uploaded

私『赤ちゃん出来たかも』彼氏が真っ青になり…『おろして』私はおろさなかった。数年後、子供と歩いてると彼氏に会った。彼氏は青ざめていた…

547: 名無しさん@おーぷん 2015/12/31(木)14:52:43 ID:Inv

付き合って一年経たずに妊娠した。
勿論避妊はしていた。

妊娠したかもしれないと、
彼氏に告げたら顔が青ざめていた。

一瞬で人間の顔色が変わるところを
初めて見た。

もうその一瞬で

「あー終わったな」

と理解した。

結婚の約束とか将来の計画とかは
一切してないけど、
仲良く愛し合っている
普通のカップルと思っていた。

「体調大丈夫?良くなったら、
 中華食べに行こう♪
 餃子が美味しい所
 見つけたんだよ」

なんて話を直前までしてたのにね。

彼氏は大学院生、
私は社会人で、彼氏の方が年上。

お互い20代半ば、でき婚ではあるが、
出産、結婚しても
問題はない年齢だと思う。

双方の親交えて話し合いしたら、
彼氏の親が低姿勢で
堕胎をすすめてきた。

彼氏の親は低姿勢なんだけど、
なんとなく敵意が見える感じだった。

「将来有望の息子の経歴に傷がつく」

「でき婚に持ち込む計算高い女」

このどちらかか、
どちらともかを思われてたんだと思う。

低姿勢で謝罪してくるけど、

「絶対に結婚なんてさせない
 産ませない
 おろさせる」

のが前提の謝罪。

彼氏はだんまり。

「私だけの子じゃないよ、
 貴方の子どもなんだよ」

「貴方の子を
 死なせてもいいの?」

って言ったら目をそらして

「ごめん」

ってポソッと呟いてた。

父親になる気のない彼氏、
堕胎をすすめてくる彼氏の両親。

私の父は働いてるけど、
母は持病持ちで家事が精一杯、
親を頼れる環境じゃない。

協力者のいない母子家庭が
どれだけ辛いかは目に見えていた。

辛いのは母親自身だけじゃなく
子供もそうだと思う。

話し合いの結果、
堕胎の費用と慰謝料を
いくらか貰うことに決まった。

病院に予約して、
日を待つだけだったんだけど、
出勤中に自転車にぶつけられたとき、
思わずお腹を庇っていた。

「大丈夫ですか!?」

って慌ててる自転車の相手に、

「危ないですよ!
 お腹に子供が居るのに!」


って怒ったら、
救急車呼ばれかけた。

その事があって

「私、子ども大事なんだ」

って気づいて
産むことを決心した。

その結果...

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
私『赤ちゃん出来たかも』彼氏が真っ青になり…『おろして』私はおろさなかった。数年後、子供と歩いてると彼氏に会った。彼氏は青ざめていた…

547: 名無しさん@おーぷん 2015/12/31(木)14:52:43 ID:Inv

付き合って一年経たずに妊娠した。
勿論避妊はしていた。

妊娠したかもしれないと、
彼氏に告げたら顔が青ざめていた。

一瞬で人間の顔色が変わるところを
初めて見た。

もうその一瞬で

「あー終わったな」

と理解した。

結婚の約束とか将来の計画とかは
一切してないけど、
仲良く愛し合っている
普通のカップルと思っていた。

「体調大丈夫?良くなったら、
 中華食べに行こう♪
 餃子が美味しい所
 見つけたんだよ」

なんて話を直前までしてたのにね。

彼氏は大学院生、
私は社会人で、彼氏の方が年上。

お互い20代半ば、でき婚ではあるが、
出産、結婚しても
問題はない年齢だと思う。

双方の親交えて話し合いしたら、
彼氏の親が低姿勢で
堕胎をすすめてきた。

彼氏の親は低姿勢なんだけど、
なんとなく敵意が見える感じだった。

「将来有望の息子の経歴に傷がつく」

「でき婚に持ち込む計算高い女」

このどちらかか、
どちらともかを思われてたんだと思う。

低姿勢で謝罪してくるけど、

「絶対に結婚なんてさせない
 産ませない
 おろさせる」

のが前提の謝罪。

彼氏はだんまり。

「私だけの子じゃないよ、
 貴方の子どもなんだよ」

「貴方の子を
 死なせてもいいの?」

って言ったら目をそらして

「ごめん」

ってポソッと呟いてた。

父親になる気のない彼氏、
堕胎をすすめてくる彼氏の両親。

私の父は働いてるけど、
母は持病持ちで家事が精一杯、
親を頼れる環境じゃない。

協力者のいない母子家庭が
どれだけ辛いかは目に見えていた。

辛いのは母親自身だけじゃなく
子供もそうだと思う。

話し合いの結果、
堕胎の費用と慰謝料を
いくらか貰うことに決まった。

病院に予約して、
日を待つだけだったんだけど、
出勤中に自転車にぶつけられたとき、
思わずお腹を庇っていた。

「大丈夫ですか!?」

って慌ててる自転車の相手に、

「危ないですよ!
 お腹に子供が居るのに!」


って怒ったら、
救急車呼ばれかけた。

その事があって

「私、子ども大事なんだ」

って気づいて
産むことを決心した。

その結果...

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る