uploaded

G『そいつ中学ん時、超イジメられてたんだよw』→俺「・・・」嫁「なんか、可哀想な人やね。いや、あんたがよ」G『は?』

先週の話。
嫁の優しさに不覚にも号泣してしまった。
文章下手だけど、頭整理するためにも書かせてくれ。

俺は今でこそ普通体系だけど、
高校まではずっとチビ&体格悪くて、中学ではイジメにあってた。

殴る蹴るは当たり前。
あとは物隠されたり、指差して笑われたり。
悪口を面と向かって毎日言われたりして、
頭おかしくなるんじゃないかと、一時期本気で思ってた。
中心人物は体格のいいジャイアンタイプのDQN。
勉強できない・運動は得意・徒党を組んで弱いものいじめを楽しむ
本当にありがちなタイプ。
そいつから逃げたくて必死に勉強して、
県内有数の進学校→国立大→地元の大企業に就職した。
高校大学では一生物の友達もできて、
今は5年付き合った女の子と、先日結婚した。
このまま、過去を忘れて幸せになれるんだと思ってた。

したら先週、実家付近でジャイアンに遭遇した。(以下G)
Gは俺を見るなりニヤニヤ近寄ってきて
「○○くんじゃ~ん久しぶりww元気してた?ww」
あぁ、こいつは今も何も変わってないんだなぁって
背筋がすっと寒くなったよ。
Gは聞いてもないのに自分のことをベラベラと話し出した。
・自分は高校から女にモテて仕方なかった
・大学は、バイトしてた出張ホストの店?に
「どうしてもこのまま働いてくれ」と言われたので行かなかった。
・30くらいになったら社畜になってもいいかな
・今もモテるから、何人もの女に貢がせてる
と、まぁいい年して何言ってんの?ってことを自慢げに話し続ける。

そうこうしてるうちに、嫁が帰ってきた。
実は嫁さん、かなり顔が可愛い。
いや性格ものんびり屋で可愛いんだけど
顔は本当びっくりするほど整ってる。
道行く人もたまに振り返るし、なんで俺なんかに?っていまだに思うくらい。
そしたらGの顔色が変わった。
ハァ?みたいに、俺と嫁さんを見比べる。

軽い挨拶を交わした後、帰ろうとしたんだけど、
Gがニヤッと笑って、嫁さんに話し始めた。
「ねぇ、そいつ中学ん時、超イジメられてたんだけど知ってる?」
「すごいモヤシ君でね、暗いしチビだし、すっげぇ嫌われてたのよ。」
「え~なんで結婚したの?今は性格よくなったの?(笑)」
自分で言うのもなんだけど、俺は嫌われてはなかったと思う。
誰も助けてくれなかったし、同情される存在ではあったけど
友達はいたし(少ないけど)、GとGの取り巻き以外からは
イジめられたり無視されたりしなかった。

嫁さんはじーっとGのことを見ながら話を聞いていた。
俺は情けなくて悔しくて、ただ立ち尽くしてたんだけど
Gの話が途切れた時、嫁さんが口を開いた。

2_png

続きは次のページをご覧ください

熟恋

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
G『そいつ中学ん時、超イジメられてたんだよw』→俺「・・・」嫁「なんか、可哀想な人やね。いや、あんたがよ」G『は?』

先週の話。
嫁の優しさに不覚にも号泣してしまった。
文章下手だけど、頭整理するためにも書かせてくれ。

俺は今でこそ普通体系だけど、
高校まではずっとチビ&体格悪くて、中学ではイジメにあってた。

殴る蹴るは当たり前。
あとは物隠されたり、指差して笑われたり。
悪口を面と向かって毎日言われたりして、
頭おかしくなるんじゃないかと、一時期本気で思ってた。
中心人物は体格のいいジャイアンタイプのDQN。
勉強できない・運動は得意・徒党を組んで弱いものいじめを楽しむ
本当にありがちなタイプ。
そいつから逃げたくて必死に勉強して、
県内有数の進学校→国立大→地元の大企業に就職した。
高校大学では一生物の友達もできて、
今は5年付き合った女の子と、先日結婚した。
このまま、過去を忘れて幸せになれるんだと思ってた。

したら先週、実家付近でジャイアンに遭遇した。(以下G)
Gは俺を見るなりニヤニヤ近寄ってきて
「○○くんじゃ~ん久しぶりww元気してた?ww」
あぁ、こいつは今も何も変わってないんだなぁって
背筋がすっと寒くなったよ。
Gは聞いてもないのに自分のことをベラベラと話し出した。
・自分は高校から女にモテて仕方なかった
・大学は、バイトしてた出張ホストの店?に
「どうしてもこのまま働いてくれ」と言われたので行かなかった。
・30くらいになったら社畜になってもいいかな
・今もモテるから、何人もの女に貢がせてる
と、まぁいい年して何言ってんの?ってことを自慢げに話し続ける。

そうこうしてるうちに、嫁が帰ってきた。
実は嫁さん、かなり顔が可愛い。
いや性格ものんびり屋で可愛いんだけど
顔は本当びっくりするほど整ってる。
道行く人もたまに振り返るし、なんで俺なんかに?っていまだに思うくらい。
そしたらGの顔色が変わった。
ハァ?みたいに、俺と嫁さんを見比べる。

軽い挨拶を交わした後、帰ろうとしたんだけど、
Gがニヤッと笑って、嫁さんに話し始めた。
「ねぇ、そいつ中学ん時、超イジメられてたんだけど知ってる?」
「すごいモヤシ君でね、暗いしチビだし、すっげぇ嫌われてたのよ。」
「え~なんで結婚したの?今は性格よくなったの?(笑)」
自分で言うのもなんだけど、俺は嫌われてはなかったと思う。
誰も助けてくれなかったし、同情される存在ではあったけど
友達はいたし(少ないけど)、GとGの取り巻き以外からは
イジめられたり無視されたりしなかった。

嫁さんはじーっとGのことを見ながら話を聞いていた。
俺は情けなくて悔しくて、ただ立ち尽くしてたんだけど
Gの話が途切れた時、嫁さんが口を開いた。

2_png

続きは次のページをご覧ください

熟恋

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る