uploaded

私『友達と連絡がとれない!事件かも!事故かも!』警察『!!!…わかりました。』私『ニヤリ』私達は国家権力を味方につけて、借金の取り立てに向かった…。するとwww

私含めて地方から上京してきた5人組。

バイトで知り合ったり、友達の友達、みたいに増えた仲間だった。

皆、程度の差はあれど仕送りがあったが学業の傍ら

バイトをしつつ遊びつつ…お互いに夢に向かっていた。

その頃、金の貸し借りはあったけど1,000円とかそのくらいだった

(もちろんお互い返してた) しかし、夢敗れて普通に就職したり、

フリーターでしがみついて夢が叶いつつある子、実家に帰る子がいた。

A子は今、考えるとコミュ障気味だったのかもしれない。

A子はバイトを高い確率でクビになっていて、

それでもなんとかギリギリ生活していた(仕送りだけど)

そんな日々が続き、夢が叶いそこそこ成功したB子が結婚することになった。

5人全員招待されたがA子から私にご祝儀をかしてほしいと頭を下げてきた。

以前からC子に いくらか借りていると聞いていたが、

めでたい席にA子が出席しないわけにはいかないので30000円を貸した。

式に無事に全員集合できてB子もとても幸せそうでよかった。

次の日B子は参加できないけど、実家に帰ったC子もせっかく泊まりで来ていたので

4人で食事に行くことにした。

待ち合わせに場所に行くとA子以外いてA子のことを聞くといかないという。

念のため、その場で連絡してみたら

「ちょっと行けない。ゴニョゴニョ」… ああ そうか。

私からお金を借りたぐらいだったから、お金がなくて参加できないのだろうと思い

C子も遠くから来たのだから、 お金少しくらい出すからおいでよ♪と

声をかけてもゴニョゴニョゴニョゴニョ。

埒があかずに、 無理言ってごめん。

また今度誘うねと、電話を切った。 C子が「A子お金また無いの?

あの子、私から10万近く借りているのよ。私ちゃん貸したらダメだよ」という。

私が実は…と話すと、D子が「B子もかなりの金額を貸してるんだよ」と。

私やB子D子の金額合わせて30万近くなった。

結局3人で食事に行って話をまとめたりすると…

A子と比較的交流のあるD子曰く、相変わらず生活費の一部を仕送りでまかない、

残ったお金で細々生活しているというのが今のA子の状態。

B子にも聞くと、借金は事実で結婚式に来たのも正直びっくりしていたらしい。

それから数日後、D子と私はA子にメールで借金のことを伝えた。

まだマイルドな内容でちゃんとお金返そうね!みたいな。

一応、二人でA子の家に行きピンポンすると、

とたんに動きが遅くなる電気メーターw

居留守をきめこみ、出てこない。

メールも連絡して帰宅。もちろん返事はない。

これを何度か繰り返した。

国家権力を味方にするための作戦みたいなものなので。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
私『友達と連絡がとれない!事件かも!事故かも!』警察『!!!…わかりました。』私『ニヤリ』私達は国家権力を味方につけて、借金の取り立てに向かった…。するとwww

私含めて地方から上京してきた5人組。

バイトで知り合ったり、友達の友達、みたいに増えた仲間だった。

皆、程度の差はあれど仕送りがあったが学業の傍ら

バイトをしつつ遊びつつ…お互いに夢に向かっていた。

その頃、金の貸し借りはあったけど1,000円とかそのくらいだった

(もちろんお互い返してた) しかし、夢敗れて普通に就職したり、

フリーターでしがみついて夢が叶いつつある子、実家に帰る子がいた。

A子は今、考えるとコミュ障気味だったのかもしれない。

A子はバイトを高い確率でクビになっていて、

それでもなんとかギリギリ生活していた(仕送りだけど)

そんな日々が続き、夢が叶いそこそこ成功したB子が結婚することになった。

5人全員招待されたがA子から私にご祝儀をかしてほしいと頭を下げてきた。

以前からC子に いくらか借りていると聞いていたが、

めでたい席にA子が出席しないわけにはいかないので30000円を貸した。

式に無事に全員集合できてB子もとても幸せそうでよかった。

次の日B子は参加できないけど、実家に帰ったC子もせっかく泊まりで来ていたので

4人で食事に行くことにした。

待ち合わせに場所に行くとA子以外いてA子のことを聞くといかないという。

念のため、その場で連絡してみたら

「ちょっと行けない。ゴニョゴニョ」… ああ そうか。

私からお金を借りたぐらいだったから、お金がなくて参加できないのだろうと思い

C子も遠くから来たのだから、 お金少しくらい出すからおいでよ♪と

声をかけてもゴニョゴニョゴニョゴニョ。

埒があかずに、 無理言ってごめん。

また今度誘うねと、電話を切った。 C子が「A子お金また無いの?

あの子、私から10万近く借りているのよ。私ちゃん貸したらダメだよ」という。

私が実は…と話すと、D子が「B子もかなりの金額を貸してるんだよ」と。

私やB子D子の金額合わせて30万近くなった。

結局3人で食事に行って話をまとめたりすると…

A子と比較的交流のあるD子曰く、相変わらず生活費の一部を仕送りでまかない、

残ったお金で細々生活しているというのが今のA子の状態。

B子にも聞くと、借金は事実で結婚式に来たのも正直びっくりしていたらしい。

それから数日後、D子と私はA子にメールで借金のことを伝えた。

まだマイルドな内容でちゃんとお金返そうね!みたいな。

一応、二人でA子の家に行きピンポンすると、

とたんに動きが遅くなる電気メーターw

居留守をきめこみ、出てこない。

メールも連絡して帰宅。もちろん返事はない。

これを何度か繰り返した。

国家権力を味方にするための作戦みたいなものなので。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る