uploaded

【浮気】嫁にカマ掛けてみた。俺「なんで浮気したの?」嫁「は?」俺「興信所に頼んだんだよ」嫁「ごめんなさい…」→ブチギレた俺は嫁にビールをぶっかけて…

俺---30代前半 自営    外見とか収入とかは人並み
嫁---20代前半 外資系社員 外見も収入も並以上、いや外見はかなり美人(モデル並)
結婚3年弱、小梨、ここ1年レス気味(月1くらい)

俺は自営業と言っても在宅ビジネスのようなもので、家にいる時間が長い。
嫁は外でバリバリやってるので炊事やら洗濯やらの家事なんかは専ら俺の仕事だ。
嫁の下●を洗濯して干すのだけはいつも抵抗があったのだが、まあこれで幸せが成り立っているんだから仕方ないと割り切って頑張ってた。
嫁は嫁で若さに充ち溢れて一生懸命外で仕事してるし、だから俺は自分の仕事をこなしながらも嫁が疲労でバテたりしないように仕事の合間を縫って料理の勉強なんかもしてた。愛する嫁がバランスよく栄養採れるようとか考えたりね。

もともとが若くて美人で優秀な嫁。
俺にはもったいないくらいの自慢の嫁だし、この結婚は俺の執念と挑戦魂、そして1にも2にも努力なくしては成立し得なかった
結婚だったんだろう。努力は並大抵ではなく、時に折れそうになったりもしたが、それでも結婚自体は幸せだった。
少なくとも俺(バカ)は2人の幸せを信じて疑ったことはない。いや、なかった、今日までは。

ある日、俺は家での仕事作業中、休憩がてらにネットを開きこんなサイトを見つけた。

【萌えたコピペ】というサイト

主に2ちゃんで投稿された体験記のまとめサイトみたいなものだけど、ここのサイトの
「修羅場の話」というのが非常に面白かった。他人の不幸は蜜の味という感覚はなかった
けど、まるでネタのようなありえない話と展開がすごく(本当にネタかもしれないけどw)
なぜかハマってしまった。そして俺はその日から休憩をとる度にこのサイトに綴られていたハイテンションな不幸話を1日1話ずつ、ゆっくり読み進めて行った。

そんなある日、突然俺の脳裏にある思惑がよぎった。

「もしかしてウチの嫁もか?」

とにかくこのサイトの不幸話には「女のしたたかさ」「人間の愚かさ」がズラリと並べ揃えられている。
そしてきっかけはいつも偶然だったり、とにかく「ある日突然」
の出来事だ。被害者男性はみんな自分がそんな目に合うとは夢にも思ってなかった、ということも実に共通している。
俺はつくづく馬鹿な発想だと思いつつも、嫁が浮気をしていることを頭の中でシュミレーションし始めた。

もし、浮気していたら・・・。

あのサイトに綴られている不幸話の投稿者たちに感情移入をするように、そして自分たちのケースに当てはめるように考えていった。
これといって嫁に疑わしきところはないけれど、いやまてよ、そういえばここ1年くらいは俺が嫁の携帯を触ろうとするのを嫁は「極端に」嫌がるような・・・。
いやいや気のせいだよ、そんなものはプライバシーだしねえ、誰でも嫌がるよ・・・
なんて思ってみるが、すでにあのサイトの不幸話に脳みそを侵されちゃってる俺は脳内シュミレーションをを続けていった。そして・・・

ちょっとカマかけてみるか・・・?

続きは次のページをご覧ください

2_png

canvas80054000709000004431

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【浮気】嫁にカマ掛けてみた。俺「なんで浮気したの?」嫁「は?」俺「興信所に頼んだんだよ」嫁「ごめんなさい…」→ブチギレた俺は嫁にビールをぶっかけて…

俺---30代前半 自営    外見とか収入とかは人並み
嫁---20代前半 外資系社員 外見も収入も並以上、いや外見はかなり美人(モデル並)
結婚3年弱、小梨、ここ1年レス気味(月1くらい)

俺は自営業と言っても在宅ビジネスのようなもので、家にいる時間が長い。
嫁は外でバリバリやってるので炊事やら洗濯やらの家事なんかは専ら俺の仕事だ。
嫁の下●を洗濯して干すのだけはいつも抵抗があったのだが、まあこれで幸せが成り立っているんだから仕方ないと割り切って頑張ってた。
嫁は嫁で若さに充ち溢れて一生懸命外で仕事してるし、だから俺は自分の仕事をこなしながらも嫁が疲労でバテたりしないように仕事の合間を縫って料理の勉強なんかもしてた。愛する嫁がバランスよく栄養採れるようとか考えたりね。

もともとが若くて美人で優秀な嫁。
俺にはもったいないくらいの自慢の嫁だし、この結婚は俺の執念と挑戦魂、そして1にも2にも努力なくしては成立し得なかった
結婚だったんだろう。努力は並大抵ではなく、時に折れそうになったりもしたが、それでも結婚自体は幸せだった。
少なくとも俺(バカ)は2人の幸せを信じて疑ったことはない。いや、なかった、今日までは。

ある日、俺は家での仕事作業中、休憩がてらにネットを開きこんなサイトを見つけた。

【萌えたコピペ】というサイト

主に2ちゃんで投稿された体験記のまとめサイトみたいなものだけど、ここのサイトの
「修羅場の話」というのが非常に面白かった。他人の不幸は蜜の味という感覚はなかった
けど、まるでネタのようなありえない話と展開がすごく(本当にネタかもしれないけどw)
なぜかハマってしまった。そして俺はその日から休憩をとる度にこのサイトに綴られていたハイテンションな不幸話を1日1話ずつ、ゆっくり読み進めて行った。

そんなある日、突然俺の脳裏にある思惑がよぎった。

「もしかしてウチの嫁もか?」

とにかくこのサイトの不幸話には「女のしたたかさ」「人間の愚かさ」がズラリと並べ揃えられている。
そしてきっかけはいつも偶然だったり、とにかく「ある日突然」
の出来事だ。被害者男性はみんな自分がそんな目に合うとは夢にも思ってなかった、ということも実に共通している。
俺はつくづく馬鹿な発想だと思いつつも、嫁が浮気をしていることを頭の中でシュミレーションし始めた。

もし、浮気していたら・・・。

あのサイトに綴られている不幸話の投稿者たちに感情移入をするように、そして自分たちのケースに当てはめるように考えていった。
これといって嫁に疑わしきところはないけれど、いやまてよ、そういえばここ1年くらいは俺が嫁の携帯を触ろうとするのを嫁は「極端に」嫌がるような・・・。
いやいや気のせいだよ、そんなものはプライバシーだしねえ、誰でも嫌がるよ・・・
なんて思ってみるが、すでにあのサイトの不幸話に脳みそを侵されちゃってる俺は脳内シュミレーションをを続けていった。そして・・・

ちょっとカマかけてみるか・・・?

続きは次のページをご覧ください

2_png

canvas80054000709000004431

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る