uploaded

【驚愕】夜道で凍死寸前の女を拾う → 連れ帰って即襲撃 → 女「え!?誰!?」 → 結果

俺はいま、東京から300キロの地方都市に転勤を命ぜられた33才独身。

この街では知り合いもなく、なんとなく日々を過ごしていたのだが半年前に彼女が出来た。
彼女はいま、この街の国立大の四回生で長澤某嬢のような気の強い?、顔も好みが分かれる微妙な田舎娘タイプ。
俺は結果、顔より胸で選んだのだが。

この街は雪が降る。
そんな冬、俺は会社の三次会が終わり、深夜の二時に徒歩で帰る道すがら、彼女と出逢った。

雑居ビルの玄関で雪を避け、酔い潰れている彼女がいた。

俺はそれを目にした時、何とも言いようのないドキドキ感に襲われた。
それは深夜に若い女が・・・云々ではなく、真っ先に思ったのは
「死んでるかもしれない・・・」
だった。

この街では毎冬、四、五人が凍死すると聞いていた。
俺は過ぎさろうか悩んだが、彼女へと歩を進めていた。

眼鏡屋の自動ドアの前に横たわる彼女。
ダッフルコートにニット帽、下はジーンズにスニーカー。
とりあえず俺は彼女の顎下に手の甲を当てた。
冷たい。

が、続けて当てた頬には温もりがあった。
ドキドキ感は「人命救助」から、「いま、俺はどうするべきか?」に気持ちはフィードした。

そんな時、頭に浮かんだのは、鬼畜・福山雅治のエピソードだった。
福山は言った。
「なんとかしちゃえよ」・・・

そして・・・

canvas8005400070900000443

 

3

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【驚愕】夜道で凍死寸前の女を拾う → 連れ帰って即襲撃 → 女「え!?誰!?」 → 結果

俺はいま、東京から300キロの地方都市に転勤を命ぜられた33才独身。

この街では知り合いもなく、なんとなく日々を過ごしていたのだが半年前に彼女が出来た。
彼女はいま、この街の国立大の四回生で長澤某嬢のような気の強い?、顔も好みが分かれる微妙な田舎娘タイプ。
俺は結果、顔より胸で選んだのだが。

この街は雪が降る。
そんな冬、俺は会社の三次会が終わり、深夜の二時に徒歩で帰る道すがら、彼女と出逢った。

雑居ビルの玄関で雪を避け、酔い潰れている彼女がいた。

俺はそれを目にした時、何とも言いようのないドキドキ感に襲われた。
それは深夜に若い女が・・・云々ではなく、真っ先に思ったのは
「死んでるかもしれない・・・」
だった。

この街では毎冬、四、五人が凍死すると聞いていた。
俺は過ぎさろうか悩んだが、彼女へと歩を進めていた。

眼鏡屋の自動ドアの前に横たわる彼女。
ダッフルコートにニット帽、下はジーンズにスニーカー。
とりあえず俺は彼女の顎下に手の甲を当てた。
冷たい。

が、続けて当てた頬には温もりがあった。
ドキドキ感は「人命救助」から、「いま、俺はどうするべきか?」に気持ちはフィードした。

そんな時、頭に浮かんだのは、鬼畜・福山雅治のエピソードだった。
福山は言った。
「なんとかしちゃえよ」・・・

そして・・・

canvas8005400070900000443

 

3

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る