uploaded

嫁のウワキが発覚!→俺「破門覚悟で間男を血祭りにあげます」先輩『お前家族手当いくらもらってる?』俺「え?」先輩『俺に任せとけw』→その結果・・・

とりあえず、今から4年前の話ですが報告します。

・報告者の年齢職業:38歳 Tローリードライバー
・嫁の年齢職業:36歳 パート
・婚姻期間:10年
・子供の人数、年齢:なし
・分かっているなら間男の年齢職業:30歳 飲食店バイト
・過去の不倫の有無(夫婦共に):なし
・現時点での方針は、決別か再構築か:離婚済み
・その他、経緯と状況説明 :下記参照
年齢・職業はすべて4年前のものです。

俺の職業は中・長距離のトラックドライバーなので、
一度出勤すると早退することはほぼ無かったんです。
ところが、ある日(6月頃だった)トラブルがあり、
何年振りかに早退をしました。

帰宅しても当然ながら嫁はパートで不在でした。
俺はしかたなく昼飯でも作ろうとキッチンに行くと、
テーブルに嫁のシステム手帳が置いてありました。
最初は読む気など全然なかったのですが、
何かの拍子に手帳をテーブルから落としてしまい
偶然開いたページを見ると、
「○月○日、○○クンと(地名)でデート(はぁと)」
と書いてありました。

嫁が間男と出会ったのは、どうやらこの年の1月下旬。
相手はパート先と同じフロアにあるカフェレストランの店員。
昼休憩のときに食事に行って顔見知りになり、そのうちよく喋るようになり、
そして軽い気持ちからお互いアドレスを交換したようです。

俺はその日のうちに間男を呼び出し、事実を確認しました。
間男の顔を見たときはなぐり○してやろうと思いましたが、
実は俺、格闘技を習っていて、入門する際に先輩のKさんから
「この技はな、一生習って、一生遣うな」と言われたので
それを思い出して踏み止まりました。
だから間男には「後日連絡する」と言って帰らせて、
嫁はその日のうちに自宅から放り出しました。

嫁はその日の晩に「間男とはその場で別れた。今は実家にいる」と
メールを送信してきました。
不思議なことに翌日からは、まるで何事もなかったような、
ごくごく普通の内容のメールが届くようになりました。
このままでは嫁に済し崩しにされると思った俺は
4日目に役所で緑の紙をもらい、その足で嫁実家に行き、
その場で署名捺印させ、その日のうちに提出しました。

結婚生活はほぼ10年でしたが、子供は計画で小梨でした。
俺が30半ばのころ「そろそろ子づくりしよう」と提案しましたが、
その時は「ふん、何をいまさら」と言われました。
その頃から俺は嫁に見下されてたようです。
だから離婚条件は、慰謝料は無し、共有財産は放棄させる、
それで嫁にも嫁親にも納得させることができました。

次は間男への制裁ですが、嫁の件でひと段落すると、
それからの俺は何もやる気がなくなりました。
会社には何とかそれまでどおり通うのですが、
大好きだった格闘技の道場は行けませんでした。

2週間ほど練習をサボると、K先輩から叱りのメールが来ました。
それで、「家庭の事情で練習に行けません」と返信すると
『何があったか知らんが、とにかく嫁に謝れヤ』と・・・
「いや、謝ってもらうのはコッチです!」
『ん?なんや、ヨメの浮気かいナ?』
「恥ずかしながら図星です(*T-T)」
『手ェは出すなヨ!技を遣うと破門やデ』
「先輩の教えは護りました」
『ヨシ!ホンなら後は儂に任せとけ』
ってなやりとりで、後はK先輩に丸投げしました。

続きは次のページをご覧ください

2_png

熟恋

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
嫁のウワキが発覚!→俺「破門覚悟で間男を血祭りにあげます」先輩『お前家族手当いくらもらってる?』俺「え?」先輩『俺に任せとけw』→その結果・・・

とりあえず、今から4年前の話ですが報告します。

・報告者の年齢職業:38歳 Tローリードライバー
・嫁の年齢職業:36歳 パート
・婚姻期間:10年
・子供の人数、年齢:なし
・分かっているなら間男の年齢職業:30歳 飲食店バイト
・過去の不倫の有無(夫婦共に):なし
・現時点での方針は、決別か再構築か:離婚済み
・その他、経緯と状況説明 :下記参照
年齢・職業はすべて4年前のものです。

俺の職業は中・長距離のトラックドライバーなので、
一度出勤すると早退することはほぼ無かったんです。
ところが、ある日(6月頃だった)トラブルがあり、
何年振りかに早退をしました。

帰宅しても当然ながら嫁はパートで不在でした。
俺はしかたなく昼飯でも作ろうとキッチンに行くと、
テーブルに嫁のシステム手帳が置いてありました。
最初は読む気など全然なかったのですが、
何かの拍子に手帳をテーブルから落としてしまい
偶然開いたページを見ると、
「○月○日、○○クンと(地名)でデート(はぁと)」
と書いてありました。

嫁が間男と出会ったのは、どうやらこの年の1月下旬。
相手はパート先と同じフロアにあるカフェレストランの店員。
昼休憩のときに食事に行って顔見知りになり、そのうちよく喋るようになり、
そして軽い気持ちからお互いアドレスを交換したようです。

俺はその日のうちに間男を呼び出し、事実を確認しました。
間男の顔を見たときはなぐり○してやろうと思いましたが、
実は俺、格闘技を習っていて、入門する際に先輩のKさんから
「この技はな、一生習って、一生遣うな」と言われたので
それを思い出して踏み止まりました。
だから間男には「後日連絡する」と言って帰らせて、
嫁はその日のうちに自宅から放り出しました。

嫁はその日の晩に「間男とはその場で別れた。今は実家にいる」と
メールを送信してきました。
不思議なことに翌日からは、まるで何事もなかったような、
ごくごく普通の内容のメールが届くようになりました。
このままでは嫁に済し崩しにされると思った俺は
4日目に役所で緑の紙をもらい、その足で嫁実家に行き、
その場で署名捺印させ、その日のうちに提出しました。

結婚生活はほぼ10年でしたが、子供は計画で小梨でした。
俺が30半ばのころ「そろそろ子づくりしよう」と提案しましたが、
その時は「ふん、何をいまさら」と言われました。
その頃から俺は嫁に見下されてたようです。
だから離婚条件は、慰謝料は無し、共有財産は放棄させる、
それで嫁にも嫁親にも納得させることができました。

次は間男への制裁ですが、嫁の件でひと段落すると、
それからの俺は何もやる気がなくなりました。
会社には何とかそれまでどおり通うのですが、
大好きだった格闘技の道場は行けませんでした。

2週間ほど練習をサボると、K先輩から叱りのメールが来ました。
それで、「家庭の事情で練習に行けません」と返信すると
『何があったか知らんが、とにかく嫁に謝れヤ』と・・・
「いや、謝ってもらうのはコッチです!」
『ん?なんや、ヨメの浮気かいナ?』
「恥ずかしながら図星です(*T-T)」
『手ェは出すなヨ!技を遣うと破門やデ』
「先輩の教えは護りました」
『ヨシ!ホンなら後は儂に任せとけ』
ってなやりとりで、後はK先輩に丸投げしました。

続きは次のページをご覧ください

2_png

熟恋

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る