uploaded

この熊は虐待の末ついに自由の身になった。しかし体から取り除かれたものは救出者たちに衝撃を与えた!

熊胆(ゆうたん)は、クマ由来の動物性の生薬です。

中国や日本でも古くから漢方として重宝されてきた熊胆(熊の胆汁)ですが、

中国には熊から胆汁を採取するための熊胆牧場が国内に多く存在しています。

そこでは、胆汁採取するためだけに多くの熊が飼われ、残酷な目にあっています。

これはある牧場で飼われ、生き地獄にいたメス熊のシーザーと名付けられた熊の物語です。

シーザーは生涯の前半を、狭い檻の中で生きていました。

シーザーは身動きがほとんど取れない狭さ檻に入れられ、

外すことのできない金属製のコルセットを着せられていました。

これは熊を生かしたまま胆汁を採取するためのもので、腹部を開き、

管を入れて胆嚢を穴を開け、胆嚢から胆汁が流れ出る仕組みになっています。

麻酔もなく、24時間365日、このままの状態で生かされていたのです。

体力的、精神的負担は計り知れません。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
この熊は虐待の末ついに自由の身になった。しかし体から取り除かれたものは救出者たちに衝撃を与えた!

熊胆(ゆうたん)は、クマ由来の動物性の生薬です。

中国や日本でも古くから漢方として重宝されてきた熊胆(熊の胆汁)ですが、

中国には熊から胆汁を採取するための熊胆牧場が国内に多く存在しています。

そこでは、胆汁採取するためだけに多くの熊が飼われ、残酷な目にあっています。

これはある牧場で飼われ、生き地獄にいたメス熊のシーザーと名付けられた熊の物語です。

シーザーは生涯の前半を、狭い檻の中で生きていました。

シーザーは身動きがほとんど取れない狭さ檻に入れられ、

外すことのできない金属製のコルセットを着せられていました。

これは熊を生かしたまま胆汁を採取するためのもので、腹部を開き、

管を入れて胆嚢を穴を開け、胆嚢から胆汁が流れ出る仕組みになっています。

麻酔もなく、24時間365日、このままの状態で生かされていたのです。

体力的、精神的負担は計り知れません。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る