uploaded

クールでイケメンなAと付き合う事に。するとずっとAを好きだったB子が…

Aは外見が良く、女によくモテていた。
しかしクールで口数が少なく、友人が少ないのかいつも一人でいた。
女子たちは
「一匹狼かっこいい!」
と勝手に盛り上がり、遠巻きからキャーキャー騒ぎまくっていた。

そんなAのファンの一人がB。
さっぱりとした男勝りの性格で、髪も短くボーイッシュな感じだったが、Aに恋をしてから女らしくなろうと凄まじい努力をしたという。
私はBの雰囲気が変わったのは気づいていたが、Aの為とは知らなかった。
Bは外見を変える努力はしていたものの、Aに告白する勇気がなかったようで、Aの前をわざとらしく通り女らしくなった自分をアピールしていたらしい。
しかしAは全くなびかない。それどころかBの存在を知らなかった。
BはさらにAの気を惹こうとダイエットも始めた。


登場人物が全員22歳になったある日、私は大学にDSを持っていきゲームをしていた。
食堂で昼食もとらずに熱中していたら後ろに誰かが立っている気配がしたので振り返ってみると、なんとAだった。
Aは、「それポケモンじゃん」と興奮気味に言ってきたので
「うん、ポケモン好きだからつい学校に持ってきちゃった」と返した。
そうしたら寡黙だと思っていたAが喋る喋る。
本当にビックリした。
こんなに喋ったAを見るのは初めてで、私を含む周りの友人もポカン。

A「俺、初代から全部持ってるんだ。厳選とかしていてかなりハマってる。」

私「私もだよ。びっくりするくらいの廃人だよ。」

A「マジで!?女の子で廃人って周りにあんまりいなくてさ、驚いた。」

私「A君はどんなポケモン使ってるの?」

A「俺は○○と○○と○○と・・・」

物凄く話が弾んだ。

Aは始終笑顔でかなり癒された。
私とAは連絡先を交換し、メールやSNSなどでポケモンについて語り合う仲になった。
WI-FIを使って対戦したり、モンスターを交換したりとどんどん親密な仲になっていった。

そうこうしているうちに私とAは交際に発展。周りは物凄く驚いていた。
もうおわかりだと思うが、Bは大激怒。
食堂で味噌汁を食べているときに水をぶっかけてきやがった…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
クールでイケメンなAと付き合う事に。するとずっとAを好きだったB子が…

Aは外見が良く、女によくモテていた。
しかしクールで口数が少なく、友人が少ないのかいつも一人でいた。
女子たちは
「一匹狼かっこいい!」
と勝手に盛り上がり、遠巻きからキャーキャー騒ぎまくっていた。

そんなAのファンの一人がB。
さっぱりとした男勝りの性格で、髪も短くボーイッシュな感じだったが、Aに恋をしてから女らしくなろうと凄まじい努力をしたという。
私はBの雰囲気が変わったのは気づいていたが、Aの為とは知らなかった。
Bは外見を変える努力はしていたものの、Aに告白する勇気がなかったようで、Aの前をわざとらしく通り女らしくなった自分をアピールしていたらしい。
しかしAは全くなびかない。それどころかBの存在を知らなかった。
BはさらにAの気を惹こうとダイエットも始めた。


登場人物が全員22歳になったある日、私は大学にDSを持っていきゲームをしていた。
食堂で昼食もとらずに熱中していたら後ろに誰かが立っている気配がしたので振り返ってみると、なんとAだった。
Aは、「それポケモンじゃん」と興奮気味に言ってきたので
「うん、ポケモン好きだからつい学校に持ってきちゃった」と返した。
そうしたら寡黙だと思っていたAが喋る喋る。
本当にビックリした。
こんなに喋ったAを見るのは初めてで、私を含む周りの友人もポカン。

A「俺、初代から全部持ってるんだ。厳選とかしていてかなりハマってる。」

私「私もだよ。びっくりするくらいの廃人だよ。」

A「マジで!?女の子で廃人って周りにあんまりいなくてさ、驚いた。」

私「A君はどんなポケモン使ってるの?」

A「俺は○○と○○と○○と・・・」

物凄く話が弾んだ。

Aは始終笑顔でかなり癒された。
私とAは連絡先を交換し、メールやSNSなどでポケモンについて語り合う仲になった。
WI-FIを使って対戦したり、モンスターを交換したりとどんどん親密な仲になっていった。

そうこうしているうちに私とAは交際に発展。周りは物凄く驚いていた。
もうおわかりだと思うが、Bは大激怒。
食堂で味噌汁を食べているときに水をぶっかけてきやがった…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る