uploaded

彼女『赤ちゃんが出来た・・グスッ』俺『何で泣くの?』彼女『グスッ・・父親が・・』そう、彼女のお腹にいたのは、彼女の父親の子でした。俺『別れよう…』結果

3年ほど前に付き合っていた彼女の話です。

彼女の家は母子家庭で、ずっと母親と彼女の2人で生きてきたと聞きました。

僕はなんでか彼女の母親に気に入られ、誕生日などには食事に呼ばれたりと

なにかと可愛がってもらっていました。

ところがある日、彼女の家に遊びにいくと、

居間にに見知らぬ黒人が座っていました。

なんで黒人がここにいるんだろうと不思議に思って彼女に聞いたところ、

なんと“新しい父親になるひと”とのこと。

後で知ったことですが、彼女の母親は無類の黒人好きらしいんです。

その時は別に悪いことじゃないし、まぁ特に関係ないかなと思ったんですが、

こいつが曲者でした。

いきなりな展開なんですが、

2ヶ月後、彼女の妊娠が発覚しました。

僕は中で出したことないし、その他もろもろもあって、

え、まじで?出来るわけないのに、とは思いましたが、

目の前の現実に対処すべく、

「大丈夫? 俺、お母さんに正式に挨拶しにいくよ」と

声を掛けたのですが、彼女はただただ泣いているばかり。

まったく反応がありません。

そのうち僕も不審に思って、野暮な質問とは思いながらも

「なんで泣くの?」と聞いてみました。

すると、彼女がうわずった声で、「父親が・・・。」と一言。

あぁ、そういうことか、裏切られた、と一瞬目の前真っ白になりました。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
彼女『赤ちゃんが出来た・・グスッ』俺『何で泣くの?』彼女『グスッ・・父親が・・』そう、彼女のお腹にいたのは、彼女の父親の子でした。俺『別れよう…』結果

3年ほど前に付き合っていた彼女の話です。

彼女の家は母子家庭で、ずっと母親と彼女の2人で生きてきたと聞きました。

僕はなんでか彼女の母親に気に入られ、誕生日などには食事に呼ばれたりと

なにかと可愛がってもらっていました。

ところがある日、彼女の家に遊びにいくと、

居間にに見知らぬ黒人が座っていました。

なんで黒人がここにいるんだろうと不思議に思って彼女に聞いたところ、

なんと“新しい父親になるひと”とのこと。

後で知ったことですが、彼女の母親は無類の黒人好きらしいんです。

その時は別に悪いことじゃないし、まぁ特に関係ないかなと思ったんですが、

こいつが曲者でした。

いきなりな展開なんですが、

2ヶ月後、彼女の妊娠が発覚しました。

僕は中で出したことないし、その他もろもろもあって、

え、まじで?出来るわけないのに、とは思いましたが、

目の前の現実に対処すべく、

「大丈夫? 俺、お母さんに正式に挨拶しにいくよ」と

声を掛けたのですが、彼女はただただ泣いているばかり。

まったく反応がありません。

そのうち僕も不審に思って、野暮な質問とは思いながらも

「なんで泣くの?」と聞いてみました。

すると、彼女がうわずった声で、「父親が・・・。」と一言。

あぁ、そういうことか、裏切られた、と一瞬目の前真っ白になりました。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る