uploaded

彼氏が段々おかしくなっていった。私『話があるの。』彼氏「知ってる。」彼は私の家に侵入して日記を読んでいた。ある日、兄『け、警察を呼んでくれぇぇぇ!』結果

まだストーカーなんて言葉がなかった頃の話。

高3の時の彼とは手もつなげない様な超プラトニックなつきあいだった。

その分、お互い純真な気持ちでつきあっていた

(と、思う。思いたい)両方の親も公認だった。

私は絶望と思われていた第1志望の大学に奇跡的に合格し、

彼は合格確実のはずの大学に不合格となり 浪人することになった。

私達は変わらず付き合い続け、彼の勉強の邪魔にならない程度に会うことに していた。

が、彼は少しずつ受験のプレッシャーを感じはじめ、

私は降って湧いた憧れのキャンパス ライフに浮かれ始めていた。

ちょっとお化粧をしてみたり、初めてのバイトで新しい洋服を買うのが 楽しくなっていた。

お約束のように彼の束縛が段々厳しくなってきた。

「俺と会う時以外は化粧はするな」

「俺と会う 時以外はスカートをはくな」「バイトは夜はするな」。

その頃、私達は初めてキスをしたのだが、 彼は盛りがついたようになってしまい、

会う度、誰もいない場所を探し回るようになった。

人気のない公園や 人の来ないマンションの非常階段などを探し歩いては....

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
彼氏が段々おかしくなっていった。私『話があるの。』彼氏「知ってる。」彼は私の家に侵入して日記を読んでいた。ある日、兄『け、警察を呼んでくれぇぇぇ!』結果

まだストーカーなんて言葉がなかった頃の話。

高3の時の彼とは手もつなげない様な超プラトニックなつきあいだった。

その分、お互い純真な気持ちでつきあっていた

(と、思う。思いたい)両方の親も公認だった。

私は絶望と思われていた第1志望の大学に奇跡的に合格し、

彼は合格確実のはずの大学に不合格となり 浪人することになった。

私達は変わらず付き合い続け、彼の勉強の邪魔にならない程度に会うことに していた。

が、彼は少しずつ受験のプレッシャーを感じはじめ、

私は降って湧いた憧れのキャンパス ライフに浮かれ始めていた。

ちょっとお化粧をしてみたり、初めてのバイトで新しい洋服を買うのが 楽しくなっていた。

お約束のように彼の束縛が段々厳しくなってきた。

「俺と会う時以外は化粧はするな」

「俺と会う 時以外はスカートをはくな」「バイトは夜はするな」。

その頃、私達は初めてキスをしたのだが、 彼は盛りがついたようになってしまい、

会う度、誰もいない場所を探し回るようになった。

人気のない公園や 人の来ないマンションの非常階段などを探し歩いては....

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る