uploaded

【審判が判定を放棄!】巨人VS横浜DeNAで完全なる誤審発生!主審が塁審を庇って判定を揉み消したというボーンヘッド!『牽制球を見逃す大失態』

審判が試合をぶち壊す怠慢!

プレーがかかった直後の牽制球(タイミングはアウト!)を、

塁審が見逃す誤審というか、ボーンヘッドが、クライマックスシリーズ

という大事な一戦で起こりました。

 セ・リーグ/クライマックスシリーズ・ファーストステージ第一戦
 巨人3-5横浜DeNA(東京ドーム)

 この塁審の怠慢を、なんとプレーをかけた主審自身が揉み消すという有り得ない事態。

 「そんなに巨人を勝たせたいのか」とファンやメディアに非難を受けても

しょうがないと思えるくらい、恥ずかしいプレーだったと思います。

 明らかに、二塁塁審は見ていませんでした・・・

【審判が判定を放棄!】巨人VS横浜DeNAで完全なる誤審発生!主審が塁審を庇って判定を揉み消したというボーンヘッド!『牽制球を見逃す大失態』

 

 

結果的には勝敗に関係なかったプレーとなりましたが、野球は流れが非常に大事なスポーツ。

このワンプレーで試合が動いてもおかしくはありませんでした。

一点差で8回ツーアウト二塁という場面でしたからね。

 

こちらは、この日から二日後。DeNAが巨人を下してファーストステージを勝ち抜いた際、

勝負のポイントとなった牽制。DeNA田中健二郎が、巨人の代走・鈴木尚広を牽制で刺しました!

このワンプレーで流れはDeNAに変わったように思われます。
素晴らしいアングルからの映像ですので、野球ファン必見です!!

 

 

二塁塁審を務めていたのは山本貴氏。

【審判が判定を放棄!】巨人VS横浜DeNAで完全なる誤審発生!主審が塁審を庇って判定を揉み消したというボーンヘッド!『牽制球を見逃す大失態』

 山本貴氏は、かつてこのプレーをセーフ判定した有能審判とされていたのですが、今回は失態でしたね。

 審判が流れを変えることは本当によくあること。

 

昨年は、広島カープが本塁打を三塁打と判定されたことにより、

この試合引き分けに終わってしまいクライマックスシリーズ進出を逃しました。
後に、審判は「この判定は誤審だった」と認めています。

野球にたらればはありませんが、もし判定通り本塁打だったら、

広島カープはこの試合に勝利し、結果的にクライマックスシリーズに進出できていました。

 

 

プロ野球ではありませんが、甲子園という晴れ舞台で、審判に試合を左右された典型例を2つご紹介。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【審判が判定を放棄!】巨人VS横浜DeNAで完全なる誤審発生!主審が塁審を庇って判定を揉み消したというボーンヘッド!『牽制球を見逃す大失態』

審判が試合をぶち壊す怠慢!

プレーがかかった直後の牽制球(タイミングはアウト!)を、

塁審が見逃す誤審というか、ボーンヘッドが、クライマックスシリーズ

という大事な一戦で起こりました。

 セ・リーグ/クライマックスシリーズ・ファーストステージ第一戦
 巨人3-5横浜DeNA(東京ドーム)

 この塁審の怠慢を、なんとプレーをかけた主審自身が揉み消すという有り得ない事態。

 「そんなに巨人を勝たせたいのか」とファンやメディアに非難を受けても

しょうがないと思えるくらい、恥ずかしいプレーだったと思います。

 明らかに、二塁塁審は見ていませんでした・・・

【審判が判定を放棄!】巨人VS横浜DeNAで完全なる誤審発生!主審が塁審を庇って判定を揉み消したというボーンヘッド!『牽制球を見逃す大失態』

 

 

結果的には勝敗に関係なかったプレーとなりましたが、野球は流れが非常に大事なスポーツ。

このワンプレーで試合が動いてもおかしくはありませんでした。

一点差で8回ツーアウト二塁という場面でしたからね。

 

こちらは、この日から二日後。DeNAが巨人を下してファーストステージを勝ち抜いた際、

勝負のポイントとなった牽制。DeNA田中健二郎が、巨人の代走・鈴木尚広を牽制で刺しました!

このワンプレーで流れはDeNAに変わったように思われます。
素晴らしいアングルからの映像ですので、野球ファン必見です!!

 

 

二塁塁審を務めていたのは山本貴氏。

【審判が判定を放棄!】巨人VS横浜DeNAで完全なる誤審発生!主審が塁審を庇って判定を揉み消したというボーンヘッド!『牽制球を見逃す大失態』

 山本貴氏は、かつてこのプレーをセーフ判定した有能審判とされていたのですが、今回は失態でしたね。

 審判が流れを変えることは本当によくあること。

 

昨年は、広島カープが本塁打を三塁打と判定されたことにより、

この試合引き分けに終わってしまいクライマックスシリーズ進出を逃しました。
後に、審判は「この判定は誤審だった」と認めています。

野球にたらればはありませんが、もし判定通り本塁打だったら、

広島カープはこの試合に勝利し、結果的にクライマックスシリーズに進出できていました。

 

 

プロ野球ではありませんが、甲子園という晴れ舞台で、審判に試合を左右された典型例を2つご紹介。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る