uploaded

俺『50万で、お前の彼女抱かせてくれない?』同僚「50万?!好きなだけ抱け!」→その日は目隠しでバレないように挿入したのだが…

大手ファーストフード店でバイトしている大学生です。

大学一年からバイトを始めて三年になるんですが、

同時期に入った「せりなちゃん」という子に惚れてました。

せりなちゃんは高一からバイトしています。

相手が高校生で年齢差があるのと、自分に自信がないこと、

バイト先で気まずくなりたくないと思って結局告白しませんでした。

せりなちゃんは可愛い子で、頑張り屋さんで。

最初は初めてのバイトで要領が悪かったんですが、

三年間続けているうちにまわりのみんなから頼られる

しっかりした子になって、新人のバイト教育なんかも

せりなちゃんがやるようになったくらいでした。

お客さんからもアドレス渡されてるみたいですし、学校でもモテているみたいです。

もちろん、一緒にバイトしてる三年間の間に、せりなちゃんに彼氏が出来てることもあって

(僕が知ってる限り、二人と付き合ってました)、かなり嫉妬しました。

そして、最近また彼氏が出来ました。

僕と同じ年の、同じ店で働く林という奴です。

同じ店同士で付き合ってる人はいますが、ずっと片思いしてた子が

そういうことになってるのは、かなり精神的に堪えました。

休憩時間中も二人で座って仲良さそうにしてて。

自分はずっとモテなくて童貞で、そんな自分の境遇と比較して死にたくなりました。

林とはそれなりに仲良かったので、それがなおさら堪えました。

僕はバイト辞めることにしました。

そうしたら林がライン送って来ました。

「お前がやめるのって、俺がせりなと付き合い始めたことと関係あったりする?」

気付かれてたみたいです。
僕はそうだ、と正直に答えました。

「あー、悪かったな」

その時、なんでそんなことを言い出したのか自分でもわかりません。

最後だからダメ元で言ってやれと思いました。

「ずっと好きだったから。50万出してもせりなちゃんとやりたいくらい」

「…………マジで? せりなとヤるのに、50万払う?」

意外なことに、林は乗って来ました。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
俺『50万で、お前の彼女抱かせてくれない?』同僚「50万?!好きなだけ抱け!」→その日は目隠しでバレないように挿入したのだが…

大手ファーストフード店でバイトしている大学生です。

大学一年からバイトを始めて三年になるんですが、

同時期に入った「せりなちゃん」という子に惚れてました。

せりなちゃんは高一からバイトしています。

相手が高校生で年齢差があるのと、自分に自信がないこと、

バイト先で気まずくなりたくないと思って結局告白しませんでした。

せりなちゃんは可愛い子で、頑張り屋さんで。

最初は初めてのバイトで要領が悪かったんですが、

三年間続けているうちにまわりのみんなから頼られる

しっかりした子になって、新人のバイト教育なんかも

せりなちゃんがやるようになったくらいでした。

お客さんからもアドレス渡されてるみたいですし、学校でもモテているみたいです。

もちろん、一緒にバイトしてる三年間の間に、せりなちゃんに彼氏が出来てることもあって

(僕が知ってる限り、二人と付き合ってました)、かなり嫉妬しました。

そして、最近また彼氏が出来ました。

僕と同じ年の、同じ店で働く林という奴です。

同じ店同士で付き合ってる人はいますが、ずっと片思いしてた子が

そういうことになってるのは、かなり精神的に堪えました。

休憩時間中も二人で座って仲良さそうにしてて。

自分はずっとモテなくて童貞で、そんな自分の境遇と比較して死にたくなりました。

林とはそれなりに仲良かったので、それがなおさら堪えました。

僕はバイト辞めることにしました。

そうしたら林がライン送って来ました。

「お前がやめるのって、俺がせりなと付き合い始めたことと関係あったりする?」

気付かれてたみたいです。
僕はそうだ、と正直に答えました。

「あー、悪かったな」

その時、なんでそんなことを言い出したのか自分でもわかりません。

最後だからダメ元で言ってやれと思いました。

「ずっと好きだったから。50万出してもせりなちゃんとやりたいくらい」

「…………マジで? せりなとヤるのに、50万払う?」

意外なことに、林は乗って来ました。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る