
知らないんだろうね
まあ借金はないから、そんなにひどい状況じゃなかったよ

もう母が長くないことは分かってたから、
私はあい間に着々と引っ越し準備
あとはとりあえず見つけた住み込みの仕事先まで、
バッグひとつで逃げるだけ
ぱっと見は分からないように、色んな物
(ノートとか筆記用具とか衣類とか)が残ってるように見えるけど、
全部要らない物だよ

ニートで一度も仕事に就かず、もう40になった兄
父親と一緒に私の婚約を2度までも壊した兄
兄を甘やかした父親が死んだら畑切り売りして遊んだ兄
そんな兄を甘やかしはしないまでも
止めずに言われるままに土地を売り、お金を渡した母
私も母と一緒で、兄に寄生されても家にお金を入れてたから同罪
私に責める資格なんかないよ

でも兄と一緒に落ちるつもりもない
兄は私にこれからも面倒を見てもらえると思ってるけど、
父親はともかく母は好きだったからここに居たんだよ
母が居なくなったら一緒に住むわけない
安定した仕事を見つけるのは厳しいかも知れないけど、
ここで吸われるよりマシだろうし

捜索されたら困るから、でもすぐにばれるのも困るから、
「ちょっと友人の家に行ってくる。遠いのでもしかしたら泊まるかもしれない」
と言って、ご飯の用意をして、こっそり机の中に
「遠くへ行くのでさがさないで下さい」と書いた手紙を入れた
捨てられたらと思い、電話機の下にも同じものを差し込んだ
実際は父親と兄にいろいろされて、
友人らしい友人なんてもういなかったけどね

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る