uploaded

【リオ珍事件】モンゴル選手が残り5秒くらいから勝利を確信して相手を煽りながら逃げまくる→審判から警告を受けて負け確定→コーチが抗議として服を・・・

21日に行われたリオデジャネイロ五輪、レスリング男子

フリースタイル65キロ級の3位決定戦で、判定に納得のいかないモンゴルのコーチが

服を脱いでパンツ一丁になるという奇妙な方法で抗議する場面があった。

モンゴルの選手・マンダフナランは試合終了間際、逃げ回りながら相手を挑発する行為をしたため、

戦いを放棄をしたとみなされ、対戦相手のイフティヨル・ナブルゾフ(Ikhtiyor Navruzov、ウズベキスタン)に

ポイントを献上してしまうと、逆転で銅メダルを逃した。

するとその判定に激怒したマンダフナランのコーチ2人が洋服を脱ぎ始めて上半身裸になると、

そのうち一人はズボンまで脱ぎはじめ、パンツ一丁の姿になった!

問題のシーン&、コーチの言い分は次ページで動画でご覧ください!!

オリンピック史上に残る珍事件ですww

2_png

驚愕の真相は次のページをご覧ください!!!!

3

 

iqos111

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【リオ珍事件】モンゴル選手が残り5秒くらいから勝利を確信して相手を煽りながら逃げまくる→審判から警告を受けて負け確定→コーチが抗議として服を・・・

21日に行われたリオデジャネイロ五輪、レスリング男子

フリースタイル65キロ級の3位決定戦で、判定に納得のいかないモンゴルのコーチが

服を脱いでパンツ一丁になるという奇妙な方法で抗議する場面があった。

モンゴルの選手・マンダフナランは試合終了間際、逃げ回りながら相手を挑発する行為をしたため、

戦いを放棄をしたとみなされ、対戦相手のイフティヨル・ナブルゾフ(Ikhtiyor Navruzov、ウズベキスタン)に

ポイントを献上してしまうと、逆転で銅メダルを逃した。

するとその判定に激怒したマンダフナランのコーチ2人が洋服を脱ぎ始めて上半身裸になると、

そのうち一人はズボンまで脱ぎはじめ、パンツ一丁の姿になった!

問題のシーン&、コーチの言い分は次ページで動画でご覧ください!!

オリンピック史上に残る珍事件ですww

2_png

驚愕の真相は次のページをご覧ください!!!!

3

 

iqos111

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る