uploaded

上司『お前に女紹介してやるわw』俺「マジすかw」→結婚!出張から帰ると上司と嫁がヤッてた…上司『お!ワリィなwやっぱコイツええ女やわw』

30半ばにもなって浮かれた噂のひとつもない俺を心配して、

上司が知り合いの娘さんとかいう女性を紹介してくれた。

料理や家事は一通りできるし、いつもにこにこしていて、男をたてるのがうまい。

俺にはもったいないくらいの、いい人で、

「俺なんかと結婚してもらうとか、彼女に申し訳ない」

ってプロポーズをためらっていたのに、上司があっさりと彼女を呼び出して、

俺の目の前で、

「俺くんが、君と結婚したいと思っているそうだよ」

「え、わたしでいいんですか?」

「え? いや、それはこっちの台詞で……」

ってな感じで、スピード結婚することに。

その頃仕事も忙しかったので、結婚式は小規模なパーティをして

お披露目しただけだったけど、嫁は、

「ウェディングドレスを着るのは夢だったから、うれしい」

って、スッゴく喜んでくれて。

その笑った顔を見て、一生この人を大切にしようって思ったんだ。

俺の勤めている会社は最近けっこういい調子で伸びてきていて、

俺もよく出張でいろんなところへ行かされたりと、忙しい日が続いていて、

こどももいつか欲しいけど、子作りする暇もなく、毎日働き回っていたんだ。

嫁を紹介してくれた上司も、

「君はいろんな会社から、いい評判をもらっているよ。

出張ばかりで大変だろうけど、君だから安心して任せられる」

って褒めてくれていた。

結婚して1年たったころだったと思う。

出張先で、嫁から「妊娠した」という電話を受けた。

子作りはそんなに回数をこなせていたわけではないけれど、

きてくれるときには、きてくれるものなんだな。俺もついに父親か……。

何か嫁が喜ぶお土産を買って、早く帰ろう。

そう思って、出張の最終日に予定していたものよりも、

ずっと早くの新幹線にのって帰ることができた。

浮足立って、早足で家へ。

マンションだから、扉も薄く、中から嫁の声が聞こえてきた。

ご両親に報告でもしているのかな、と思ったら、男の声もする。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
上司『お前に女紹介してやるわw』俺「マジすかw」→結婚!出張から帰ると上司と嫁がヤッてた…上司『お!ワリィなwやっぱコイツええ女やわw』

30半ばにもなって浮かれた噂のひとつもない俺を心配して、

上司が知り合いの娘さんとかいう女性を紹介してくれた。

料理や家事は一通りできるし、いつもにこにこしていて、男をたてるのがうまい。

俺にはもったいないくらいの、いい人で、

「俺なんかと結婚してもらうとか、彼女に申し訳ない」

ってプロポーズをためらっていたのに、上司があっさりと彼女を呼び出して、

俺の目の前で、

「俺くんが、君と結婚したいと思っているそうだよ」

「え、わたしでいいんですか?」

「え? いや、それはこっちの台詞で……」

ってな感じで、スピード結婚することに。

その頃仕事も忙しかったので、結婚式は小規模なパーティをして

お披露目しただけだったけど、嫁は、

「ウェディングドレスを着るのは夢だったから、うれしい」

って、スッゴく喜んでくれて。

その笑った顔を見て、一生この人を大切にしようって思ったんだ。

俺の勤めている会社は最近けっこういい調子で伸びてきていて、

俺もよく出張でいろんなところへ行かされたりと、忙しい日が続いていて、

こどももいつか欲しいけど、子作りする暇もなく、毎日働き回っていたんだ。

嫁を紹介してくれた上司も、

「君はいろんな会社から、いい評判をもらっているよ。

出張ばかりで大変だろうけど、君だから安心して任せられる」

って褒めてくれていた。

結婚して1年たったころだったと思う。

出張先で、嫁から「妊娠した」という電話を受けた。

子作りはそんなに回数をこなせていたわけではないけれど、

きてくれるときには、きてくれるものなんだな。俺もついに父親か……。

何か嫁が喜ぶお土産を買って、早く帰ろう。

そう思って、出張の最終日に予定していたものよりも、

ずっと早くの新幹線にのって帰ることができた。

浮足立って、早足で家へ。

マンションだから、扉も薄く、中から嫁の声が聞こえてきた。

ご両親に報告でもしているのかな、と思ったら、男の声もする。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る