uploaded

【電通の過労自殺事件】高橋まつりさんだけじゃない!1991年に大嶋一郎さん(24歳)も、所定労働時間と同等の残業を強いられ自殺に追い込まれていた!

電通に入社した1990年。

その僅か1年半後に、命を絶ってしまった大嶋一郎さん(当時24歳)。

今、世間では昨年クリスマスに投身自殺をした元電通の新入社員、

東大卒の美人・高橋まつりさんの過労死認定の件が話題になっています。

 

 

東大卒美女の電通一年目OL高橋まつりさんがクリスマス投身自殺した件、労基認定!電通はブラック認定!死ぬ直前のTwitterがヤバすぎる【画像アリ】

大嶋一郎さんの自殺の時、当初電通は『過労死』であることを認めていなかったようです。

大嶋さんは、大学卒業後、90年4月に電通に入社。ラジオ広告の営業だったようです。
当時の電通では、残業における「月別上限時間」(60~80時間)が設けられていましたが、

それも実際は名ばかりのもので、過度の残業はむしろ恒常的でした。

そのような労働環境の中で、大嶋さんの月平均残業時間は、

カウントできるだけでも所定労働時間と同じ147時間にも及びました。

90年11月ごろからは徹夜勤務も次第に増え、帰宅しても2時間後には出勤するということも頻繁にあったそうです。

両親が健康を心配して有給休暇を取るように勧めるも、上司に言いにくいなどと言い、

拒み続けた結果、大嶋一郎さんは結果的に自殺へと追い込まれていったようです。

 

大嶋一郎さんの自殺がもたらした画期的な勝訴

大嶋一郎さんが亡くなってから、父親の久光さんは幾度となく電通に和解打診を

したそうですが相手にされなかったそうです。その為、企業責任を問う民事訴訟、

損害賠償請求訴訟を電通相手に起こしたのです!

電通は裁判で

「大嶋さんの自殺は業務上ではない」「会社に安全配慮義務違反はない」

と主張。

 

最高裁までもつれ込みましたが、結果的には原告側が全面勝訴しました。
1億6800万円(利息込み)を電通側が支払う事で決着しています。

 

この時の裁判で明らかになった事。

・上司の指導
 納期や業務量の変更には触れず、「帰宅してきちんと睡眠をとり、

それで業務が終わらなければ翌朝早く出勤するように」と「指導」していた。

・上司のパワハラ
 上司から日常的なパワハラを受けていました。抑圧的な職場の雰囲気が、有給休暇を取ることを妨げていたようです。

・仕事の達成感
 自分の企画案が成功したときの達成感や仕事を任せてもらえる満足感は高かった。

その為、意欲的な勤労態度を保ってたようですが、上司は大島一郎さんの

そういう性格につけ込み、物理的に厳しい仕事量を与えていたようです。

 

歴史は繰り返されてしまった

大嶋一郎さんの背景を辿ると、高橋まつりさんの自殺と類似点が多く見受けられます。

電通は大嶋一郎さんの過労死責任を認めた時、

「今回の事件を深く反省し、今後労務管理の徹底と健康管理の充実を行い、不幸な出来事が2度と起こらないよう努力する」

と陳謝しています。

 

が、これは全くうわべだけの言葉だったことが、今回の高橋まつりさんの過労死認定で証明されてしまいました。

 

電通のブラック具合にネット上では多くの非難が殺到しておりますので、次ページでご紹介させて頂きます。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【電通の過労自殺事件】高橋まつりさんだけじゃない!1991年に大嶋一郎さん(24歳)も、所定労働時間と同等の残業を強いられ自殺に追い込まれていた!

電通に入社した1990年。

その僅か1年半後に、命を絶ってしまった大嶋一郎さん(当時24歳)。

今、世間では昨年クリスマスに投身自殺をした元電通の新入社員、

東大卒の美人・高橋まつりさんの過労死認定の件が話題になっています。

 

 

東大卒美女の電通一年目OL高橋まつりさんがクリスマス投身自殺した件、労基認定!電通はブラック認定!死ぬ直前のTwitterがヤバすぎる【画像アリ】

大嶋一郎さんの自殺の時、当初電通は『過労死』であることを認めていなかったようです。

大嶋さんは、大学卒業後、90年4月に電通に入社。ラジオ広告の営業だったようです。
当時の電通では、残業における「月別上限時間」(60~80時間)が設けられていましたが、

それも実際は名ばかりのもので、過度の残業はむしろ恒常的でした。

そのような労働環境の中で、大嶋さんの月平均残業時間は、

カウントできるだけでも所定労働時間と同じ147時間にも及びました。

90年11月ごろからは徹夜勤務も次第に増え、帰宅しても2時間後には出勤するということも頻繁にあったそうです。

両親が健康を心配して有給休暇を取るように勧めるも、上司に言いにくいなどと言い、

拒み続けた結果、大嶋一郎さんは結果的に自殺へと追い込まれていったようです。

 

大嶋一郎さんの自殺がもたらした画期的な勝訴

大嶋一郎さんが亡くなってから、父親の久光さんは幾度となく電通に和解打診を

したそうですが相手にされなかったそうです。その為、企業責任を問う民事訴訟、

損害賠償請求訴訟を電通相手に起こしたのです!

電通は裁判で

「大嶋さんの自殺は業務上ではない」「会社に安全配慮義務違反はない」

と主張。

 

最高裁までもつれ込みましたが、結果的には原告側が全面勝訴しました。
1億6800万円(利息込み)を電通側が支払う事で決着しています。

 

この時の裁判で明らかになった事。

・上司の指導
 納期や業務量の変更には触れず、「帰宅してきちんと睡眠をとり、

それで業務が終わらなければ翌朝早く出勤するように」と「指導」していた。

・上司のパワハラ
 上司から日常的なパワハラを受けていました。抑圧的な職場の雰囲気が、有給休暇を取ることを妨げていたようです。

・仕事の達成感
 自分の企画案が成功したときの達成感や仕事を任せてもらえる満足感は高かった。

その為、意欲的な勤労態度を保ってたようですが、上司は大島一郎さんの

そういう性格につけ込み、物理的に厳しい仕事量を与えていたようです。

 

歴史は繰り返されてしまった

大嶋一郎さんの背景を辿ると、高橋まつりさんの自殺と類似点が多く見受けられます。

電通は大嶋一郎さんの過労死責任を認めた時、

「今回の事件を深く反省し、今後労務管理の徹底と健康管理の充実を行い、不幸な出来事が2度と起こらないよう努力する」

と陳謝しています。

 

が、これは全くうわべだけの言葉だったことが、今回の高橋まつりさんの過労死認定で証明されてしまいました。

 

電通のブラック具合にネット上では多くの非難が殺到しておりますので、次ページでご紹介させて頂きます。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る