uploaded

休日の度、私を家政婦のように扱う旦那と友人達。旦那『つまみがないぞ~』友人「お酒がないんですけど〜」→ある週末、私は全てが馬鹿らしくなり・

私のダンナは、以前はよく友人や親戚を家に呼んでいた。

そのたびに私は胃がキリキリしながらも

「これも妻の務め」と精一杯もてなした。

多いときは7~8人呼ぶこともあり

私は持病の坐骨神経痛の痛みに耐えながら

ずっと台所に立ち続け大人数に見合う酒の肴

(ダンナの友人は酒豪が多い)や料理をひたすら作り続けた。

ダンナはといえば、客らと私の知らない趣味関係の話題などで盛り上がり

私に対してはたまに「つまみがそろそろ無くなりそうだぞ~!」

と声を張り上げるだけ。

もちろん料理を運ぶのさえ手伝おうとしない。

ダンナが呼ぶ客の中には女性がいることもあったけど

彼女達も私を手伝うなんて思いつきもしないのか、どっしりと座りこんで

私が運ぶ料理を当たり前のように食べ散らかし

空いた皿もほったらかしで「なんかテーブル狭いね~」

とか言っている。 それどころか「もうお酒がないんですけど~」と

背中越しに私に催促する始末。

そうやって私は休日のたびにダンナが連れてくる

不躾な客たち+ダンナを たった一人でもてなしていた。

でもそんな状態が長く続くはずもなく

ある週末、疲れきってすべてが馬鹿らしくなってしまった私は

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
休日の度、私を家政婦のように扱う旦那と友人達。旦那『つまみがないぞ~』友人「お酒がないんですけど〜」→ある週末、私は全てが馬鹿らしくなり・

私のダンナは、以前はよく友人や親戚を家に呼んでいた。

そのたびに私は胃がキリキリしながらも

「これも妻の務め」と精一杯もてなした。

多いときは7~8人呼ぶこともあり

私は持病の坐骨神経痛の痛みに耐えながら

ずっと台所に立ち続け大人数に見合う酒の肴

(ダンナの友人は酒豪が多い)や料理をひたすら作り続けた。

ダンナはといえば、客らと私の知らない趣味関係の話題などで盛り上がり

私に対してはたまに「つまみがそろそろ無くなりそうだぞ~!」

と声を張り上げるだけ。

もちろん料理を運ぶのさえ手伝おうとしない。

ダンナが呼ぶ客の中には女性がいることもあったけど

彼女達も私を手伝うなんて思いつきもしないのか、どっしりと座りこんで

私が運ぶ料理を当たり前のように食べ散らかし

空いた皿もほったらかしで「なんかテーブル狭いね~」

とか言っている。 それどころか「もうお酒がないんですけど~」と

背中越しに私に催促する始末。

そうやって私は休日のたびにダンナが連れてくる

不躾な客たち+ダンナを たった一人でもてなしていた。

でもそんな状態が長く続くはずもなく

ある週末、疲れきってすべてが馬鹿らしくなってしまった私は

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る