uploaded

【史上最高の感動的引退試合】松坂大輔の同級生、横浜DeNA・小池正晃が涙を浮かべながら放った最終打席のホームランが色んな意味でヤバすぎ!

涙の花道!横浜DeNA 小池正晃引退試合

【史上最高の感動的引退試合】松坂大輔の同級生、横浜DeNA・小池正晃が涙を浮かべながら放った最終打席のホームランが色んな意味でヤバすぎ!

プロ野球のペナントレースが終盤に向かうと引退する選手が出てきます。
そして、球団のはからいで引退試合を行う選手もいますね。

本人も家族もファンも感慨深く、物寂しく感じる試合です。
その引退試合で2本のホームランを放って、自らの引退に花を飾った選手がいます。

元横浜DeNA、小池正晃(現・二軍打撃コーチ)です。
感動的な引退試合を振り返ります。

ファンにここまで言わせた感動的な引退試合です。

横浜高校時代、怪物・松坂大輔の同級生として名を馳せた小池正晃。
不動のトップバッターとして、横浜高校春夏連覇に貢献しました。

【史上最高の感動的引退試合】松坂大輔の同級生、横浜DeNA・小池正晃が涙を浮かべながら放った最終打席のホームランが色んな意味でヤバすぎ!

 

この時の4番バッター、後藤武敏は小池選手の親友。

【史上最高の感動的引退試合】松坂大輔の同級生、横浜DeNA・小池正晃が涙を浮かべながら放った最終打席のホームランが色んな意味でヤバすぎ!

この二人は、後藤選手が西武から移籍したことにより、
横浜高校以来、再びチームメイトとなりました。

 

後藤選手は、小池選手の最終打席、
感極まって涙を浮かべながら見届けました。

 

後藤選手の背番号は55。

最終シーズン、ホームラン0本だった小池選手。
この引退試合で2本のホームランを放ち、
生涯ホームラン数を55としました!

親友・後藤選手の背番号に並んだのです!

通算ヒット数は415本。
4+1=5 で55。
相手ピッチャーの背番号も55。

まさに、色んな偶然が重なった最終打席となりました。

 

最終打席でホームランを放った小池選手に、

「恐らく、泣きながらのダイヤモンド一周は初めてでしょう!」
「今、この時間は小池の為にある時間だ!」

「ゆっくり回っていい!!」

「15年間の想いを乗せたホームランだ!」

と、最高の言葉で小池選手を送った実況。
実況の声も震えていました・・・

 

涙なくしてみることはできませんよ!!

ぜひ、ご視聴ください!!

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【史上最高の感動的引退試合】松坂大輔の同級生、横浜DeNA・小池正晃が涙を浮かべながら放った最終打席のホームランが色んな意味でヤバすぎ!

涙の花道!横浜DeNA 小池正晃引退試合

【史上最高の感動的引退試合】松坂大輔の同級生、横浜DeNA・小池正晃が涙を浮かべながら放った最終打席のホームランが色んな意味でヤバすぎ!

プロ野球のペナントレースが終盤に向かうと引退する選手が出てきます。
そして、球団のはからいで引退試合を行う選手もいますね。

本人も家族もファンも感慨深く、物寂しく感じる試合です。
その引退試合で2本のホームランを放って、自らの引退に花を飾った選手がいます。

元横浜DeNA、小池正晃(現・二軍打撃コーチ)です。
感動的な引退試合を振り返ります。

ファンにここまで言わせた感動的な引退試合です。

横浜高校時代、怪物・松坂大輔の同級生として名を馳せた小池正晃。
不動のトップバッターとして、横浜高校春夏連覇に貢献しました。

【史上最高の感動的引退試合】松坂大輔の同級生、横浜DeNA・小池正晃が涙を浮かべながら放った最終打席のホームランが色んな意味でヤバすぎ!

 

この時の4番バッター、後藤武敏は小池選手の親友。

【史上最高の感動的引退試合】松坂大輔の同級生、横浜DeNA・小池正晃が涙を浮かべながら放った最終打席のホームランが色んな意味でヤバすぎ!

この二人は、後藤選手が西武から移籍したことにより、
横浜高校以来、再びチームメイトとなりました。

 

後藤選手は、小池選手の最終打席、
感極まって涙を浮かべながら見届けました。

 

後藤選手の背番号は55。

最終シーズン、ホームラン0本だった小池選手。
この引退試合で2本のホームランを放ち、
生涯ホームラン数を55としました!

親友・後藤選手の背番号に並んだのです!

通算ヒット数は415本。
4+1=5 で55。
相手ピッチャーの背番号も55。

まさに、色んな偶然が重なった最終打席となりました。

 

最終打席でホームランを放った小池選手に、

「恐らく、泣きながらのダイヤモンド一周は初めてでしょう!」
「今、この時間は小池の為にある時間だ!」

「ゆっくり回っていい!!」

「15年間の想いを乗せたホームランだ!」

と、最高の言葉で小池選手を送った実況。
実況の声も震えていました・・・

 

涙なくしてみることはできませんよ!!

ぜひ、ご視聴ください!!

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る