uploaded

俺を家畜呼ばわりしてた元カノとクリスマスデート中に偶然再会!→ニヤニヤしながら迫ってきたが、今カノが放った痛烈な一言に失神寸前www

何というか、
俺が超ヘタレって話なのですが、
暇つぶしにでも読んでいただければ。


俺 25歳
彼女 26歳 俺の彼女。性格温厚
元カノ 27歳 俺の元カノ 気が強い
彼氏 30歳くらい? 元カノの現彼氏

今年のクリスマスは
土曜日ということもあって、
昼間はあちこち買い物してゲーセン行って、
ちょっとお高いディナーを食べて。

予定は決めてなかったから、

「少し早いけどうち来る?
 それともライトアップ見る?」

って聞いたら

「ううん。夜景見たい!」って。

じゃあ見に行こうかって、
郊外の夜景スポットに車を走らせながら、
そういえば、元カノも
夜景見たいとか言うから
連れてったなーとか
というより元カノと行った場所に
彼女と行くのは無神経かな、
でも他に場所知らないしなぁとか
ぼんやり考えてた。

元カノと付き合った事は今でも黒歴史。

でも、最初は優しい人だと思ったんだ。

俺は、一人で過ごすのが
そう苦にならない人間だったから、
大学入ってもサークルにも入らず、
友達も居なかった。

そんな俺に屈託無く話し掛けて、
サークルに誘ってくれたのが元カノ。

場の中心的なタイプって
言ったらいいのかな。

主義主張がはっきりしてて、
快活で牽引力がある、
俺とは正反対のタイプ。

お陰でサークルで友達も出来て、
人付き合いも、煩わしいような、
楽しいようなって思い始めた頃に、
元カノから告白された。

正直言って、元カノは
割と目鼻立ちの整った美人だし、
仲のいい男子も多かったから、
「何で俺?」と思った。

でも元カノに感謝してるのは事実だし、
その場でOKした。

思えば、最初から草食系って
見抜かれてたんだろうな…

元カノが本性を表したのは、
付き合い始めてすぐだった。

最初は、自販機の前に立ってて

「ジュース奢ってー」

だった。

それがコンビニで

「小銭足りなぁーい、頂戴」

とかにエスカレートして、
ファミレスで食事して

「じゃあ払って」

になった。

さすがに金額が小さいとはいえ
徐々に大きくなってるし、
毎度毎度だと腹も立つ。

それで抗議したら、元カノがキレた。

「ふざけんな!
 誰のお陰でサークル入れたと
 ふじこふじこ」

「誰のお陰で友達が出来たと」

「お前なんてアタシが居なきゃ
 何にもできな(ry」

「彼氏なんだから奢るのが当然」

元カノと付き合うまで
彼女居ない歴=年齢だった俺は、
釈然としないながらも
「そういうもんなのかな」と思ってた。

何より元カノは
俺が非を認めて謝るまで
耳元でヒステリックに喚き続けるから、
早めに折れるようになっていた。

その頃には元カノは俺の部屋に
荷物を持ち込んで半同棲状態だったから、
折れない限り四六時中
元カノの罵声に曝されるという
理由もあった。

そうして反論できないでいるうちに、
元カノの要求は更にエスカレート。

化粧品、アクセサリー、服、バッグ……

「彼氏でしょ」

「彼氏なんだから」

「彼氏のくせに」

事あるごとにそう言われた。

その頃になるともう
自分でもどうして
元カノと付き合ってるのか
訳わかんなくなって。

お金が無くなって、
でも親からの仕送りは
使いたくないからバイト始めて。

講義受けてバイトして
疲れて帰っても
元カノからの労いは無くて、
自分と元カノのご飯作って。

段々憂鬱になることが多くなったら、
また元カノに罵られて。

「なに沈んだ顔してんだよw
 アタシが付き合ってやってんのに
 嬉しくないの?」

「サークルの連中に怪しまれるから
 笑えよ。
 普通に振る舞え」

「アンタの陰気な顔見てると
 気分悪くなる。笑え」

「仕事、接客なんでしょ?
 こんな店員が居る店
 行きたくないんですけどぉーw
 もっと笑えよww」」

俺はずっとヘラヘラ笑いながら
講義受けてバイトしてたらしい。

らしいってのは、
この辺記憶に無いんだけど。

気が付いたら親からの授業料も使い込んでて、
クレジットカードも限度枠いっぱいになってて。

結局親にバレて、すったもんだの末、
俺は大学中退+実家に強制送還。

それから三年かけて漸く社会復帰…って
元カノの愚痴だけでだいぶ長くなりましたが。

話は戻って、
彼女と夜景スポットに向かいながら
そんな事を思い出して軽く鬱ってたら、
素早く察した彼女が

「どうかしたの?」

と聞いてくる。

彼女は最初からこんな風に、
めちゃくちゃ気遣いが行き届いてる。

女性不信に陥ってた俺に
距離を置いて接してくれて、
その距離もつかず離れずって感じの適度で。

彼女から告白された時に

「こういう事があって、
 悪いけど、女性は怖い」

と正直に話すと、

「じゃあ1年間の猶予をください♪」

って1年間のお試し期間を設けた上で
改めて今度は俺から告白したから、
彼女も元カノの事は知っている。

だから

「今から行く場所に
 元カノと行った事があるけど、
 他にいい場所を知らない」

と言ったら、彼女は少し悩んで、

「俺さんが嫌ならいいんですけど…
 でもそれって負けたみたいで
 悔しくないですか?」って。

「そうだ!嫌な思い出なら
 私との思い出で
 上書きしちゃいましょう♪」

って。

可愛くて鼻血吹くかと思った。

そんなわけで、
雪の残る山道を登って展望台へ。

辺りは同じ考えのカップルが
数組ひしめいているけど、
皆それぞれの世界に浸ってる。

俺たちも、
少し寒いけど車を降りて、
夜景を見る。

昔、元カノと見た時より
綺麗に見える気がするなあ、
なんて感傷に浸ってたら、

「あ、俺クンじゃーん。
 久しぶりー」

なんと、元カノが現れた...

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
俺を家畜呼ばわりしてた元カノとクリスマスデート中に偶然再会!→ニヤニヤしながら迫ってきたが、今カノが放った痛烈な一言に失神寸前www

何というか、
俺が超ヘタレって話なのですが、
暇つぶしにでも読んでいただければ。


俺 25歳
彼女 26歳 俺の彼女。性格温厚
元カノ 27歳 俺の元カノ 気が強い
彼氏 30歳くらい? 元カノの現彼氏

今年のクリスマスは
土曜日ということもあって、
昼間はあちこち買い物してゲーセン行って、
ちょっとお高いディナーを食べて。

予定は決めてなかったから、

「少し早いけどうち来る?
 それともライトアップ見る?」

って聞いたら

「ううん。夜景見たい!」って。

じゃあ見に行こうかって、
郊外の夜景スポットに車を走らせながら、
そういえば、元カノも
夜景見たいとか言うから
連れてったなーとか
というより元カノと行った場所に
彼女と行くのは無神経かな、
でも他に場所知らないしなぁとか
ぼんやり考えてた。

元カノと付き合った事は今でも黒歴史。

でも、最初は優しい人だと思ったんだ。

俺は、一人で過ごすのが
そう苦にならない人間だったから、
大学入ってもサークルにも入らず、
友達も居なかった。

そんな俺に屈託無く話し掛けて、
サークルに誘ってくれたのが元カノ。

場の中心的なタイプって
言ったらいいのかな。

主義主張がはっきりしてて、
快活で牽引力がある、
俺とは正反対のタイプ。

お陰でサークルで友達も出来て、
人付き合いも、煩わしいような、
楽しいようなって思い始めた頃に、
元カノから告白された。

正直言って、元カノは
割と目鼻立ちの整った美人だし、
仲のいい男子も多かったから、
「何で俺?」と思った。

でも元カノに感謝してるのは事実だし、
その場でOKした。

思えば、最初から草食系って
見抜かれてたんだろうな…

元カノが本性を表したのは、
付き合い始めてすぐだった。

最初は、自販機の前に立ってて

「ジュース奢ってー」

だった。

それがコンビニで

「小銭足りなぁーい、頂戴」

とかにエスカレートして、
ファミレスで食事して

「じゃあ払って」

になった。

さすがに金額が小さいとはいえ
徐々に大きくなってるし、
毎度毎度だと腹も立つ。

それで抗議したら、元カノがキレた。

「ふざけんな!
 誰のお陰でサークル入れたと
 ふじこふじこ」

「誰のお陰で友達が出来たと」

「お前なんてアタシが居なきゃ
 何にもできな(ry」

「彼氏なんだから奢るのが当然」

元カノと付き合うまで
彼女居ない歴=年齢だった俺は、
釈然としないながらも
「そういうもんなのかな」と思ってた。

何より元カノは
俺が非を認めて謝るまで
耳元でヒステリックに喚き続けるから、
早めに折れるようになっていた。

その頃には元カノは俺の部屋に
荷物を持ち込んで半同棲状態だったから、
折れない限り四六時中
元カノの罵声に曝されるという
理由もあった。

そうして反論できないでいるうちに、
元カノの要求は更にエスカレート。

化粧品、アクセサリー、服、バッグ……

「彼氏でしょ」

「彼氏なんだから」

「彼氏のくせに」

事あるごとにそう言われた。

その頃になるともう
自分でもどうして
元カノと付き合ってるのか
訳わかんなくなって。

お金が無くなって、
でも親からの仕送りは
使いたくないからバイト始めて。

講義受けてバイトして
疲れて帰っても
元カノからの労いは無くて、
自分と元カノのご飯作って。

段々憂鬱になることが多くなったら、
また元カノに罵られて。

「なに沈んだ顔してんだよw
 アタシが付き合ってやってんのに
 嬉しくないの?」

「サークルの連中に怪しまれるから
 笑えよ。
 普通に振る舞え」

「アンタの陰気な顔見てると
 気分悪くなる。笑え」

「仕事、接客なんでしょ?
 こんな店員が居る店
 行きたくないんですけどぉーw
 もっと笑えよww」」

俺はずっとヘラヘラ笑いながら
講義受けてバイトしてたらしい。

らしいってのは、
この辺記憶に無いんだけど。

気が付いたら親からの授業料も使い込んでて、
クレジットカードも限度枠いっぱいになってて。

結局親にバレて、すったもんだの末、
俺は大学中退+実家に強制送還。

それから三年かけて漸く社会復帰…って
元カノの愚痴だけでだいぶ長くなりましたが。

話は戻って、
彼女と夜景スポットに向かいながら
そんな事を思い出して軽く鬱ってたら、
素早く察した彼女が

「どうかしたの?」

と聞いてくる。

彼女は最初からこんな風に、
めちゃくちゃ気遣いが行き届いてる。

女性不信に陥ってた俺に
距離を置いて接してくれて、
その距離もつかず離れずって感じの適度で。

彼女から告白された時に

「こういう事があって、
 悪いけど、女性は怖い」

と正直に話すと、

「じゃあ1年間の猶予をください♪」

って1年間のお試し期間を設けた上で
改めて今度は俺から告白したから、
彼女も元カノの事は知っている。

だから

「今から行く場所に
 元カノと行った事があるけど、
 他にいい場所を知らない」

と言ったら、彼女は少し悩んで、

「俺さんが嫌ならいいんですけど…
 でもそれって負けたみたいで
 悔しくないですか?」って。

「そうだ!嫌な思い出なら
 私との思い出で
 上書きしちゃいましょう♪」

って。

可愛くて鼻血吹くかと思った。

そんなわけで、
雪の残る山道を登って展望台へ。

辺りは同じ考えのカップルが
数組ひしめいているけど、
皆それぞれの世界に浸ってる。

俺たちも、
少し寒いけど車を降りて、
夜景を見る。

昔、元カノと見た時より
綺麗に見える気がするなあ、
なんて感傷に浸ってたら、

「あ、俺クンじゃーん。
 久しぶりー」

なんと、元カノが現れた...

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る